2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

2020年1月13日 (月)

成人式のお着付け 2020

無事に…かどうかはまだわかりませんが、今年も成人式のお着付け終了しました。

着物も時代に合わせて変化していくため、これは何だ?と思うアイテムがあったり、お母さまが横で事細かに指示しながら着付けることもあるので、いろいろと大変です。

帯リボンは帯締めとしては使えません。ご注意を!

当日までの技術的な準備、スケジュール調整、当日の顔が塩っぽくなるほどの重労働を考えれば、我ながら何でここまでして成人式のお着付けをするのか…と思います。

でも、出来上がった帯を見て「可愛い~♡」と笑顔になってくれたり、さすがプロの技!と言っていただいたりと、私の方が逆に、お嬢様方から沢山のパワーを頂けるからかもしれませんね。仕上がりをチェックしている時、可愛いお嬢様の姿についつい「素敵です~!」と言うことも多いのですが、その時のはにかむ様子も可愛く、着せることができて良かったなと思います。

余談ですが、電車で立って帰るにはあまりに疲れ過ぎてて、吉祥寺のロータリーのベンチで座っていたら、すみません写真撮ってもらえますか?と後ろから声をかけられました。振り返ると振袖のお嬢様が2人。きゃぴきゃぴと喜んでいる様子を見てたら、こちらも笑顔になれました。18歳問題もありますが、同窓会を兼ねた成人式は続いてほしいな…と思いました。

今年は穏やかな日となり良かったです。ご成人、おめでとうございました♪

追記:お母さまの振袖に、衿や帯締めで現代風にコーディネートした、というお嬢様がいらしたので、写真を撮らせていただきました。

Img_3289

2020年1月11日 (土)

2020新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。松が明けてしまった…と思っていたら、関西は15日まで幕の内なのですね。ぎりぎり新年のご挨拶をさせていただきたく、アップしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末は、半年検診で娘と孫が帰省していました。夏にこの家にいた時は、やっと反応が出てきたかな…というくらいだったのに、いろいろ興味があるものが増えていてびっくり。孫とはいえ、人の子は成長が早い(笑)

Natsume_2019dec3

そして年末は、孫たちを自宅へ送り届けて、そのまま四国と近畿地方の旅行に出かけました。写真はありませんが、阿修羅像が一番良かったかな。

Nara_2019dec

大晦日に帰宅して、超特急でおせちを準備。息子も帰ってきて、正月を正月らしく家で迎えることができました。

2020osechi3

そして明日からは成人式本番です。今日は一日、お稽古と打ち合わせ。3日間、体力勝負で頑張ります!

2020jpg Furisode_2019nov9_1

 

2019年12月16日 (月)

【星】ロクモ千秋楽

星組ロックオペラモーツアルト。終わってしまいましたね…。千秋楽は、客席も出演者も公演を心から楽しみ、この時間を大切にしたいという気持ちであふれていたように思います。本当に素晴らしい公演でした。

公演評は昨日書きましたので、こちらを参照ください。

【星組】ロックオペラ モーツァルト 池袋 感想

Mozart_hall2

今日はもう、ただただ目の前に繰り広げられる圧巻のパフォーマンスを感じ、心から楽しもうと思って観劇しました。でもやっぱり、今までの想いが重なって涙が止まらなかった…。

でもそれは、悲しい涙ではなかった。寂しいだけで、どちらかと言えば満たされた気持ちと安堵や感謝の気持ちが大きかったかもしれません。

安堵を感じるのは、チケットが取れるまでの道のりが長すぎたからだと思います。自分の確保ができたら、今度は欲しいと言ってくれた方にお渡しできるかどうか気を揉んで…。本当に焦りばかり募った公演でした。

でも終わってみれば、何度も良席で観られて、出演者の皆様のダンスの迫力を間近で感じることができました。特に2幕のサリエリ2曲のバックダンサーは見応えありましたね!そのような沢山のダンスの見せ場がある中でも、一幕終わりの舞空さんのダンスは、群を抜いて素晴らしい…と思いました。

娘役さんたちの活躍も光り、どの場面もタイプの違う素敵な歌唱に酔うことができました。オランジュ皇妃、アロイジア、ナンネール、カヴァリエリ…。本当に歌える層が厚く、公演全体のレベルアップに貢献していたと思います。

また、侍従(咲城さん)の居眠り芝居や、紫藤さんのコミカルな演技は大いに笑いましたし、千秋楽ではサドなサリエリ全開で爆笑しました。

そして。礼さんからはトキメキと幸せを沢山、沢山いただきました。歌唱に酔い、ダンスに魅せられ、ファンサービスに感謝し…。今更ですが、お披露目おめでとうございます、これからも応援させてくださいね、と心から感じた千秋楽でした。


最後に。千秋楽のアドリブをメモしたので、こちらに書きとめておきますね。

「ティ~ティ・ティ~♪」とTT兄弟ネタを披露するも、笑わないサリエリ先生…。え…笑わないの?と客席ウケる!

モーツアルトは、しかたないので別ネタの「そろりそろり~」に挑戦するも、まだ笑わない!

サリエリ:「私を甘く見るな~!他に自信あるものはいないのか!?」との発言に、客席はどよめき、うろたえる舞台上の皆様(笑)

極美ジュースマイヤが指名され、「ティ~ティティ……」と披露したけれど自信なげで、サリエリさんから「同じものでどうする!」ダメ出しをくらう(^-^;💦

その直後、振り返って「ローゼンベルク支配人!」といきなり紫藤さん指名!「今あなた、気を抜かれていたでしょう」「一粒の星となって、宇宙に羽ばたくイメージで」(なぜ?と思ったけれど、星から宙へ行く紫藤さんに向けての言葉でしたので、最初から振る予定だったんでしょうね( *´艸`))

ローゼンベルグさん、「こんなことになるとは思っていなかった!どうしてこんなことになっているのか~! 何でだろう~何でだろう~、ななな何でだろう~!」と機転を利かしてネタに持ち込んだのに、サリエリさん笑わず、さらに「あなたは、何もしない方が面白い。」と追い打ちのツッコミが…(笑)

最後の最後は、全員で「ティ~ティ・ティ~♪」。サリエリさん、しょうがないな、という感じで笑ってくれる!!!「良かったー!」と心底安堵したようなモーツアルトに、良かったね!!!と心で応援しておきました(^_-)


最高のパフォーマンス。あたたかい気持ちに包まれたカーテンコール。素晴らしい時間をありがとう❣これから始まる新生星組に期待するよ❣と思った千秋楽でした。

2019年12月14日 (土)

【星】ロックオペラ モーツァルト 池袋 感想

池袋ブリリアホールで 公演が始まって10日経ち、もう明日は千秋楽となりました。今日は琴ちゃん、「あと1日」と間違えなかったですね(^_-)

ちょうど一ヶ月前。『長く応援してきた方のトップお披露目が観られないなんて…(泣)』と焦っていたのが嘘のように、最終的には複数回観劇することが叶いました。今は、心から幸せと高揚感を感じる素敵な時間を過ごしております。(その時の状況は、初日レポに書いてあります)

【星】ロックオペラ モーツァルト初日

追記:千秋楽の様子はこちら

【星】ロクモ千秋楽

プログラムに、キーになるセリフや感想を書き込んでいるので、もう全ての場面について事細かに語りたいくらいなのですが、「今一番、何をここに書き留めておきたいのか」を考え直してみました。今日は、お披露目としてのロックオペラモーツァルトについて、全体的な感想を書いてみようと思います。(下のお写真は、2階から友人が撮影したもの)

Img_2821

一幕終章・バラの上で眠りたい

* 初日に書いた通り、この公演はヅカファンにとって衝撃的です。今までの宝塚公演を想像して観劇すると、全く違うことに驚くことでしょう。

* その中でも、一幕終わりの、母と恋人を失ったモーツァルトの歌は圧巻です。舞空さんの、一人芝居のように情感溢れた、絡みつくようなダンス…。礼さんの、心が張り裂けるような歌は悲しみが込められ、人の心に突き刺さり…。どこまでも広がっていくクレッシェンドの絶唱で幕切れとなるため、幕間は「すごい…」「すげー」という感嘆の声しか上がりません。

* この衝撃は映像を通しても伝わっていたようで、遠く離れた地から「トイレ待ちしているけれど、すごいわという声があちこちから」とレポが送られてきました(笑)

* この中継の回を当ててくれた友人は、宝塚観劇は初めてだったのですが、隣で「何だか…何というか…迫力だね…この席だから…だよね…すごい…」と言葉を失ってました(スピーカーの真横だったので、ロックの音が体にズンズンひびく状態だった)。後ろだって迫力は伝わってるよとは思いましたが、中継の先までとは思ってなかったわ(笑)

* 終演後、全国で中継を観ていたヅカ友たちから、トップコンビのレベルの高さに開いた口がふさがらなかったとか、凪七さんと礼さんの関係性が良かったとか、次々とレポが送られてきました。これは別口ですが、歌もダンスも素晴らしいのは知っていたけれど、頑張りが伝わってきたのが良かった、という感想もいただきました。皆様の反応が嬉しかったです♪

* 今回の公演内容と出演者を見れば、ヅカファンも新規の方も楽しむことができるだろうということは、容易く想像できた。だから超チケット難だったのだ、と思います。でも、その期待を遥かに超えてきたことが、このトップコンビの素晴らしいところなのではないでしょうか。

貸切公演

* また今回。豊島区民限定の公演が多かったこともあって、周りの反応が全ツの時のような雰囲気でした(私は、多くの友人にお願いをして、皆さんの協力のおかげで観られましたが…)。開演前には「プログラム、全員同じ顔ね。写真悪いわ。」という声が後ろから聞こえましたし、いかにも「お仕事で来た」感満載の男性陣が、よいお席に沢山座っていて…。

* でも、お芝居が進んでくると、次第に拍手が大きくなってきたり、ローゼンベルクに大うけしたり、すすり泣きが聞こえたりもしました。普段なら手拍子しないところで、一生懸命(リズムは合わないけれど)楽しく手拍子している方もいて、一緒に楽しみたいという気持ちが伝わってきました。最後の「おたのしみ頂けましたか~~~!?」の問いかけには、大きな拍手と声援も飛びました。これこそ、公演を楽しんでもらえたことの証なのではないか、と思っています。

モーツァルト=礼真琴

* また、モーツァルトは礼さんそのものに見えました。才能を持つ者の苦悩…。マスメディアによる妨害や圧力…。今までの軌跡の中では、サリエリと同じ思いをいだいた人もいたことでしょう。それでも、作品は記録され、後世に残る。私たちが「一生忘れない!」と思う幸せやパワーを、多くの人の心に残すことができる。下級生に技術や思いが受け継がれ、宝塚歌劇として後世へつながってゆく…。

* 一方で、「音楽で勝つ」ということに拘るサリエリと、「音楽は料理と同じで、それぞれの口に合うかどうかなんだ」と言うモーツァルトの話を聞いていると、宝塚歌劇においては「トップになることが勝つこと」ではない、「タカラジェンヌさんの個性がファンの好みや希望と合うかどうかなのだ」、と言っているようにも聞こえてしょうがありません。今回の公演で、トップコンビの技術の高さに注目が集まっていますが、それぞれのタカラジェンヌさんの個性も輝いてほしいな、と思いました。

* 阿弖流為の時に感じた、新しい星組のカラー。阿弖流為はお芝居、今回は音楽とダンスと全く違うジャンルですが、同じ風を感じました。皆が楽しそうに、体いっぱい使って熱く表現している。これこそ、礼さんの持つ求心力と、周りのジェンヌさんたちへの影響力なのではないかと思います。


この星組の今の勢いは素晴らしい!と思う反面、初々しいコンビに期待が大きくのしかかってくることが心配です。でも、今までも想像を超えて進化している琴ちゃんですので、これからを楽しみに観劇していきたいと思います♪

Mozart_hall

(中継のカメラが4台入っていました) 

2019年11月22日 (金)

【星】ロックオペラ モーツァルト初日

星組新トップスターに就任した、礼真琴さんと舞空瞳さんのプレお披露目公演、ロックオペラモーツアルトが、梅田で開幕しました。

 

Yahooニュース:星組新トップ礼真琴、ロックに最高の船出

Coto_mozart_yahoo

(Yahooニュースより)

 

でもその一週間前まで、どうやってもチケットを入手することができず、長年応援してきた方の『トップスターお披露目』なのに一回も観られないのかもしれない…と思うと、何も手に付かない状況でした。メディアからのインタビュー記事も多く発売されているのに、全く買う気にも読む気にもなれず…。

でも、沢山の人に頭を下げて豊島区民枠に応募してもらい、かろうじて一公演のチケットを手にすることができ、本当にへたり込むくらいに嬉しかったです。そして今週になって初日を観られることとなり、前日は寝られないくらい緊張しました(笑) 無事に観劇して戻ってまいりましたので、まずは第一印象だけ速報したいと思います。


開演前は「いよいよトップスター礼真琴のお披露目!」と思ってましたが、始まった途端にそれを忘れました。 次から次へと大ナンバーが続き、帝劇などの外部劇場で、海外ミュージカルを観ている時と同じ感覚だったように思います。

宝塚のナンバーとは全く違うので最初は戸惑いもあったのですが、耳慣れてくると体に響く大迫力のロックで大感動でした。最後のショーは、モーツァルト作曲のメロディがアレンジされたもので、原曲はあれね~!みたいな感覚で、曲探しも楽しかったです。

でもね。何と言うか…手拍子がうるさい、と思った時がありました。北翔さんの風の次郎吉を見た時もでしたが、音楽を隅々まで感じたかった。客席と一緒に舞台を作る宝塚のショーではなく、自分の意識がミュージカル観劇だったからなんだろうな…と思います。一般の方々が宝塚を初めて観たら、そう思うのかな…?と逆に新鮮な感覚でした。

でも、その音楽を純粋に楽しめたのは、星組の出演者それぞれのパフォーマンスが素晴らしかったからだと思います。 特にコンスタンツェ4姉妹とお母さん、そしてモーツアルトの姉と、娘役さんが個性を発揮できる場があり、それに応えていることに感動しました。 舞空さんの歌唱は期待を超えてましたし、ほのかちゃんの今までにない色香のある演技も良かったです。


ファンモードで言えば、やはりフィナーレの男役の総踊りがドキドキでした。 ダンサーの揃った中で、遠目で見ていても激しくキレキレなダンサーが中心にいて。トキメキが止まらなかった❤宝塚初見の方には、このフィナーレで『宝塚』を感じてもらえるかな、と思いました。

あと一幕終わりの、琴さんの大ナンバーの時に踊る舞空さんの踊りが素晴らしい。耳福+眼福で、心から幸せを感じました。


では出演者ごとに感想を。

サリエリ:凪七さん

今まで私が観た凪七さんのお役の中で、一番好きかもしれません。琴ちゃんモーツァルトの変顔の挑発に、思わずにやけてしまったサリエリさんが可愛いかったです。 今まで、紅さんにやられてばかりの琴ちゃんが…!と感慨深かったな〜〜(笑)

コンスタンツェ:舞空さん

舞空さんは星組の初舞台で目を引き、宝塚ファンになって初めて、配属先が気になって確認した生徒さんです。 あぁ花に行ってしまうのね…と残念だったけど、琴ちゃんのお披露目で晴れ姿が観られるなんて、本当に嬉しい。 一瞬花總さんに見えたのは、娘役としての品とオーラでしょうか。これから楽しみです♪

モーツアルト:礼さん

宝塚ファンは、本人比で…という言葉を使うことがありますが、その通常使用レベルの「遥か上を超えていく」感じ。どこまで伸びるのだろう…!と感嘆しかありません。素敵な舞台と感動をありがとう。これからも応援させて下さい…と心から感じたトップお披露目初日でした。

琴さんのトップスターグッズは、大好きな海賊がテーマですね。この公演を観ながら、礼真琴船長が率いる星組号が、これから大海原に漕ぎ出すのだな…と思いました。時には嵐の時もあるかもしれませんが、その航海が素晴らしいものとなりますよう心より祈っています。

追記

全体的な公演評・千秋楽の様子はこちらです。

ロックオペラモーツアルト 池袋感想

ロクモ千秋楽

 

 

«台風と公演中止

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ