2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去の記事

2022年11月28日 (月)

【星組】ディミトリ〜曙光に散る紫の花〜

星組公演、ディミトリ・ジャガービートを観劇してまいりましたので、感想をまとめました。初日の感想(←リンクあり)はネタバレしないように書きましたが、今日はお芝居について詳しく書いてみようと思います。

Blog_2022_nov28

写真は、初めての新宝塚ホテル(旅行支援で超安く泊まれた)、公演デザート、殿堂、キャトルの琴さん監修グッズコーナー、です。

全体的な感想

13世紀ジョージアの歴史をベースにしたこの作品は、生田先生のジョージアンダンスへの憧れと、オーディオドラマとして有名になった『斜陽の国ルスダン』との出会い、そしてそれを「礼真琴で見たい」という先生の野心によって生まれた物語なのだそうです(詳しくは、プログラムを参照下さい)。

私は、原作を読んでから初日を観劇しましたが、歴史の中から"ディミトリとルスダンの関係性の変化"に焦点を絞って描いた物語となっていますので、初見であっても分かりやすい展開になっていると思います。

冒頭の戦闘シーンにジョージアンダンスが取り入れられ、星組らしい力強いダンスは、圧巻の迫力。婚礼の踊りも素晴らしいステップで、ダンサーなトップコンビによる異国の踊りを堪能することができます。

そして全編通して観た感想は、層の厚い素晴らしい歌い手たちによる、歌で綴られた異国の愛の物語という印象を受けました。気がつくと私の観劇メモは、〇〇の歌で泣いた、というものばかり…。

でもそれは決して暗く苦しい涙ではなく、良かったね…理解してもらえたね…その想いは正しく伝わったね…という涙。ディミトリは行き場を失って自害するけれど、裏切ったはずのホラズムの王から”自分が何者だったのか”を伝えてもらい、安堵の中で最期を迎えることができた。そして最後は、遠く離れた一番伝えたい人に、正しく、その思いを伝えることができた。全ての誤解が解け、ルスダンとアヴァクが最後に話すところは、毎回涙が止まらないです。

紫のリラの花咲く王宮、城下の市場、繰り返される戦争…。その中で国を守り、生き抜こうする人々の歴史を感じることのできる作品だと思いました。まだまだ始まったばかりの公演です。これからの進化にも期待したいと思います♪

各場面の印象(主に歌)

* 幕開き。ディミトリがリラの花咲く庭園で歌う場面は、物語の世界観に一気に引き込む力のある歌ですね。初日に聴いた時は、私はずっとこの琴さんの声を生で聴きたかったのだ!と思って、無事開演できたことに感謝しました。

* ギオルギとバテシバが歌う内容は、ルスダン夫婦の未来を暗示しているので、2回目の観劇では一気にウルウルモードに入ってしまいました。

* 城下の市の歌は変拍子。異国の祭り、という雰囲気が出ていますね。

* 戦闘の場面は、やはり琴さんと暁さんが群を抜いて目立ちます。琴さんの太刀筋は力があるので「斬る刀」に見えるのがすごいと思いまし、暁さんは背が高くてしなやかに跳躍するので、見応えたっぷり。

* ギオルギから今後を託された後の、銀橋の歌。途中の転調で意志の変化を表しているように感じます。

* 婚礼の夜の「今こそ明かそう」の歌。幸せな時は短いことを知っていると、もう前奏から泣けて泣けて…。本当に素敵な歌。

* アヴァクの、議会から王配を遠ざける時の歌は、凄みと迫力があって素晴らしい。圧倒されます。

* トビリシ陥落後に、ジャラルッディーンについて行く時も、やはり転調した同じ歌で意志を表していますね。

* ディミトリの前に現れるギオルギ・バテシバ夫婦との三重唱。素晴らしいハーモニー!

* 使者としてルスダンと再開し「私はあなたの夫だ」という場面から、トビリシ奪還のクライマックスまで、毎回号泣です。

まとめ

最後にルスダンの生きて歩もうとする姿が神々しく、いいお芝居を観たな…と感じられる作品だと思います。人が人を大切に想う気持ちや、様々な愛の形を問う内容で、沢山の方に観ていただきたいな…と思いました。これからの方は、どうぞお楽しみに。

2022年11月16日 (水)

【星】ディミトリ・ジャガービート 初日感想

『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』と『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』の初日を観劇してまいりました。一言で印象をまとめると、『歌でつづられた美しい異国の物語』と『オーロラクリスタル(虹色キラキラ色)のキラールージュ』でした✨ 今日はネタバレしない程度に感想をまとめようと思います。

Rusudan_2022nov

ディミトリ~曙光に散る、紫の花~

公演を観る前に原作(斜陽の国のルスダン)を読んだのですが、異国の歴史を感じられる物語と思いました。美しい王族、紫のリラの花咲く庭園、剣と槍の時代の戦闘、甘いだけではない愛の形。私が若い頃に好きだった小説と似た雰囲気を持っていたこともあって、若い頃に空想していた『異国への憧れ』を強く思い出した小説でした。

これがどのように舞台化されるのか。自然とワクワクしてしまう気持ちと、不測の事態が起きた時のために…と抑える気持ちと、その両方を抱えたまま初日迎えたのですが、幕が開いたらあっという間にその世界に呑まれていました。

歌劇などの事前情報では、ジョージアンダンスがピックアップされることが多かったので、ダンス主体のお芝居のイメージだったのですが、全体的には歌でつづられたお芝居だったと思います。

ジョージアンダンスは、星組ならでは!と思う迫力。群舞として圧倒されます。そして礼さんの剣は、殺陣の美しさと力強さを兼ね備えていて、見ていて本当に惚れ惚れしますね♡ 婚礼の時の踊りも、ジョージアの伝統の踊りだそうですが、ステップが細かくてとても見ごたえありました。

後半にかけては、ルスダン女王と、政治には関与できなかった夫ディミトリの、2人の心の変化を丁寧に描いてあり、最後は涙腺決壊状態になりました…。 やっぱり琴さんの歌は感情を揺さぶられますね…。冒頭のギオルギ夫婦の歌は、この物語の未来を暗示しているので、2回目以降は初っ端から涙腺決壊となりました(笑)

まだまだ、初日から数日しか経っていませんので、今日はこの程度のふわっとした感想にとどめておきたいと思います。また次回遠征した時に、各登場人物について少し詳しく書きますね。あ、伝書鳩が運ぶお手紙は、足ではなくリュックタイプでしたので、どうぞお見逃しなく。

JAGUAR BEAT-ジャガービート

ジャガーという題名から、『ジャガー柄』とまではいかなくても『ヒョウ柄』アイテムを準備した人が多かったのではないでしょうか。ところが、ふたを開けてみたら『茶と緑の大地』からはほど遠い、『キラキラまばゆい色彩の洪水』のショーでした(笑) 各アニマル柄は、衣装の一部に取り入れている程度かな。あ、天華さんの女豹は全身でしたね☺

私にとって斎藤先生は、やはりキラールージュのインパクトが強いです。台湾高雄の大千秋楽まで7か月間も観ていたので、どの場面も「キラキラなキラル」に見えてしまいました💦プロローグのトゲトゲなお衣装、銀橋でのコミカルなお芝居(フラレ続ける琴ジャガー(笑))、アイドル風な娘トップ、星空イメージの場面で椅子に座っているところも…。そうそう。琴さんの、赤・黒・金の羽根つき衣装は、まさにキラルなイメージでした。

このショーの中で好きなのは、中詰めの『壮大でビートのあるスペースオペラ』という感じの曲かな。クラシカルなデュエットも、体幹が感じられる”しなやかな美しさ”があって素敵でした。あと、なこちゃんの歌で男役1・2・3が踊るところが一番好きかな!黒・金の琴さんの歌も最高です♡ プログラムのショーの説明を読んでも、記憶の場面と全然リンクしていないので、次回までに歌劇とプログラムを読み直したいと思います。

最後に

ご挨拶で礼さんが「ショーのインパクトが強すぎて、お芝居の記憶が遥か彼方」とお話されていましたが(笑)、美しくも悲しい異国の物語と、キラキラな「圧」で走り切るショーの2本立てとなっています。肩の力を抜いて、3時間身をゆだねて楽しもうと思います!

(観劇の翌日、顔出しリモート会議中に、ショーの一場面が目の前に再現してしまって…。ふと気づいたら、ニヤけた自分の顔が同僚に配信されていて、ひじょーに焦りました💦 それくらい、楽しかった遠征でした♡)

2022年10月31日 (月)

エリザベート:帝劇2022年

東宝エリザベート。本日は花總さんと山崎さんの回を観てまいりました。はっきり言って最高でした!半年前からこの組み合わせで観たいと思っていた回なので、無事開演できて、無事自分も観られる状況となって、本当に嬉しかったです♪

Elisabeth_2022

実は私。今までは東宝エリザを観ても『宝塚の倍額を出す価値』を感じられないことがありました。このお値段でこの舞台なら、宝塚を2回観る方が断然楽しい…と思ってしまったのです。

でも今日は違った。圧倒的な歌唱で攻めまくるトートと、その周りを固める肉体美のトートダンサーは、これぞ帝劇レベル!と思う素晴らしい技量で大感動。ヴィンディッシュ嬢の歌がとても印象的だったし、ハイネの場面のデュエット(シシィとパパ)が泣けて泣けてしょうがなかった。ここで泣いたのは初めてだったんですけれど、何だろう。シシィの苦しみがダイレクトに伝わってきたのでしょうか。パパとのハーモニーは美しい旋律でした。

そして香寿ゾフィーのソロ。教育方法に問題はあったかもしれないけれど、王家存続のために孤軍奮闘していたのが伝わってきて、ぽろぽろ泣いてしまいました。マダム・ヴォルフの未来さんはさすがだったし、美麗さんのマデレーネも目が離せなかったし、佐藤フランツの声の良さに感動。ルキーニもイメージにぴったりでしたし、どの役の方も、キラリと印象を残す演技をされていて、技量のある演者を集めてこそ成り立つ作品なのだ…ということも実感しました。

では、最後にトートとエリザベートの印象を書いておきたいと思います。

花總シシィ

「きれいな女なら他にもいる」ではないですけれど、「歌が上手い人は他にもいる」。でも、花總さんのエリザベートは、歌唱の技量だけでは測れない、圧倒的な存在感を感じます。

気品。たたずまい。内に秘めた思いがダイレクトに伝わる歌唱。10台から老年までの演技。後半は顔の輪郭じたいが変わっていてすごい…と思いますし、最初はあらがうだけだったシシィが自我を見出し、最後に自らトートに身をゆだねるまでのシシィの生涯が、しっかりと伝わってきました。

そして何と言っても1幕ラストの、あの白いドレスとシシィスターを身にまとった花總さんの美しさ…。ほーっとため息がでるほど素敵ですね。観られて本当に良かったです。チケットを手配してくださった友人に感謝!

山崎トート

圧倒的な歌唱で、存在感のある熱いトートですね。私の基準はどうしても礼真琴さんになってしまうのですが、彼女の舞台と共通点が多いな…と感じます。他のメンバーの歌に聞き惚れていても、山崎さんがそこに加わると空気が変わるというか、歌でねじ伏せる強さがあるというか、すごいわ…すごいわ…私はこんな歌が聴きたかったのよ!!!と思うんですよね。声の質も、発声方法も、表現も、一番自分が求めているものに近いからなんだろうな…と思います。

私は音程のブレに違和感を感じる人なので、山崎さんの歌は本当に安心できるし心地いい。そして、安心できるからこそ、どっぷりとエリザベートの世界観に身をゆだねられるのだな…と再確認しました。

最後に

観る側がトートやシシィに求めるものは、人それぞれ違うと思います。だからこそ、いろいろなキャストの組み合わせがあって、一番好みに合うのはどれか…と探す楽しみもあるのだと思います。2022年版のエリザベートは、私の中で記念に残る作品になりました。このまま最後まで公演が続き、皆がこの素敵な公演を観られますように…と願っています。

2022年9月23日 (金)

【星】全国ツアー モンテ・クリスト伯 相模原千秋楽

今、スカイステージの千秋楽映像を見るだけで、胸がいっぱいになっています。

◇ 全ツ モンテクリスト伯・Gran Cantante!! 梅田初日

この幸せに満ちた初日レポートを書いた後、毎日ツイッターのタイムラインにあふれる「ご当地アドリブ」にワクワクしながら北海道と和光に行き…。そして和光の翌日に休演の報を受け取りました。

千秋楽まで10日という時点での休演。正直「昨日の観劇が最後だったのかもしれない…。」と覚悟しました。ただ、9月7日に厚生省のガイドラインが変わって、待機期間が大幅に緩和されたため、わずかな望みは持っていたんですよね…。この数年、厳しい制限のある生活をしているタカラジェンヌさんたちが、やっと楽しく全国を回れるようになった…と思っていた矢先の試練でしたので、何であなたたちばかり苦しい思いをしなければならないのだろう…という気持ちでした。

休演期間中は、全ツのお写真を買いに行ったり、琴さんのCM撮影地に行ったりしながら吉報を待ち、そして遅い夏休みに突入してから、「最後の3日間のみ再開、ただし7人休演」という発表を受け取りました。やった!良かった!という気持ちが一番でしたが、休演者とそのファンの気持ちを想像すると、手放しに喜んではいけないような気にもなり、完全なお祝いモードにはならないまま再開初日を迎え…。

でも幕が開いたら、代役の皆様の頑張りに目を見張り、ショーで各場面カバーし合う姿を見られて、大感動でした。

瀬央「(ゆっくり)皆様~!!」
舞空「(はっきり)お待たせ~!!」
礼「(静まり返ってから)待っててくれて、ありがとう~~!!!」

というアドリブが入った時は、客席からの大拍手がなりやまず 、私を含めて皆号泣モードに突入でした…。

その日の終演後の「複雑な思いは、私達も同じです。」という琴さんの言葉も重かった。主に、休演者のファンに向けた言葉だと思いましたが、千秋楽でも「この状況で幕を上げてもいいのだろうかと思った。でも、一人でも再開を待ち望んでくださるお客様がいるなら、一人でも舞台に立ってやる…と思いました。」とお話されていましたので、葛藤は大きかったのでしょうね…。

「35人全員で作り上げた舞台を一生忘れません。」という言葉は、配信を見ている休演者に向けての言葉だと思いますし、琴さんのご挨拶はいつも、短い中に真の思いを伝えようとしてくれているのを感じます。幕を上げるために、一人一人ができる精一杯のことをやろうと、前向きに努力されてきたのだと。そのことが、ひしひしと伝わってきた千秋楽でした。

Zentsu_2022_sep


それでは、相模原公演について、初日から変わったことや印象に残ったこと、アドリブなどを箇条書きで書いてゆきたいと思います。

*お芝居は、モンテクリスト伯の凄味が、倍増しになったような感じがしました。くそくらえの叫びが真に迫る迫力で、思わず体がビクッと動いてしまったほど。

*お芝居のご当地アドリブ。再開初日は 「崎陽軒の焼売弁当、食べる順番があるって、知っているか?」 でした!客席大ウケ。私は、全ツが帰ってきた…!とウルウル…。

*代役の夕陽ヴィルフォールは、検事総長という意味では若い…という感じはあったのですが、有沙エロイーズさんに振り回されている感があり、歌も迫力があって大健闘だったと思います。

*蒼舞 ルイジ・ヴァンパは、日を追うごとに大進化していましたね。初日は「え~っと~」と詰まるところもあるくらい膨大なセリフ量でしたが、まるでセリフの一部のようにさらっとつなげていて、さすがでした。千秋楽はもう余裕すら見え、蒼舞ヴァンパになっていてすごいなぁ~と感嘆していました。

*本役として戻ってきた有沙エロイーズ。さすがの貫禄で、素晴らしかった。ショーの歌も圧巻。琴さんとのデュエットは、お互いの主張がしっかりかみ合い、心地よいハーモニーになってその響きが会場全体に広がったような…そんな気がしました。

*ショーは春から続いているので、GWと今回と、二度の休演期間に感じたことを思い出してしまって。何を観ても涙…。

*冒頭は美稀さんが一人で、「相模!大野!相模大野!」千秋楽は、「千秋! 楽も! ひとりきり!」

*サンホセは、遥斗さんと蒼舞さん。笑顔で踊っている姿が忘れられない。

*ニンジン娘はBDで観られないので、音を覚えておこうと全神経集中しました。馬役の瀬央さんが美しすぎる。

*礼・暁のデュエットの場面は、鳳真さんと都さんの歌でした。綺城さんの包み込む歌声も素晴らしかったですが、鳳真さんも心を込めて歌っていらっしゃいましたね。踊っているありちゃんが、完全に「女の子」顔で笑っていて、何だか嬉しかったな…。

*瀬央さん。バレンシアとコルドバは連続での歌唱。でも全然歌い方を変えて、しっかり場面をつないでいて、本当に素晴らしかった。

*琴・なこ・瀬央3人のアドリブの締めとして、「愛してるぜ!」の3連発を持ってきたの最高❣ 小さくガッツポーズしてしまいました。

*再開初日に、一番泣いたのはアデランテでした。再開できるか不安な時に、志摩スペイン村の動画を何度も聴いていたので、楽しそうに歌い踊っている姿を観て本当に嬉しかった。

*星組のパッションが熱過ぎて、バイラ(青の衣装の男役総踊り)での全員の掛け声は、スピーカーの音が割れそうになっていました。皆さんの気合いを感じて、泣き笑いでした。

*パレードの最後。両サイドからのミラーボールで会場全体がきらめく中、満席のお客様を前にしてスポットライトの当たった琴さんを見て涙・涙。 千秋楽の開催に尽力された、全ての皆様に感謝!と思いました。


7月に東京公演を無事完走させ、やっと楽しい全国ツアーが始まって、その途中での休止。感染へのプレッシャー、休演の仲間への思い、代役として舞台を最短で復帰させるための努力…。おそらく、ファンの側からは見えない、大きな壁を乗り越えての再開だったのだろうと想像しています。

ただ、全ツだったからカーテンコールがあり、その「今の思い」を短いご挨拶の中で伝えてくださって、それが嬉しかったです…。大劇場の初日には、組子全員が、笑って舞台に立ってくれることを願っています。

2022年9月 3日 (土)

【星】全ツ モンテクリスト伯・Gran Cantante!!

 星組全国ツアー公演、モンテ・クリスト伯/グランカンタンテの梅田公演の初日に行ってまいりました!お芝居は復讐劇ですが、原作から大きく改変されて”ハッピーエンド”となっていますし、グランカンタンテは暁さんが加わったことで、さらにパワーアップしています。完成度の高い、贅沢な演目だな…と思いますので、全国の若い世代や、昔ファンだったけれど遠征できない方にぜひ観ていただきたいな…と思いました。

実は訳あって、先日月曜日に四国へ飛ばなければならず、その時点で初日は観られないことを覚悟しました。でも何と奇跡的に梅田に行くことが叶い、翌日も友人から譲ってもらったぴあのチケットで観劇することができました…。花組も止まっている中、開演できたこと。そして自分もその場に行ける状況になったこと。交通機関も問題なく動いたこと。全ての条件をクリアしないと観劇はできないのだ…と痛感しました。観られて本当に嬉しかった…。

では初日の第一印象から書いていきたいと思います。

Montecristo_umeda

モンテ・クリスト伯

長い原作のあるお話なので、もし宙組公演をご覧になっていないようでしたら、開演前にプログラムのストーリーを読んでおくことをおすすめします。恋敵や、出世を妬む同僚にハメられるのは理解しやすいと思うのですが、なぜ監獄送りへと急展開するのかについては、「手紙が検事自身の立場を危うくするものだから」だと、すぐには理解しにくいかな…と思います。

そのあとは、エドモンがどう脱獄し、復讐を果たすかが原作の見どころなのですが、宝塚版では「復讐では心が救われない」「許すことでしか未来はない」と、テーマが大幅に変更されています。最後の改変も、最初に宙組を観た時はすぐに受け入れられず、「復讐が生きる糧となっていた人が、すぐに改心なんてする?子供…?まぁ宝塚だし、ハッピーエンドもいいのかな…。」という感じでした。

でも今回星組公演を観て、自然に涙が出てきました…。牢獄で司祭に諫められた時は全く受け付けなかったエドモンが、ベルツッチオの説得、エデ姫の訴えで次第に心が軟化していくのが分かり、最後のメルセデスの「今でも愛している」という言葉で心が動いたことが、表情でびしびし伝わってきました…。舞空さんの「母」の強さもとても良かった。

プログラムを読んでなるほど…と思ったのですが、「恨」と「復讐」が基本思想にある国と日本は違う、ということなんですね。この周囲の人の畳みかけるような訴えが、エドモンの心を溶かす。それこそが宝塚版の巌窟王なんだと、やっと理解できました。

そして宙の時と違って、密輸船の船長(天華さん)とのちのダンテスの部下(暁さん)の二人がストーリーを進めます。全ツならではのアドリブもあり、密輸船の乗員たちが楽しいです。装飾品やお鬚が取れたりと、まだまだハプニング満載ですが、礼さんの7変化も見どころですし、これからの進化を楽しみにしたいと思います♪

グランカンタンテ

こちらは前回公演から引き続きなので、本公演と違うところを中心に。

•冒頭、妖精は二條華さん。初っ端からアドリブあるので、聞き逃さないように!(笑)

•天寿さんパートが、ほぼ暁さんを中心とした場面に変わっています。

•美穂圭子さん、音波さんのところは、娘役さんがそれぞれ出番をもらっています。

•一番違うのは、ありちゃんが美女になってデュエットするところかな。まだまだ硬いのが新鮮(笑)

•BDでカットされてしまっていた瀬央馬ニンジンが聴けて、何だか感動しました…。そこに加わった大御所馬(輝咲)さんに、ついつい目が行ってしまう。

•ボニータは、エドモンの可愛らしい前髪が、ここでは最強な髪型になっています♡ もう最高❣ センター後方席だった時は、オペラで観ていると「礼さんの視線は私のもの」感が満載でした。いやいや…今思い出しても悩殺される…と思うくらい、素敵な場面♡

•暁さんの青春を駆ける。これはすごいです。さすがの歌い手(グランカンタンテ)!

•美穂さんの場面。今は代役でりらちゃんが務めています。

•そのあとは、基本的に本公演とほぼ同じですが、中詰めの終わりに、礼さん、舞空さん、瀬央さんが居残る場面があります。ここでご当地アドリブが聞けますので、注目してくださいね。

•108期生の場面は、前半が暁さん中心とした若手男役さんの場面になっています。もともとの志摩スペイン村の曲(このページで聴けます)を歌っているのですが、今私の頭の中は、このアデラ~ンテ、アデラ~ンテ、アデラ~ンテ~~~♪でいっぱい(笑)

•後半のロケットも振りが変わっています。鳳真さんが中心。足が長くて、笑顔が素敵。

•そして最後のパレードは、舞空さんが大羽で、本公演の時に付けていた片羽根は暁さんがつけていらっしゃいました。

語り出したらきりがないので、今日はこのあたりで。この後は、北海道、和光、相模原に行く予定ですが、また思い出したら追記したいと思います♪

休演・再開・千秋楽についてはこちら

◇ モンテクリスト伯 相模原 千秋楽

 

«帝劇 ガイズアンドドールズ