2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月31日 (水)

CS:コンサートポスター撮影風景

昨日の記事にも書きましたが、今春野寿美礼コンサートのチラシはキャトルのレジまで行って手渡しで一人一枚までとなっています。公演と違って作成した量も少ないのかもしれませんけれど、一人で多量に持って行ってしまう人がいるから取られた措置なんでしょうねぇ。ちょうどそうやってやっとGETしてきたばかりのチラシの撮影風景が、今朝のCSニュースで流れました!
 
公演のポスターは舞台化粧のアップなので、実はあまり好みでないものが多いのですが、今回のコンサートポスターは素顔でにこやかに写っているのでいいですね…(*^^*) 写真集を見ても、男役っぽく決めている写真よりも、そうやって自然な笑顔の方がいいなと思ったので、余計に良く見えるのかもしれませんけれども(笑)
 
でも撮影風景を見ていると、このポスターの2場面以外に、いろいろな楽器を持って撮影しているのにはびっくり。この斜め下向きの角度が一番素敵とか、こっちの表情の方が数倍いいじゃない~なんていうシーンもあって、朝の5分間だけでしたが、いいものを見たという満足感がありました(*^^*) (自分で書きながら、ばかだよなぁ~と思ってしまいますけど、これだけでいやな気分も吹っ飛ぶならそれでいいじゃない、とも思うのです…(^^; まぁねぇ一時のことだから(笑))

2005年8月30日 (火)

宝塚【雪】:霧のミラノ・ワンダーランド

雪組公演を観てきました~。今回の演目は、単純に楽しかったというかんじでしょうか。
まだまだ東京公演は始まったばかりですので、お芝居の筋には触れずに話そうと思いますが、それでも少しは雰囲気が分かってしまいますから、気になる方は観劇後にご覧になって下さいね(^^)/

終わってみて、今回の観劇で一番印象に残っているのは天勢いづるさんかな、と思います。男役から娘役へ転向したという話は知っていたのですけれども、先週Now on stageを見た時に初めて普通に話している姿を見て、こんなかわいいジェンヌさんだったのねぇと思っていました。化粧したらどんなかんじになるのかわからず、開演してしばらくはどこかなぁ~?と探してしまいましたが、水夏希さんとのコンビ場面は本当に美しく、確かにこんなに細かったら男役は務まらないだろう(とてもリフトする側にはなれないだろう)…と思いましたね。

私は雪組だと音月桂さんを応援していますが、今回はお芝居の方ではあまり出番がなかったかも。でもショーの冒頭で、銀橋に若手男役が勢ぞろいする時は素敵でしたねぇ。同じお衣装なので、そのかっこよさがもろに浮き立つというか(笑) その時もう一人目をひいたのが、凰稀かなめさんでした。誰だろう?とオペラを向けたときにはもう動き出してしまったので、はっきりは確認していないのですが、背が高くて美しかったです。

雪組はチケットを取っていなかったこともあり、宝塚Graphでこの公演の最後の写真だけ見てしまって印象に残っていたため、ラストが想像できてしまってびっくりは半減してしまったのですが、脚本の伏線がいろいろ見えて一回の観劇としては充実して観ることができたのかなぁとも思っています。やっぱりキーパーソンは貴城けいさんですね。少佐で子爵という設定は、本人の資質によく合っていて好演していたなぁと思います。でも、宙組から組替えとなった水夏希さんとのダブル2番手なのかな、と思っていたのに、水さんの方があまり活かされてなかったような印象を持ってしまいました。。。

ショーの方は朝海・舞風主演二人のデュエットダンスがいいなぁ。やっぱりこの二人は、踊らないと美しさが活かされないような気がします。まーちゃんは、ちょっとのけぞるだけでも優雅ですし、インディアンの娘の時はリー・ファ(グインサーガの登場人物)を彷彿させるような雰囲気でした。クラシックを歌にしていたので、ほとんど知っている曲ばかり。でも曲名が思い出せずにもどかしいショーだったかもしれません(^^; 終わってから配役の載っているチラシを見て、おおっそうだった!というかんじで(笑)。

そうそう、アラビアの場面で、貴城けいさんの横にいた二人の娘役さんは誰だったのでしょう…?プログラムを買ってないので、どなたか知ってたら教えてくださいね。

今回は雪観劇だったのにもかかわらず、キャトルに寄ったら「春野寿美礼コンサートのチラシは、レジでお一人様一枚のみの配布となっています」(文面は違ったはず)と書かれているのを発見(笑) あら、それなら…と開演前に一枚GET。それなのに、観劇中少し”しわ”になってしまったのが気に入らず、帰りがけに新発売の写真(おささん&とうこさんの2枚)を買って、またチラシをもらってしまいました(*^^*) 

2005年8月29日 (月)

子供の会社見学

今日は勤め先で、『お父さんお母さんの会社を見てみよう会』が行われました。息子は年長の頃カタログ撮影のために社内に入ったこともありますし、社内駐車場抽選会でくじを引かせたこともあるので、特にもの珍しくもなかったのですが、この夏はいろいろ忙しかったので、夏休み最後に”塾を休んでお母さんと遊ぶ”というのもいいかなと思って誘ってみました。

社長室に入ったりする社内巡りは、ただ疲れただけかなという雰囲気だったものの、子供科学教室はなかなか楽しく、笑いが出て盛り上がっていました。そのほか、この人は誰?というクイズでちゃんと「エジソン」と答える子供がいたので、それはまぁ教科書にも出てくるかなと思ったのですが、「それではエジソンの発明は何でしょう?」という質問に「高速道路!」と答えた子がいたんです。「あれ?電球とか蓄音機じゃなかったっけ??」と思ったらベニヤ板や高速道路もエジソンの発明品なんですねぇ……大人の方が勉強になりました。

catalogカタログと言えば、私が大学生の頃ヨーロッパ旅行に連れて行った熊のぬいぐるみが出演しているんです(笑)英語圏の特定の職種の方しか見ないマイナーなカタログですが、ちょうど思い出したのでなくさないうちに写真で撮っておくことにしました(^^;。 先ほど息子にこの写真撮ったの覚えている?と聞いたら、前のページの看護婦さん役のお姉さんは全く覚えていないのに、この写真で背伸びをしたことだけ覚えていました(^^;。変なことだけ記憶に残るものですね。

2005年8月28日 (日)

12年目の都留キャンプ

土曜から今日の午前中まで、都留市でキャンプをしてきました。
 
14歳の娘が保育園に通っていた頃、2歳児クラス時代にキャンプの話が持ち上がり、当時都留市から東京まで通っていたお友達の家の近くで行うことになりました。初回は下の子を妊娠中だったので行けず、翌年0歳児を連れて参加を試みてみましたが、都留のお友達の家に着いたとたん4歳になったばかりの娘が39度の熱を出してしまい、大月の病院を紹介してもらってそのまま帰宅。晴れて参加できたのは、2年後からとなります。
 
でももうそれから10年。中2になった子供らは、中学で同じクラスの子もいれば、一年に一回しか会わない子もいるのに、なぜかころころとよく遊んでいます。今年は男ばかりで女子はうちの子だけだったのに、ほぼ徹夜で遊んでいたみたい…。一緒にぱんつを並んで脱いでトイレットトレーニングを一緒にしていた仲ですからね(笑)  今さらというかんじなのか、、、どういうもんなんでしょうね(^^; 私はそんな幼馴染はいなかったので、どうもその感覚はよく分かりません(^^;
 
2005camp弟・妹たちも沢山来るので、大きい子にくっついてあるいたり、ちびだけで遊んだり、そんな年齢を超えた交流もこのキャンプの良さかなぁと思っています。でも、私より背の高くなった娘が、年中の小さな女の子を連れて温泉で髪の毛を洗ってあげるのを見ていると、なんか10年後の姿というか、私がおばあちゃんとして見守っているのを想像させるような、そんな気分になってしまいました~~(笑)
 
親同士としても、もう10年以上昔から知っていれば一年ぶりでも話ははずみますし、今専業主婦の方でもその時は働いていたわけで、いろいろな方面の方と話すのは楽しいものです。自分自身が金曜まで忙しかったし、子供らも試合が台風で土曜になるかもとやきもきしたり、塾の欠席届けを出していなかった…など都合はつけなくてはなりませんけれども、子供・親共に普段できない体験をできるのかな、と思っています(^^)/

2005年8月26日 (金)

博多座CS&もうすぐ雪組

CSで見ました!千秋楽映像(*^^*)

舞台のダイジェストが8分くらいだったのに、なぜ22分もあるのかな?と思っていたら、ほぼノーカットで千秋楽挨拶が放送されていたのですね。とてもとてもうれしかったです。退団の挨拶より熱く盛り上がっているのではないかと思うほど、客席と舞台が一体になったような千秋楽挨拶のように感じられました。 組長の夏美ようさんの挨拶も、主演の春野寿美礼さんの挨拶も、通り一遍のご挨拶ではない、思わずこちらもうるうるっとくるくらい感情のこもった自分の言葉での挨拶で、感謝していますという気持ちがよく伝わっていました。。。 

スタンディングオベーションで万歳三唱をしているのを見るのも初めて(笑)
客席からの掛け声に思わず「恥ずかしい…」と照れているのを見るのも初めて(笑)
とても気持ちの良い千秋楽映像でした(*^^*)

私は約2ヶ月観劇をお休みしましたが、急に来週のチケットが手に入ることになり、雪の公演に行ってきます。これから一ヶ月は、観劇三昧の日々を送ることになるでしょう(笑) うれしいなぁ~(*^^*)

2005年8月25日 (木)

出張終了とハイホー?

今日で千葉出張は終了です。半年間の仕事が終わったので、最後は記念写真まで撮ったくらいでした…(笑) それとほとんど同時に、博多座も千秋楽でしたね。今回は本当に行きたかったけれども予定が立たず、唯一行けたお盆の数日については、飛行機の値段をみて諦めがつきました(^^; 一切割引がないので、交通費だけで東京宝塚劇場のS席なら10回近く観れるんですもの。。。大阪なら3回往復できちゃうのですから(^^;。でもこれだけ障害があるからこそ、踏みとどまったというか(爆)、それがなければ福岡まで行っていたかもしれない自分がこわいです(^^;
 
夜になって息子とシャワーをしていたら、「ハイホー、ハイホー、さんそが好き~♪」と歌っていたので、昔見ていたディズニーのビデオを思い出していました。でも何で今になって白雪姫?”仕事が好き”じゃなかったっけ?と思ってよくよく聞いてみると、「肺胞~、肺胞~、酸素が好き~♪」と歌っているではありませんか(爆)(^^; どうも夏期講習の理科の授業で習ったみたいです(笑)
 
こちらは明日の未明に台風直撃のようですが、今は嵐の前の静けさなのか、虫の声が聞こえてきます。もう秋なんですねぇ。最近涼しくてうれしかったのに、明日の気温は36度だそうです。。。

2005年8月23日 (火)

ころころ史:其の7:花組エリザベートとの出会い

今日の話題はころころ史の続きです。もしまだご覧になっていませんでしたら、カテゴリー別記事一覧を参照してくださいね!

エリザベートはいい、といろいろな方面から話は聞いていました。

宝塚の演目は、演出家のオリジナルと海外からの輸入などさまざまなものがあり、その中でも際立ってヒットになった作品だと聞いていました。また、グインサーガという隔月間の文庫本で、次の本の題名を当てるクイズがよく開催されていたのですが、たまにエリザベートに関連するヒントが出ても分からず、常々一度見てみたいものだと思っていたことも理由のひとつです。

そして、CSに加入したすぐ後の2004年正月に、特別番組として花組エリザベートが放送されることになりました。一回しか放映されないため、友人と「もし録画に失敗したら私の分もDVDに落としてね」と打ち合わせして録画。無事友人も録画できたと聞いたので、まとまった時間が取れるまで、そのまましばらくDiskに入れっぱなしにしてありました。

半月くらい経って、そうだ今日は時間があるからと、アイロンかけをしながら何気な~くエリザベートを再生したのですが、見始めてすぐに「えっ?これはいつもの宝塚の公演とは違う!!」と気づきました。アイロンの手がついつい止まって危ないので、いったん再生を中止(笑) はやる心を抑えて夜まで待ち、ヘッドホンをつけて一人でじっくり最後まで観ることにしました。

とにかく曲がいい!何度も同じメロディーが、場面ごとに微妙に変化しながら出てくるため、見終わった後は頭の中でいくつかのメロディーが駆け巡っていて、とても眠れる状態ではありませんでした。目をつぶってもぐるぐる状態で、印象に残った場面が走馬灯のように次々と現れます。これはだめだ…としばらくして観念し、もう一度見たい部分だけをピックアップしながら再生してみました。

その時もう一度見たいと思った場面。今思うと、それはトート(春野寿美礼さん)の歌ばかりだったのです。もちろんエリザベート(大鳥れいさん)の「私だけに」も良かったし、フィナーレナンバーの男役総踊りの瀬奈じゅんさんにもくらくらものでしたが、あの声でもう一度聞きたいと思ったのはエリザベートへの恋に落ちる瞬間の「愛と死の輪舞」と、ルドルフを誘惑する「闇が広がる」でした。「最後のダンス」も、なんであんなに踊りながら迫力のある声が出て、なおかつ音程がはずれないのかと感嘆。。。 あとはショーでのデュエットダンスで、大鳥れいさんの体にそって手を這わす振り付けが、なんとも妖しく美しかった。

たぶん、演目(音楽)へのはまり方と、主演の歌の力量が重なって、こんなにも衝撃的だったのでしょうね。たとえばダンスが得意な主演さんでこの演目だったとしても、ここまではまったかどうかわからないし、反対に初めて見たのが姿月トートだったら、ずんこさんにはまっていたかもしれないな、とも思います。

でも私が初めて見たのは花のエリザベートでした。そしてついに、宝塚のファンにはなっても特定のジェンヌさんの追っかけはしないぞと心に誓っていた私が、そして宝塚をよく知らない頃に、取り巻きファンの存在を冷ややかな目で見ていた私が、このエリザベートをきっかけに、ころころとファンへの道を転げ落ちていくことに…(^^;。 後輩なんだから観に行ってあげたら?と言われ、宝塚に興味を持ち始めて4年、ビデオを次々と見出してから1年以上経ってからのことでした。

2005年8月22日 (月)

手芸とマスコット

今月の出張では、ちょうど高校の総体が行われていたため近くのホテルに泊まれず、津田沼駅ビルのホテルに泊まっていました。何度か下見の時に、「お~千葉県にもユザワヤが…」なんて電車の窓から見ていたのですが、そのユザワヤの目の前のホテルだったわけです(笑)

pear_dognetsuke一日だけ閉店前に帰れて、うれしくてついつい買い込んでしまったので、子供と一緒にこの週末に作ってみました。娘は糸と針を使うマスコット、息子と私はボンドと両面テープで作る根付です。

私の母は専業主婦でしたので子供の洋服は手作りが多く、冬はセーターやチョッキを必ず一つ編んでくれていました。そのような環境で育ったため、私は小学生の高学年になると、かぎ針・棒針・いとこの赤ちゃん用にミシンで洋服を作ったりと一通りはできるようになっていたのに、今では普段手芸をしなくなってしまって、子供たちには何も教えてこなかったんですね。それで少しでも一緒に手作りできたら、と思ったのです。

昔は、娘が産まれたらかわいいサンドレスを作って着せたい、という夢がありましたが、どう言ってきかせてもスカートをはかない性格だったので、途中であきらめてしまいました(^^; 産休中には赤ちゃん用品をいろいろ作りましたけどね。それ以来、保育園や小学校の入園用そろえたくらいで、あまり作っていないですねぇ…。

でも日野市の学童クラブでは、フェルトのマスコットやワイヤービーズが作りたい放題だったので、娘が小学1~2年の頃はうさぎだの、トトロだの、いろいろ作ってくれました。今でも会社の机に飾ってあるのですが、この頃ビーズなども作るようになってきたし、親が教えなくても好きなら覚えていくのかなぁ~と最近は思うようになってきました(^^) というか、 そうなって欲しいという希望なのかも。。。

2005年8月21日 (日)

firefoxとブログ巡回

先日、会社のミーティング中に話がそれて、Firefoxというブラウザの話になりました。”RSS”に関わる話だったんですが、ちょうどBlogとソーシャルネットワークサイトに登録したばかりだったために、RSSは調べたばかりだったんですね(^^; おおっそれは知っている~と思ったのですが、このブラウザについては初耳だったので試しに使ってみました。

なぜRSSを知ることになったか。それはソーシャルネットワークサイトに自分のブログの最新記事を表示させるため、RSSの登録をしてみたからなんです(^^;。それでちょっと調べてみたのと、このサイトに設置されているブログペットのひろ・みちゃんは、このRSSの情報を元におしゃべりをしているので。。。(笑) 

実は、ブログを始めるまでニフティのパティオサービスを使っていたので、ダウンロード1回でいろんな人の消息がなんとなく見えていました。でもブログっていちいち見に行かなければならないので、巡回するところが増えてくると大変だなぁ、RSS Readerを入れようかなぁ、なんて考えていたのですが、とりあえず今はこの FirefoxがRSSを使えて便利ですね。

rss_tabrss_bookmarkなぜ使いやすいかというと、こんなかんじでチェックしたいブログをタブで開いたり、この右下のRSSボタンを使って、最新記事をブックマークで示したりすることができるのです。使いこなせばもっといろいろできそうだな、と思っています(^^)/。

2005年8月20日 (土)

ひろ・みの今月のおしゃべり集

今月のひろ・み (Blog Pet : 右サイドバーに設置してるうさぎ) のおしゃべり記録です。
私がヒット、と思ったのはこの「オスカルか…」「大阪ー!」「天狼星♪」の3つ。 ひろ・みは、お友達のおうちでも「大阪」と言ったみたいですけど、私が好きなものばかりかな~と思います(^^;

8/6「ショーを…むにゃ…感じたのを覚えています…」
  (オーラでも感じたのかなぁ…。何のショーを見たの?
   私は博多座のエンター・ザ・レビューが見たいわ。
   往復交通費だけで7万以上と分かって断念したけどね(^^;)
 
8/7 「総武線 使っています 言葉かな」
8/19 「つなぎ目に 開いていたかが 電車なり」
  (出張の話が多かったことがわかりますねぇ…)
 
8/7 「あっさむごぱるだーらだよ♪」
  (あんたは違うでしょうが(笑))

8/18 「グインサーガクリスタル…むにゃむにゃ」
  (グインサーガといえば、やっぱりクリスタル公爵のナリス様でしょう(笑))
 
myuちゃんに関わる言葉集

8/6 「myuに『クーラー』って言われた♪」
8/19 「myuが『藤棚』だって♪」

  おじゃますると、確かにこの言葉が出ていました。
  藤棚は、毛虫の話だったのですね(^^;
 
あっさむごぱるだーらちゃんに関わる言葉集
 
8/7 「あっさむごぱるだーらは『宝塚』が好きなのかな?」
8/7 「あっさむごぱるだーらは『映画』が好きなのかな?」
8/13 「あっさむごぱるだーらもあそんで♪」

 そこであっさむごぱるだーらちゃんのおうちにお邪魔すると…
 あっさむごぱるだーらちゃんは 「ぱやんとあそぶ?」と聞いてくれました(笑)

じぇふりーくんの言葉集

8/1 じぇふりーくん 「『ドン』ってひろ・みがいってたけど…」
  ポセイ『ドン』のことかしら?と思います。

8/13 じぇふりーくん「『だんす』ってひろ・みがいってた♪」
  確かにその日のトップページ(最新5記事分)には、”ダンス”が5回も出ていました。

8/15 じぇふりーくん 「ひろ・みがいってた『あじ』をおぼえたいな…」
  ぷるぷるしたところはみかん味、と息子が言った話でしょう(笑)
  しまなみみかんジュースだよ、じぇふりーくん!

こんなかんじで、なんとなくかわいいなぁと設置したBlog Petですが、いろいろ遊ばせてもらっています(*^^*)

2005年8月18日 (木)

子供とテニス

近くのテニスコートで子供たちとテニスをしました。(昨日この記事を書くつもりだったのに、時間が取れなくて昨晩は書き溜めてあった分をアップしてしまいました(^^;)

今までも、たまに家族でテニスをしたことはありましたけれども、ここ最近多くなってきたのは、やはり娘がテニス部に入ったからでしょう。ゴールデンウィークも遠出はせず、会社のテニスコートで遊んだくらいでしたし。でもその頃までは、まだまだ手加減して”いい位置”に返してやらないとしっかり打てない状態だったのですが、この夏合宿後にぐんと上達しているのにはびっくりしました。

試合をすればまだまだ…。でもラリーでは打ち負けることも出てくるくらいになっていたので、やっぱりボールを打つ数をこなすと、それなりになるのだなぁと思いました。そして同時に、数ゲームだから勝てるものの、ゲーム数が増えれば私の体力負けは歴然としているなと実感しました(笑) 私自身は、部活でテニスを覚えたわけではないので基礎体力は全くないし、今では走るのも大変だし(爆) でも昔とった杵柄と言いますか、小規模な試合だったけれども小さいトロフィーまで持っているので、あともう少しは親の貫禄を示したい気分です(^^;

私もちゃんと運動しないとだめですね。あと一年後、というよりあと半年後には負けることもあるでしょう。そうやって子供は親を乗り越えていくのですね…(しみじみ)

2005年8月17日 (水)

ころころ史:其の6:高校の寮との共通点

今日の話題はころころ史の続きです。もしまだご覧になっていませんでしたら、カテゴリー別記事一覧を参照してくださいね!

CSに加入して舞台以外の話を聞くにつれて、自分の生い立ちのなかで共感できるようなことがとても多いことに気づきました。上級生が厳しいこと、お掃除が大変なこと、女声コーラスなどなど。。。以下参照(笑)

厳しい上下関係 -女子高の寮生活-

 私が過ごした寮は校内の森の奥にあって、新宿より30分の地ながら冬の数ヶ月は万年雪(?!)も見れる所にありました。そして、上級生も下級生も皆「(名前)さま」と呼びあい、出かけるときは「行ってまいります」、帰寮時には「ただいま帰りました」と挨拶する生活だったのです。

 朝はお主婦さま(週ごとの当番)が鐘を鳴らしながら「起床のお時間でございます~!」と各部屋を起こしてまわり、寮生は皆、各掃除場所へ走っていかなければならいのですが、必ず上級生+下級生という組になるように当番表が決まっていて、下級生は大変な作業の方を担当しなければなりません。天井から吊るされている大きく重たい食堂のカーテンを一気にあけたら、大きなムカデが頭に降ってきたこともありました(/_;)

 お部屋の構成は、入寮している人数によって多少変動ありますが、基本は3年・2年・1年の3人部屋でした。夕食後は自習時間で10時以降は消灯時間のため、ほとんど無声音(ひそひそ声)でしか話せないのですが、唯一9時半~10時までおやつの時間はおしゃべりすることができます。でも、その時間もお部屋の3年生の意向で全てが決まり、「ダイエット部屋にする」ということになればお菓子も出せず、コーヒー・紅茶に砂糖も入れられません。「ホールでテレビを見る」ということになれば、他のお部屋のお友達とおしゃべりできるのですけどね。

 そして10時の鐘がなったとたん、1年生はお部屋の上級生のカップをお盆にのせて洗面所に走り、3年生のカップから丁寧に洗わなければなりませんでした。その細かい規律を守れない下級生は、上級生からお叱りを受けることになるわけです。 

 こんな生活をしていたので、「上級生と下級生の厳しい関係」とか「おそうじが大変」というのがなんとな~く理解できるんですよね。こう書いていると戦前のような感じですけれど、平成に入る直前の話なんですよ。やっぱり古くからある女子の教育機関ということで、どこか似ているのでしょうね。

女声コーラスクラブ

 私は中学の混声や高校の女声コーラスの経験があるので、やはり歌稽古の練習風景を見ていれば、自分がやってきた発声練習と同じだな~、やっぱり宝塚は女性コーラスなんだよな~と再確認してしまいます。クラブ活動とは比較にならないレベルであることも、その発声練習だけでよくわかりますしね。ダンスについては、うまい・普通くらいの見分けしかつかないので、自分のできなかった歌、その歌のうまい人に、どうしても見惚れてしまう傾向にあります。

と、こんなかんじで、いろいろ舞台以外の情報が入るにつれて、勝手に親近感が湧いてしまったわけです(笑)そんな頃に2004年正月を迎え、花組のエリザベートが放送されました。以下つづく…。

2005年8月16日 (火)

ロックハート城と塾キャンプ

この記事は去年の話ですが、今年も息子が塾の合宿(サマーキャンプ)に行ってきましたので、記録として残しておきたいと思います。普段1学年10人程度のクラスなので、一年に一度、他の校舎のお友達や先生と一緒に生活するのがとても刺激になるようです。

去年、へっぴり腰…ではなく(^^;ぎっくり腰になった名物先生は、”復活!天才の天才による算数講座”と、『復活』部分が追加になっていたそうで…。ご苦労様です。今年は第4希望の英語になったみたいだけど、西八王子校のおもしろい先生で、想像以上に楽しかったようです。しかし、「すっごいのどが渇いて、終わったとたん麦茶を飲みに走った」らしい(笑) その他にも、ゴンドラで山頂へ行ったり、花火やキャンプファイヤーをしたり、体験教室でそばや浅漬けを作ったりといろいろ楽しい企画も盛り沢山で、作った漬物はお土産として持ち帰ってくれました。今年は賞状を3枚もらってきたので、よくがんばったねと言ったら、本人曰く、ねばりにねばって一回で覚えたのだそうです。(覚えればもらえるものらしいのですが…(^^;) 

今年はロックハート城見学という日があり、何だろう?と思って調べたところ、ヨーロッパの古城が日本に移築・復元されていたのですね。私は全然知りませんでした。息子は、「おばあちゃんちでハリー・ポッターのDVDを見てたら、ロックハートって出てきたよ!」と興奮気味。それで調べてみたら、イギリスではスコットランド独立の英雄としてよく知られる名前のようなので、イギリスでは有名な名前なのかな、なんて思いました。ホームページで見ていたら、私も行きたくなってしまいました(^^;  小さいけれども雰囲気良さそうなんだもの(*^^*)

いいなぁと思ったのが、天然石つかみどり(^^;
ホームページに『オリジナルストーン占い』が載っていたので、つい試してみたところ、クリスタルと診断されました(*^^*) なんとなくうれしいかも…、ってグインサーガを読んでないとわからないですね(笑)

エディンバラといえば学生時代に行った事があり、リスが沢山いた町と記憶していますが、ちょうど私が訪れた頃から移築が始まったようで、なんかとても懐かしかったです。

今年のおみやげは以下の通り。
 草もち・チョコケーキ・野沢菜・野沢菜キムチ・濡れせんべい・こしひかり手打ちうどん・手作り浅漬け

この中で、チョコケーキは私の誕生日祝いのケーキになりました(*^^*)

2005年8月15日 (月)

iPod shuffleとビーズ

昨日、主人から誕生日プレゼントをもらいました。
この記事にも関係するのですが、iPod shuffleというものです。

ipod私が電気店で見ていた時はできるだけ安く、ということで6千円くらいまでのモデルしか目に入ってなかったため、おぉ~これは軽くておしゃれだわ~と、とても気に入りました。これで、1日5時間近くなる通勤時も楽しく過ごせそうです。さっそくいろいろ入れて、シャッフルモードで聞いています。ちょうど今は、宮内良さんのグインサーガクリスタル夜想曲(*^^*) 車や電車の中ではないので、お~こんな音が入っていたのね!とか、右・左から交互に音が聞こえる~などと、いかにいつもpoorな環境で聞いていたかがよく分かりました(^^;

あと、津田沼に宿泊していたとき、目の前にユザワヤがあるのにがまんしきれず、閉店間際にいろいろ買い込んでしまったんですね。2005_08創作はできないのでこれはキットですけど、安い割りに雰囲気が気に入ったので買ったものです。久しぶりに時間が取れたので作ってみたのですが、片方のチェーン部分を通し終わっていたのに全部抜けて撒いてしまったり(^^;、思った以上に時間を取られてしまいました~。子供らが一緒に拾ってくれたものの、犬の抜け毛も一緒に集めることになってしまって…(爆) 最近は娘の方が上手です。

つなぎ目部分を教えて!というリクエストがありましたで、そこだけ入れておきました。全体を公開、というのは著作権もあるかな、と思いまして…。
興味のあるかたは、こちらをクリックしてね。

2005年8月14日 (日)

祖父母宅にお泊り

私が出張していたこともあり、塾の夏期講習がお休みの期間中、息子だけ同じ都内の祖父母宅へ帰省しました。以下は息子の報告です。せっかくですので記念に書き留めておくことにしました。

「おみやげに持っていった『しまなみみかんジュース』で、寒天をつくった。
 ぷるぷるしたところはみかん味で、中身は桃が入っていたよ。」

2005「おじいちゃんが一番たくさんせみを見つけた。
 おじいちゃんがジャンプしたのに、あとちょっとで届かなかった。
 でもせみが逃げなかったから、木に登ったけど、取れなかった。
 ぱしってやって網に入ったんだけど、下におろしたら逃げちゃった。」

「問題です。木曜のお昼と、金曜のお昼と、土曜のお昼は何でしょう?」 (答え:麺)

「問題です。金曜のお昼は何でしょう?」 (答え:盛岡冷麺 at ファミレス)

「冷麺は、お野菜がいっぱいだったけど、キムチをおはしでつかんで
 ばーっとやってつゆに溶かして(つゆをキムチ味にして)、食べたよ。」

「飲み放題のドリンクもあった!スプライトと、あったかいココア。
 ココアは濃くて熱かったけどおいしかったよ。
 ○ちゃん(従弟)もココアをついできたけど一口も飲まなかった。」

「スイミングはめちゃめちゃゆっくり泳いだ。
 おじさんやおばさんが、クロールだったのにゆっくり泳いでいるから、
 平泳ぎなのに追いついちゃうんだよ。」
(温水プールに連れて行ってもらいまいした。大好きなプールで
 うれしかったことでしょう)

「○ちゃん、おもしろかった。ウルトラマンを見てね、次回予告で『ウルトラマン壊滅』って出たんだよ。そうしたら、『うるとらまん、解決~?』って言ってた(笑)。☆ちゃん(お母さん)も笑ってた。」

おじいちゃん、5歳の従弟と3人でサッカーをしたらしく、おじいちゃんまでたくさん走っている姿が動画に撮れていて、おお~っがんばっているなぁ~、すみませんねぇ~と思いました(^^; 迎えに行ったら、皆疲れている様子…。楽しかったようですが、一年に一回の大イベントというかんじだったようです。私の妹家族にもお世話になりました。本当にありがとうございました~!

2005年8月13日 (土)

春野寿美礼 in 誰ピカ

たけしの誰でもピカソ、ご覧になりましたか?
 
私は途中からだったので、”録画しているから、後で最初から見よう”と思ったのに、ついついヘッドホンで見てしまいました~。やっぱりだめですねぇ(笑) ちょうどキングコングのオーディションが始まるところからだったので、春野さんの最後のダンス(ミュージカル『エリザベート』の曲名)が一瞬写り、”おっ!もう歌ったんだ~後で録画の確認をしよう”と思いながら最後まで見てました(*^^*)
 
それにしても、キングコングの梶原さんが格好つけて帽子投げるたびに西野さんの顔面にぶつかるので、もう声を出して笑ってしまいました。おさちゃんが歌った最後のダンスの一部分を、振りつきで歌って、最後に渡辺真理奈さんへのお芝居もする、というのが課題だったのです。おさちゃんがやるとかっこいいのに、なんで同じ振り付けでお笑いになるの?!というくらい、おかしかった(笑) そしてその様子を笑っている春野さんも何度か写っていたので、わ~かわいいなんて思ってしまいました(*^^*)
 
版権の関係で普段エリザベートは映像で流れないため、かない長い時間放送されていたのにびっくり。そして、宝塚・帝劇のエリザベートだけでなく、いろんなミュージカルの映像も放映されていたので、うれしかったです。小池先生が演出している、9月の人見記念のコンサート練習風景も出ていましたね!博多に行く前に練習されていたのでしょうか。
 
そして巻き戻しての(比喩ですね、DISK内なので)最後のダンス。素晴らしい歌声でしたね~(*^^*) うっとり。。。 その前の井上芳雄さんの歌も良かったけど、わ~~トートとルドルフでは格が違う(井上ファンの方すみません!井上くんは好きなんですよ)と思ってしまいました。CDで持っている春野さんの最後のダンスはトップお披露目公演のものですから、その頃よりもっと艶があるというか、主演を重ねてきた後の余裕を感じさせる歌だったと思います。 半年前の姿月あさとさんと井上くんのデュエットには鳥肌が立ったので、今回も二人で歌って欲しかったなぁ。。。
 

2005年8月12日 (金)

大台突入!

本日は大台突入の誕生日です(笑) 干支は確か、中島梓(栗本薫)さんと同じはずだったと思います。

今でも鮮明に覚えているのは、はたちの誕生日かな…。高校・大学時代は、親と離れて暮らしていたので、夏休み中の8月はいつもアトランタに帰省(?!)していたんですね。ですから、アメリカでテレビのニュースを見たら、あの飛行機事故を放送していたのです。外国のニュースなのにもかかわらず、かなり長い時間をかけて放送していたので、意味が全然分からないながらも(^^;大変な事態が起こったのだ、ということは理解できました。

あとは、今ではとても考えられないけど、「誕生日の夕飯は何がいい?」と親に聞かれて「大きなステーキ!」と答え、食べきれない大きさのTボーンステーキが食卓にのったことでしょうか(笑) アメリカサイズで、さすがに食べきれなかったと記憶しています(^^;。その当時、ステーキならほんの少量のヒレでいいわ、と親の言っていた気持ちが、今ではよくわかりますねぇ…。

ただ、大台と言っても、別に悲しいとかいやな感じはしません。若い時にも戻りたくないなぁ…。きっと自分の中で、自分の通ってきたその時代・時代は、悔いはあるのかもしれないけど、それなりに目一杯頑張ってきたと感じているからかなぁ…なんて、あらためて思いました。やっぱり、3歳・0歳児を抱えて、2つの保育園をめぐりながらFull Timeで働いていた時が一番大変だったかな。でもそれを抜けた今、子供たちも育ってくれているという満足感があるから、戻りたくないのかもしれませんね。

さて、今日でホテル住まいも終わって、来週からは時々片道2時間半かけて通勤です。
もうすぐ誰ぴかが始まるので、ちょっとワクワクです(*^^*)

2005年8月 9日 (火)

ヤーンの朝 (グイン103巻)

本日は津田沼に宿泊中。駅の周りには本屋さんが沢山あるので、きのうから発売をチェックしていたのですが、今日になってヤーンの朝(グイン・サーガ103巻)をゲットしました!
 
その本屋さんで、ちょっと不思議な気分になってしまった私。 実は、102巻”火の山”と103巻”ヤーンの朝”が並んでいるのを見たとき、「あれ?私はヤーンの朝って読んだんだっけ???」と思ってしまったんですね。この5月にニフティサーブのパティオサービスが終了するまでは、次のタイトルを当てるクイズを開催していたので、この題名を既に知っていたということもありますし、最近は月刊だったので一回さ~っと読んで終わりになってしまったものも多く、余計にそう感じてしまったのかもしれません。
 
栗本薫さんご自身が、あとがきや神楽坂倶楽部でお話していますから、この”タイトル当て”があったことはここで書いてもよいと思うのですが、どこまで書いてよいものやら…と悩むところではあります。ただ、私は98年夏からグインだけで40巻以上、ずっと関わってきたんですね。このタイトル当てに。。。 ですから、あと一巻分しか先が分からない…と思うと、なんだか寂しさを感じてしまいました。
 
ちなみに、この武蔵野・菫館というブログの名前は、このパティオに参加していた時の記念の名前でもあります。ブログを始めた当初から、宝塚と栗本薫さんについて書こうと思っていたものですから(今は宝塚の方に比重が移ってしまっていますが(^^;)、参加していたときにいただいた名前と宝塚のシンボルのすみれから取ってみました。
 
ということで、これから新刊を読むのが楽しみです(^^)/

2005年8月 8日 (月)

CS:春野S[es]ディナーショー

以前、友人から見せてもらったファンクラブの冊子に、この2002年の春野寿美礼ディナーショーの様子が掲載されていて、前々から一度見てみたいなぁと思っていました。放送されるのをずっと待っていたので、8月の番組表を見た時はとてもうれしかったのを覚えています。私が宝塚を観劇し始めるようになる半年ほど前。大劇場でのエリザベート公演を終え、東京に来る前の年末に開催されたようですね。

最初の歌が終わったあとに春野さんの挨拶となり、「S[es]が意味しているのは…(ちょっと長めの沈黙)…。皆さん、何が言いたいかお分かりですね。はい。つまりは…そういうことです。はい。」 というコメントをされていらっしゃいます。私は栗本薫さんの大正浪漫(大導寺シリーズ)を読んでいなければ意味がわからなかったでしょう……きっと(笑) 寿美礼のS,ディナーショーの男Sという表の意味だけでないのだわ(*^^*)と最初から引き込まれてしまいました(笑)

冒頭のCalling Youは圧巻。 そして始まってすぐに、後半の客席へのプレゼントにつながる『歌の指導コーナー』があるのですが、先日お茶会に行ったことで、その客席の様子がすごくリアルに想像できてしまいました(笑) ステージから降りて客席を回るので、こっちに来てほしいな~という熱い目線を…(爆) サイン入りポスターをもらうために一生懸命踊ってアピールしたおじさまに素で笑って「私より目立ちましたね!」と握手していらっしゃり、とてもなごやかな雰囲気を感じました(^^)/ 

この中でヒットだったのが、未涼亜希さんでした。「最近キザさのアップしてきた…」と紹介され、客席の歌稽古の時に、とても簡単な振り付けを格好をつけて踊りまくる姿が素敵(笑) よく自分で笑わずにあそこまでできるなぁ~と妙に感心してしまいました(^^;  天の鼓の時など、落ち着きと歌唱力ですばらしい演技を見せてくれていますが、この楽しい雰囲気もいいじゃないと思いました(^^)

ディナーショーの最後、The Winner Takes It Allを春野さんがさわやかに歌いあげているのが印象に残っています。この頃の歌い方の方が素直な発声のような気もしますが、最近の方がもっと思いがこめられて いるようなかんじでしょうか。。。 最後の言葉にもありましたね。「こうして舞台にいるのに、台詞ではなく自分の言葉でしゃべっているというのがとても新鮮です。でも歌の歌詞や台詞でも、思いのある言葉を口にしていきたいと思います。」 その通りですね。

昨日の記事にも書きましたけれど、このようなショーを生で見ることができるのだわ、と思うと楽しみです!

2005年8月 7日 (日)

プレリザーブは最後列で当選

毎回毎回、○あプレリザーブのお知らせが来るたびに申し込んでいるのに、今まで一回も当選したことがありませんでした。でも、今回初めて第1希望S席、第2A席、第3B席にしたところ、なんと最後列で当選(^^; そんな後ろで見るのは初めてだけど、電話をかけ続ける努力をせずに千秋楽が見れるのですから、よしとしなくちゃですね。CSのニュースで放送される千秋楽の挨拶を直接見ることができるなんて…感涙です(爆)

あっそういえば、何を申し込んだかを書いていませんでしたね。これは梅田芸術劇場の方ですが、I got musicのポスターが載っています。その上、まっつ(未涼亜希)・みわっち(愛音羽麗)という若手ホープの中でも歌のうまい人たちが出演するということで、とても楽しみです。もちろん、最近お気に入りの桐生園加さんのダンスも、ですね。

このコンサートの演出は小池修一郎先生で、宝塚・帝劇のエリザベートの演出家でもいらっしゃいます。その関係もあってだと思うのですが、今度の金曜日、私の誕生日にたけしの誰でもピカソに井上芳雄さん・春野寿美礼さんと一緒に出演なんですよね。そういえば、9月は初めて井上くんルドルフを見れるのだわ(*^^*)

短い期間のコンサートとはいえ、私にとって初体験の千秋楽です。オペラを忘れないようにしなくっちゃ~(^^;

2005年8月 6日 (土)

デジタル Audio Player

USBメモリーを使った携帯型音楽再生機器、とでも言うのでしょうか。数ヶ月前までそんなに小さいオーディオがあるなんて知らなかったのですが、主人がアメリカ出張用に買ってきて、私は初めてその存在を知りました(^^;

その時は全く興味がなく、私は通勤の車くらいしか聞く時間がないわよ、と思っていたのですけれども、今回の出張では千葉までの2~3時間がとてもヒマなんです(笑) それで、大型電気店へ行ってそのオーディオのラインナップを眺めていたんですが、結論は『たった一ヶ月の移動のために一万円もこづかいは出せない、だんなから借りよう』ということでした(爆) 9月の観劇ラッシュに備え、おこづかいを貯めなければならないのです…(^^; でも考えてみたら、帝劇一回分でかなり良いものが買えるのだから、観劇って高いですよね。

使ってみて、とても軽いし、頭出しも簡単で、おお~っ私は遅れていたのだわ(爆)と感じました。普段電車に乗らないので吊り広告も物珍しいし、その携帯オーディオを下げている若者やサラリーマンも多く、ふ~んと思うことが多いです。

そしてその中に入れた曲は、もろに『今の好み』が反映されております(笑) 宝塚フォルダーには、花組のライブCD3枚からの抜粋や花エリザの主題歌集、そして先日買ったばかりの高橋城作品集からは心の翼やブラック・ジャック、サザンクロス・レビューなどかなりの数を入れました。中島梓フォルダーには、グイン・サーガ、天狼星、黄昏の名探偵のCDから抜粋、帝劇フォルダーには山口版エリザベートのライブ録音などなど(笑)

移動時間は普段より疲れるのですが、就業時間にオーディオを聞いている、と思うだけでちょっと得した気分です(*^^*)

2005年8月 5日 (金)

塾の合宿

今日は12時までにアップできなかったのですが、姑息な手段で1時間ほど時間をずらして投稿します(^^;
 
今朝から、息子が塾の合宿に出かけました。
「塾の合宿」とは言っても、4・5年は朝~午前中と夜しかお勉強はせずに、ハイキング、自分の希望するそば打ちや陶芸などの体験コース、キャンプ・ファイヤーと、サマーキャンプに近いものなので、とても楽しみに出かけていきました。
 
去年初めて参加したのですが、迎えに行った時におもしろいことを言っていたので、それを書き留めておこうと思います。
 
寝相
息子「毎日、朝起きるとベッドの下で寝ていた。すごいんだよ。落ちても起きなかったよ。」
母 「それって、すごいの…?(^^; 」
 
宴会
息子「毎日”宴会”をしたよ。」 
母 「え?」
息子「うん、ジュース飲みながら、立川校の友達とUNOしたの。」
 
むなしく?
息子「夜の授業が急に取りやめになって、大花火大会になったんだよ。4年・5年が遊びに行く時も、6年は”むなしく”勉強してた。」
母 「そうだったの。受験生は大変だねぇ」
 
へっぴり腰
息子「その花火大会で女の子が先生にとびついたら、先生が”へっぴり腰”になった。」
母 「え?何?」

…(頭の中ははてながいっぱい)……

母 「もしかして…、ぎっくり腰?」
息子「あ、そうそう!!」

去年のおみやげは、体験コースで作った野菜の浅漬け、濡れせんべい、
自分用には野沢菜キムチ、ゲートレードのジュースなどを買ってきた息子。
さて今年は何を買ってきてくれるのかな。

2005年8月 4日 (木)

千葉総体

今朝は、高校総体に参加するらしい高校生がたくさん、学校の名前が入ったユニフォームを着て総武線快速に乗っていました。私は一ヶ月ほど前に千葉県内のホテル難で知ったんですが、ホテルの受付のお姉さんから「その期間中は”そうたい”があるので予約を受け付けてなんです。」という言葉を聞いて、最初はそれ何?状態だったのです(笑) そのような高校生の全国大会があるのですね。音楽系クラブでしたし、公立中学から女子高へ行ったので全く知りませんでした。
 
でもその様子を見ながら、私は男子高校生って知らないのだわと思い、物珍しげに観察してしまいました。女子大時代はいろんなサークルで交友があったものの、変わる時期を知らないのですよね。マスコットをリュックにつけた、ちょっと童顔の男子生徒を見たときは、うちの息子はこんな風になるんだろうか…なんて思ってしまったり(笑)
 
でも総体に出るくらいですから皆筋肉のつきかたがよろしく、”さわやかな体育会系”の子が多かったと思います。学校の名前が大きく書かれたものを着ているせいか、お行儀も良かったし。でも、朝でまだ汚れていないユニフォームだったから小奇麗だったのかもしれませんね(^^; 暑いけど頑張ってね~と思いながら、私はある駅で降りてタクシーに乗り込み、出張先へと向かいました。

2005年8月 3日 (水)

三井住友VISA Cardと地震

 
この三井住友VISAカードは、春野寿美礼さんがイメージガールになっているクレジットカードですね。私はそれまで、会社に設置されているキャッシュ・ディスペンサーがみずほなので、それに関連するカードを使っていましたが、去年「今ご入会で花組チケットをもれなくプレゼント」のキャンペーンにまんまと釣られ、今はそれをメインカードとして使っています。
 
なぜ乗り換えたのか(爆)
それはずばり、前から3列目のチケットと寿美礼さんのサインを頂けたからでしょう(^^;
ヘルプデスクに、東京花組が取れているでしょうか?などと確認の電話をかけた時も、丁寧に対応していただけたので、その印象が良かったこともあります。
 
しかしながら、その花組公演当日、その公演の最中に中越地震が勃発し、東京でもかなり揺れました。ミラーボールがゆさゆさ揺れ、前の席だったのでオーケストラボックスの人が危ない!!と思ったくらい。。。 ちょうどTAKARAZUKA舞夢の水さんのナルキッソスの場面で、声を立てないまでもざわつく客席の中、私は隣がSS席という3列目に座っていたので、ここで火事が起こったら逃げ遅れる…と、初めて地震で恐怖を感じたのを覚えています。
 
結局大事はなかったものの、ショーは20分ほど中断して点検作業が行われました。セリなどあぶない装置が多いですから、その時は「充分に点検してください!」という気分でした。ショーが再開されたあとも、揺り返しが何度もあり、出演者に照明が当たらないこともあるくらい…。後から聞いたら、新潟から観劇にいらしていた方などは、その中断の最中に帰途に着いたと聞きました。一刻も早い復興をお祈りしています。
 
とまぁ、今でも鮮明に覚えているVISA貸切公演となったわけですが、その一ヶ月後くらいに、一人で家にいるときに宅急便が届いたのです。私が一人で家にいるなんて、とても珍しいことだったんですが、娘が部活、息子が塾、主人はまだ会社で、私が夕飯の支度をしていたんですね。「VIP扱いのお届け物で~~~す!」と見慣れた配達員のお兄さんが届けてくれたもの。何だろう?と首をかしげながら開封してみたら、それはなんと、春野寿美礼さんのサイン入り色紙だったんです!! もうその場でへなへなと座り込んでしまいました…(爆) その期間に入会した人の中から抽選で当たったようなんですが、”今年の運を使い果たした”と思い、そして同時に心の中で「メインカードにさせていただきます!!」と誓ったのでした(^^;

2005年8月 2日 (火)

旅行の準備と癒し枕

昨日の早朝、娘が菅平で行われるテニス合宿に出かけていきました。
 
行く前に「Tシャツが足りない」「スコートが一枚しかない」とさんざん騒いだので、7月30日は誕生日だったこともあり、珍しく母・娘で立川までおでかけしてきました。テニスウェア上下と歌謡曲のCDを、両祖父母からもらった誕生日祝いで揃えたので、その分で駐車場が2時間無料となりラッキー(笑) その時間でお昼も伊勢丹で食べてきました。娘は五目あんかけ焼きそばが気に入ったみたいでしたが、私はふかひれ入りラーメンとジャージャー麺のミニセットがおいしかった(^^; 前日に、もうすでに回転寿司で誕生日のご飯は済ませてしまったので、ケーキだけ買って帰ろうということになり、地下を歩いて見つけたのがトップスの抹茶ケーキだったんです。中2にしては渋い選択だったかもしれませんね(^^;
 
そうやって出かけたのは昨日のことですが、明日からは私の宿泊出張が始まります。その上、息子ももうすぐ塾の合宿に出かけるため、今日中に準備をほとんど済ませておかなくてはなりません。それで、今日は『息子とおでかけの日』となり、文房具から5日分の洋服・おやつまで、次々とお店を回りました。
 
pillowおととい、下着を買うために安売り店へ行った時、娘がピンクのうさぎクッションを見つけてしまい離さなかったんですね(^^; 。小さい頃のようにおねだりされので、お父さんはついつい「いいよそれなら」と言ってうさぎ枕を買うことになりました。お姉ちゃんが出かけてからは、そのうさぎ枕がお気に入りの息子。。。娘が帰宅したときにもめるのは目に見えているので、ここはお留守番をがんばるのよ、とついつい母も甘くなってしまい、今日は同じ種類のたぬき枕を買うことになってしまいました(笑)
 
先ほどやっと母・息子共に準備が終わり、ホッと一息ついたところです。でもほんと気持ちいいんですよ~、この枕(笑)
 

2005年8月 1日 (月)

CS:博多座稽古場風景

明日は博多座で、花組公演の初日ですね。お稽古場風景を見て、トップ二人は変わりないのに何でこんなに雰囲気が違うの?!とびっくりしましたので、ちょっと書いてみることにしました。公式ホームページによると主な配役は以下の通りです。

  樹里咲穂(レオン)   →彩吹真央
  彩吹真央(クリフォード)→未涼亜希
  蘭寿とむ(ギュンター) →愛音羽麗
  遠野あすか(イヴェット)→華城季帆
  華城季帆(ファティマ) →華耀きらり

稽古風景を見た私の感想としては、イメージのあまり変わらないレオンに比べ、ギュンターが一味違うように思いました。愛音さんが、純粋なイズメルからどのように変身するのか楽しみです。あと、この方誰?と思ったら華耀きらりさんでした。レオンと絡んでいたので、抜擢ですよね。私は、花の娘役の中では華城さんと一花さんがお気に入りなので、華城さんのイヴェットに期待かな~なんて思っています。

リュドヴィークの新曲もありましたし、博多は本公演とかなりイメージの違う公演となりそうですね。ご覧なれる方がうらやましいです!CS放送は、一年後くらいかなぁ…(/_;)

ショーの方は、ユミコさんのアドリブも音楽にぴったりで、皆のりのりでした。一年前の天使の季節はアドリブ満載でしたから、お手のものなんでしょうね。

 春野(エトワール)
   「みんな、今日がお稽古最後よ。自信を持ってお届けしましょう~。」
 彩吹(コメディアン)
   「お~っと今日はテレビカメラが来てる。宣伝しよ~っと。(カメラに走り寄る)
    え~っとCS放送をご覧の皆さま、博多座に是非お越しください。
    みんなで待っていまぁ~~~す!」

樹里さん・蘭寿さんのショーの出番は、若手の持ち味を活かした配役となっており、私はその中でも猛獣使いのシーンが楽しみです(*^^*) これからご覧になる方もいらっしゃるので、誰かは書かない方がよいかしら(笑)

春野さんの「It Don't Mean A Thing」「愛しかない時」は相変わらず素晴らしい声の伸びで、おお~っと思いましたよ(*^^*)。マイクつけてないのに…すごい。歌がメインの、9月のコンサートがホント楽しみですね。なんて書き留めているうちに、あの最後の一瞬は何?とびっくり(爆) 銀橋を渡ったつもりで歌い終わった後、ニュース用のカメラに向かってウィンクしていらっしゃいました(^_-)-☆ 余裕ですね!(笑)
 

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »