2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の記事

« 閉店間際のデパート地階 | トップページ | 金木犀の季節 »

2005年10月 7日 (金)

初めての女性専用車両

    昨日は初めて女性専用車両に乗りました。

lady-keio     京王線というと、物心ついた時から利用しているので、幼い頃は「一番えらい電車」だと思っていたのですが、少し大きくなって小田急線の方が長いと知った時はショックを受けました(笑) でも今は、大雪でも止まらない、なかなか良い路線だと思っています。

    そうは言っても、大学時代は身動きのとれない満員電車に、ほとほと嫌気がさしていたのも事実です。特に特急に乗ると丸々10分間は手も動かせないほどの状態で、痴漢に会うとどうやっても逃げることはできませんでした。あまりに頭にきて、ひとごろし寸前になったこともあるくらい。ドアが開いた時に思いっきり突き飛ばしたら、酔っ払っていたらしくホームの向こう側までよろけて行って、落ちそうになったんですよ。ヒールで踏むのは間違える危険大なので、いつも爪をひとつ鋭利に切っておいて、つねって撃退していました(^^;

    今となってはそれも遠い昔。今は始発に乗れるのでどの車両でもよかったのですが、乗ってみてやはり、若い娘さんには安心かしらね、と思いました。今日はなんだかとってもおばさんな日記だったわ~(笑)

« 閉店間際のデパート地階 | トップページ | 金木犀の季節 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

どこがおばさんなのですか?
撃退方法を知っている、カッコイイお姉さんのお話に聞こえますけれど(^-^)
働いていた時、すぐ上の先輩がしょっちゅう痴漢を逮捕させていました(駅員さんに突き出すのかな?)。ある日、おとなしめの別の課の女の子も同様のことをしたとかで、驚きが走りましたっけ…。当然のことなんですけれどね。

私も。現在は毎朝女性専用車両に乗ってます。
7人がけの椅子に7人ちゃんと座れるのも良いですw
(尤もたまに確信犯なのか、知らずになのか
男性が一人乗り込むことがあって
周囲の冷たい視線や車内アナウンスに気づかず?
終点までそのままの時がありますが…)

学生時代は丸の内線で池袋→茗荷谷間
雪穂さまと似たような体験は多数(-"-;
最初の頃こそ、どう対処すればいいかが判らずに
呆然としておりましたが
だんだんに私もきっちりとケジメを(笑)

>>若い娘さんには安心かしらね
安心が過ぎるのか、時折私が赤くなるような光景も…
女子高の休み時間を彷彿orz(おばさんてき発想…w)

雪穂サンもほかのレスの皆様もみんなかっこいい!
一番いやなのは「痴漢に遭っちゃったぁ」と人にふれてまわるのに撃退もしない人。
そういう女がいるかぎり痴漢はこの世からなくならないノダ。
私は....ホームに蹴り倒したことが2度ほどですが、ほほほ。
そもそもラッシュの経験があまりない。池尻大橋ー渋谷に乗ってましたが乗車率200%。
たった一駅だとさわる余裕もないようでした。

皆さま沢山のコメントありがとう!
これだけ皆さまがいろんな体験を持っているということ、それ自体が今の女性専用車両登場につながっているんだなぁ~とあらためて思いました。

>藤娘さま
だって、若い子にはいいかも~って、まるで傍観者でしょ(笑)
私が被害に会っていた頃は、逮捕させるって考えはなかったかも。今はだいぶ意識も変わってきたんでしょうね~。

>恵さま
そうそう、私も女子高時代を思い出したわ。短いワンピースがずれて、下地が見えている状態で熟睡しているのを見てね…(^^;
恵さまはどうやってケジメをつけたの?(笑)

>たまさま
だいぶ前のたまさまを知っているから、蹴り倒したところが想像できて、思わず笑ってしまった(^^; 
私が今の会社を選んだのは、満員電車に乗りたくない一心だったかも。(下り方面だったのよ~(笑))

ブログ上は、一応公共の場となっておりますので、皆さんはもっと責任のある言動を心がけるべきではないでしょうか。

>男さま

ご不快を招くような文章がごさいましたようで、それにつきましては、本当に申し訳ありませんでした。

ただ…。ここで、冗談めかして書いていることは、公共の場で言えるぎりぎりの線だと思っております。30年近く経ち、少しは怒りをぶつけるのではなく、このように客観的に書いておりますが、今でも当時の気持ちを思い起こすと、こうやって書いていても手が震えてきます。

実際の痴漢の状況は、とても公共の場で書けるようなものではありませんし、私の本当の恨み・屈辱感・やり場のない怒りは、この100倍あると思っていただいて間違いございません。30年前、痴漢行為から逃れようと力を振り絞ってもどうやっても逃げられない、叫びたいのに声も出せない、そんな状態の人が実際にいたこと。そして露出狂犯の場合、さらに最悪な事態になっていたこと。それだけは申し上げたく思います。たぶん、普通の感性を持っておられる一般の男性からは、痴漢の実態は想像できないのではないか…と思いました。

今、私は女性専用車両を使わないようにしている方ですが、きっと、私が昔感じていたのと同じ声が大きくなって、この車両実現につながったのだろうなぁ…と、そう思った記事でした。でもその一連の流れが、ご不快を招いたのであれば、それに対しては謝罪したいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/6296768

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての女性専用車両:

« 閉店間際のデパート地階 | トップページ | 金木犀の季節 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ