2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 回転寿司屋で見たもの | トップページ | アル・ハムくん »

2005年10月17日 (月)

塩豚と白菜の煮物

白菜の美味しい季節となってきたので、今日はこの塩豚と白菜の煮物です。

これはその昔、中島梓さんより教えて頂いた塩豚をベースにしているのですが、もう5年以上経つのにうちの定番料理となっています。子供からもリクエストが多く、出すととっても喜ぶので重宝しているメニューのひとつです。塩豚とはこちらで作り方は紹介されていますが(ちなみにリクエストしたのは私(^^;)、私は豚バラの塊肉が100g100円を切ったら買い込み、塩をまぶしたあと、出た水分を吸収するためにペーパータオルで巻いて、それをラップでくるんでから冷蔵庫に入れておきます。すると、燻製にしていないベーコンができるんですよ。

この下で紹介しているレシピは、同じ材料で作るのに、なぜ塩豚にしておくと”こうも違うのか”と思うくらい、なぜか白菜+豚+調味料としての塩+酒とはまるっきり違う出来上がりになるのでびっくりですよ!是非お試し下さいね。 (2008/6/30追記:Cookpadにてこのレシピを公開中です。作り方はこちら

solt_pork1.jpg(1)鍋に日本酒を100mlくらい煮立てる。
(2)スライスした塩豚を入れる。
(3)白菜の芯に近い方をザク切りにして入れる。
(4)葉の部分も鍋のふたがしまらないくらい沢山入れる。
(5)蒸気密閉型の鍋なら、最初は強火、そのあと弱火で15分くらい煮る。
  (もし蒸気が逃げるタイプであれば、少し水を入れておくとよい)

« 回転寿司屋で見たもの | トップページ | アル・ハムくん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

塩豚って本当にそんなにお手軽に出来るものだったのですね。
ベーコンと白菜の組み合わせでよく煮ていましたが、今度は塩豚で作ってみます(^^)

>ユウ・Kさま
ベーコンもおいしいですよね~私も好き(*^^*)
また違った味わいなので、是非お試し下さいね!

塩豚もイタダキ! いつもレシピ情報役立ってます。
最近、傘みたいになってる蒸し器を買ったので、髭を取ったもやし+豚コマを蒸して、ポン酢で食べてます。本当にラク。
それをこの塩豚でやってもおいしいだろうなと一瞬思ったけど、でも勿体ないかな。やはりこの、白菜との煮物が王道な気がする。ユウ・Kさんのベーコンも試したいですわ。

私は、たこ糸で縛った豚ブロックで「煮豚」をよくやってます。調理時間は長いけど、自分がすることは5分足らずというラクさにつられて。博士なべでほったらかしておきます。

>たまさま
ちゃんと髭を取っているなんてすごいわ!(^^;
ポン酢で思い出したけど、これも塩が足りない時はポン酢をかけるのよ。
煮豚はしばらく作っていないなぁ…。『博士なべ』って何?

一昨日バラ肉を仕込んで、今日、雪穂さんのレシピで「塩豚と白菜の煮物」を作ってみました。
ホント!一味も二味も違いますね。
これは定番レシピにイタダキです!
ありがとうございました~~(^^)

>ユウ・Kさま
良かったわ~。私は最初、塩豚を入れすぎてしょっぱくなってしまったり、白菜が多すぎて味がなかったりしました(^^;
味を薄めに作って、ポン酢をかけるのもお勧めです(^^)/

このページをプリントするために再訪!
この週末、塩豚寝かせていました。
これから煮物です。ありがとう。

博士なべは、2つで1セットのなべ。早稲田の理学博士が考えたみたい。
内側がなべで、外側はそれをすっぽり包む魔法瓶のような感じ。
煮立つ寸前のなべを魔法瓶なべに入れると、80度前後でじっくりと熱や味をしみさせることができるのね。
芋など、大きなものに完全にガスで火を通そうとすると時間も熱量も食うし、味が荒れるでしょう。博士なべだとそれがないの。朝作って生煮えのまま入れた肉じゃが、夕方にはちょうどいい頃合いで、ぬくもりもあります。

>たまさま
保温調理器ならうちにもあるわ。
クリームシチューのジャガイモが煮崩れしないよね。そうか~もともとその方が発明したものだったのね。

長々しい説明不要だったね(^^)

塩豚の煮物大成功!
自分の手柄というより、とにかく塩豚自体がおいしい。塩加減などの要領も今回つかんだのでまたつくる。
夫もおいしいっておかわりして食べた。
塩は道場ろくさぶろの塩(^^;)

このレシピありがとう!

>たまさま
よかったわ~。
好評と聞くと、書いたかいがあったなぁと思うわ(*^^*)
報告までしてくれて、どうもありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/6446654

この記事へのトラックバック一覧です: 塩豚と白菜の煮物:

« 回転寿司屋で見たもの | トップページ | アル・ハムくん »