2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の記事

« ころころ史:其の2:退団されたジェンヌさんとの出会い | トップページ | 春野寿美礼お茶会に初参加 »

2005年6月19日 (日)

小学生の時の性格とブログの関係

 今日は父の日ですね。

 私の両親が久しぶりにやってきて、夕食を食べることになりました。私から父へ、こどもらからだんな(おとうさんへ)のごちそうを兼ねて、太巻きや茶碗蒸しを作ったのです。母と食事を一緒に作るなんて、何年ぶりだろう~というかんじでした。

 一緒に料理しながら母が、「小学生の頃のお前は、学校であったことをすべて話してからじゃないと、何もしなかったねぇ…。夕飯を作っている横で、今日の出来事をひとしきりしゃべって、それから宿題をしていたよ。」と言うんです(^^;

 最近は、ライブに行っても宝塚を見ても、家に帰ってからその感想をまとめてしまわないと、頭がぐるぐる状態で眠れないのですが、その母の話を聞いて「なんだ、そうだったのか!」とすごく納得してしまいました。つまり、この「今日の感想を話したい」「私が何を感じたのかを聞いてほしい」というその性格は、今も昔も変わっていないのだということが良く分かったのです(^^;

 「おまえの作文は主語と述語がちぐはぐで、文才は全くなかったのに、よくそんなところに書くね。信じられない。」と母は言うのですが、この昔からの性格ゆえにブログを始めることになったのでしょう(笑) 文才ないところは、どうぞ見逃して下さいね。これでも昔に比べたら、だいぶ「思い」を「文」にすることができるようになってきたのですから(^^;

« ころころ史:其の2:退団されたジェンヌさんとの出会い | トップページ | 春野寿美礼お茶会に初参加 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/4623670

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生の時の性格とブログの関係:

« ころころ史:其の2:退団されたジェンヌさんとの出会い | トップページ | 春野寿美礼お茶会に初参加 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ