2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« ほうれん草の海苔あえ | トップページ | 初めてジェンヌシールを貼った »

2005年11月17日 (木)

二輪車のトラウマ

今日はちょっと暗めのお話。昨日の記事で海苔和えを書いていたら、その頃のことをいろいろ思い出してしまったので、少し書いておこうと思います。このブログは、書き溜まったら記念の冊子にしておきたいなぁと思っていて、レシピなどは息子や娘が将来結婚した時に”作れるものがあったら作ってみな”くらいのノリで見せれたらいいなぁと思って書いていますが、それと同時に親がこんなこと思っていたと、後で知ってくれればとも思っているので、ちょっと二輪車についてもふれておこうと思います。

前に富士急ハイランドの記事にも書いたように、私はスリル感のある乗り物が小さい頃から大好きだったので、私の父は大きくなったらバイクを乗り回すことになるのでは…とひそかに心配していたそうです。でも大学生の頃になると、オープンカーで風に吹かれて髪が乱れるのはきらいだったし、車を運転するようになって暴走2輪車に辟易していました(^^;

それだけなら単にきらい程度で済んだのですけれど、実はこの海苔和えにめぐり合う数日前、出産の前日に、斜め向かいに座っていた同僚がバイクの事故で亡くなりました。私は一人目が帝王切開だったのに二人目は自然分娩を希望したので、数日前から入院していつでも手術に切り替えられるよう万全を期して出産に臨んでいましたから、私には知らされていなかったんですね。無事出産を終え病室に戻って落ち着いた頃、主人が泣きながら「おまえには知らせていなかったけど、明日葬式に行ってくる」と言って出て行きました。その日は、大任を果たして興奮していたのと、この急な知らせが重なり、鎮静剤を処方してもらうことになったのを覚えています。 同僚の死というだけでなく、息子を産んだばかりの母として、息子の死を知らされたご両親の胸中を想像してしまってしまったものですから。。。

生と死が同時期に私の周りで起こった、そんな日でしたので、私の中ではもう二輪車はこりごり、いくら安全運転をしても、いざ事故が起こったら死ぬのはバイク側、と刷り込まれてしまいました。主人はバイクに乗っていますけれど、息子は乗って欲しくない…。それが本音です。

« ほうれん草の海苔あえ | トップページ | 初めてジェンヌシールを貼った »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/7170748

この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車のトラウマ:

« ほうれん草の海苔あえ | トップページ | 初めてジェンヌシールを貼った »