2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« CS:メラッコリック・ジゴロ | トップページ | 久しぶりで最後のサッカー? »

2005年10月22日 (土)

ころころ史:其の9:息子と初の花組観劇

今日の話題はころころ史の続きです。もしまだご覧になっていませんでしたら、カテゴリー別記事一覧を参照してくださいね!

帝劇で上演されていたエリザベートを観て、もちろん演目にもはまったのだけど、それだけではないのだ、演じている本人にはまったのだ、ということを自覚した私…。それなら友の会の抽選には落ちたけど、その時東京宝塚劇場で上演していた花組公演をどうにかして観に行こうと思い、初めてチケットをインターネットで購入しました。公演中だったこともあり、急に行けなくなった人のチケットが定価で売りに出されているのを見つけたのです。

でもその日は息子と二人でお留守番の日だったので、息子を説得しなければなりませんでした。もともと、私がビデオを見ていても一緒に見るのは息子、テレビを見ながら一緒に歌って踊っているのも息子だったので、一回観てみようよ、そしてその後に、とびきりおいしいラーメン屋さんに行って坦々麺を食べようと誘ったら、すんなりと『いいよ』と答えてくれたのです。そんないきさつがあって、晴れて花組を初観劇できる運びとなりました。

忘れもしない2004年5月1日(土)、花組千秋楽の前日でした。お昼前に東京宝塚劇場に到着し、大人の女性がほとんどで一瞬びびった息子も、休日で他にも男子小学生がいるのを見つけて安心したようです。入り口横のカウンターへ座布団をもらいに行ったら、「130cm以下のお子さんになります」と言われ、ちょっと見にくいなぁと思っていたのですが、軽食を座席で食べていたら座布団を持ったスタッフの劇場スタッフのお姉さんが現れ、どうぞお使い下さいと言ってもらえて感謝感激。2階S席の一番後ろの列でしたので、後ろは通路で心置きなく観劇することができました。

その時の公演は3部構成。日本舞踊で春日野八千代先生が出演していた『飛翔無限』、西洋もののコメディで、主演の春野寿美礼さんが90歳の国王と青年の2役を演じた『天使の季節』、そしてショーの王道という感じの『アプローズ・タカラヅカ』でした。ショーの頃になると、だんだん飽きてきて、もじもじと動く息子をなだめつつ、初めて見る生の春野さんの姿と響き渡るその歌声に圧倒されていました。劇場で見た宝塚の公演としては、その時が5公演目だったのですが、そんな一点集中の観劇をしたのは初めて(笑) 最後は、「この公演を息子がぶち壊してはいけない…」となだめるのに必死でしたが、無理してでもここまで来て良かった!と思える公演でした。

最後にちょっぴり拗ねた息子も、坦々麺を食べたらすっかりごきげんになって、小さい公園で鳩を追いかけて遊んでから帰宅。お風呂に入る頃には「あ~~~♪、たから~づか~♪」と飛翔無限の歌を口ずさんでいました。私も、半分夢見心地、後の半分は何事もなく都心まで子連れで往復できて、ホッとした気分の夜でした。

« CS:メラッコリック・ジゴロ | トップページ | 久しぶりで最後のサッカー? »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

ごめんなさい>藤娘さま
2重投稿になって削除したら、コメントのある方が消えてしまいました…。ここに、掲載しなおしておきます。

--------------------------------------------
私も子連れで都心へ行くと、食事はどこでとろうとか、自宅に帰るまでの体力は残っているかしらと心配になることがあります。

長女と次女とでハプニングが1回ずつありましたし(^^;)
次女を初めて宝塚観劇に連れて行ったのが小学1年生の時で、ソワレだったのですが、オットが車で迎えに来てくれた時には天の助けかと思いました。

子供が小さいからこその、ちょっと心配だけど楽しい思い出となるのでしょうね(^^)

藤娘
--------------------------------------------

>藤娘さま
心配だけど楽しい思い出、って、本当にそうなんでしょうね~。

息子は懲りずに、半年後梅田で一緒にエリザベートを見ましたが、その時は大丈夫でした(^^;

今も一緒に観劇していらっしゃるの?

雪穂
--------------------------------------------

二重投稿とか削除に全く気付かずにおりました。ご配慮、ありがとうございます(^^)
次女や長女、たまにしか連れて行けませんが宝塚観劇、続けています。最優先は私とオットなので(^^;)、2の次3の次くらいで連れて行くのですが……。
宝塚以外のミュージカルに息子を連れて行ったことが何度かあります。その息子も宝塚を1度は観たいと思い始めたらしく……家族5人でけん制し合う異常事態となっているんですよ(笑) チケット難で困ります。

>藤娘さま
いえいえ、昨日の夜直そうと思って失敗したらしいです(^^;
まぁ、5人でチケットを取り合うとは…大変ですね(^^) それも、大劇場でなく東京宝塚劇場ならなおさら。
それにしても、ご主人と一緒というのはうらやましいです!(ん?でも私は、一緒じゃない方が心置きなく壊れることが可能?(笑))

うふふ、かわいいね。

>ずみさん

ありがとうheart

でも、よくこんな記事を見つけたねぇ(笑) 私自身、読んでいて懐かしかったわ。
第一次花組ファン時代の、一番最初の観劇なの…( ´艸`)プププ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/6519641

この記事へのトラックバック一覧です: ころころ史:其の9:息子と初の花組観劇:

« CS:メラッコリック・ジゴロ | トップページ | 久しぶりで最後のサッカー? »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ