2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去の記事

« 喫茶店の思い出 | トップページ | CS:Asian Sunrise & Winds »

2005年11月12日 (土)

サーモンピンクの林檎寒天

apple_agar.jpg秋の短い期間しか市場に出回らない、紅玉というリンゴがあります。昔からの品種で酸味があるため、生食ではなく料理用として人気の高い品種ですね。低農薬の紅玉を手に入れた時だけ作る、一年に一回のデザートが、このリンゴ寒天です。

今年は手土産として作ったので子供がほとんど食べられず、もう一回作って~!とねだられたので再登場となりました。それで、そうだ写真に撮っておこう、ついでに今日の話題にしちゃえ…ということに(笑)。紅玉がないときは、砂糖を控えめにしてレモンを入れると思います。甘さを抑えた、ただの「のどごしのよいリンゴ」ですけれど、素朴な味わいでいいですよ~。

(1)1.5カップの水を鍋に入れ、粉寒天4gを振り入れておく。
(2)大2個のリンゴの皮は、取り出しやすいようにくるくると長くむく。
(3)小さく切ったリンゴは少量の水を入れ、皮も入れて煮る。
(4)色が出たら皮は取り出し、水がなくなるまで煮たら裏ごす。
(5)寒天は混ぜながら熱し、少々煮たところで砂糖50gを入れる。
(6)粗熱を取ったら、リンゴとホワイト・ラムかホワイト・キュラソーを入れて冷やす。

« 喫茶店の思い出 | トップページ | CS:Asian Sunrise & Winds »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/7064314

この記事へのトラックバック一覧です: サーモンピンクの林檎寒天:

« 喫茶店の思い出 | トップページ | CS:Asian Sunrise & Winds »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ