2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« アルセーヌ・ルパン様 | トップページ | ANA &心の翼2 & 月組VISA »

2005年11月24日 (木)

久しぶりの花エリザ録画

花エリザベートで宝塚にどっぷりはまることになった私。その経緯はここに書いてありますが、その時は現在の花組を観るのは初めてでしたので、主役級の人しか記憶に残っていませんでした。現在、素顔で対談している様子を見たり、花組ばかり何公演も観るようになって、かなり下級生まで見分けられるようになった今、何気なく再生したこの花エリザは私にとって新しい発見がいっぱいでしたのでちょっと書いておくことにしました。

TAKARAZUKA舞夢の冒頭で、素晴らしい踊りを見せてくれた、ウラノスの桐生園加さん、ガイアの舞城のどかさんは、やはりこの時からダンスで(黒天使で)抜擢されていたのですね。舞城さんはマデレーネだし…。今の若手ホープたちは革命家、今期待の娘役(私個人としてですが、桜一花ちゃん、華城季帆さん)は娼婦役。隅々まで見る余裕ができたのを実感しました(笑)。

そして、これが退団公演となった大鳥れいさんはもちろんなんですが、死刑囚の母を演じていた翔つかささん。この後、不滅の棘でも、退団公演となったマラケシュ・紅の墓標でも、主演にメロメロなおばさん(おばあさん)の役でとても光っていたなぁ~と思ったり、1年前に退団された矢吹翔さんの、男くさい男にしか見えないツェップスはすごい…と思ったり。マダム・ヴォルフの幸美杏奈さんも、家庭教師の奈月みかさんも、そして何といっても、専科の樹里咲穂さんは巡り巡この秋に花組で退団されたわけで、この公演から既に3年たったのだ…と、時を感じてしまいました。

あと、私のツボは瀬奈じゅんさんです。それも、ルキーニ姿ではなく、最後のショーで深い真紅の燕尾と黒いパンツで踊る時のあさこさん。ルキーニの黒塗りと、オールバックにした髪、そして鋭い切れ長な目は客席を射抜くようで、何度見ても見慣れないのよね(笑)。普段のおちゃめでいたずらっ娘なあさこさんを知った今、その落差にびっくりで、つくづく役者だなぁと思います。自他共に認める春野ファンの私ですが、姿とダンスのマイベストはこの花エリザのあさこさんなんですよ(笑)

そして、この最後のショーで踊る春野・大鳥コンビの美しいこと。お芝居中の緊張感が溶けて、銀橋の端で「最後の~♪ダンスは~♪俺のもの~♪」と歌い上げ、勝ち誇ったのびのびとした表情で踊るこのデュエットダンスが大好きです。体に沿って手を這わす振り付けが何とも妖しくていい(笑) あと、エリザベートにふられたトートの、取り繕った表情とがっくりしている雰囲気がかわいくて良い!

私の記憶の中では、この花エリザは春野トートの歌ばかりだったのですけれど、こうやって端まで見渡すとまた新たな発見があって楽しかったです。ビデオだと主要な流れしか映してないので、生で観たらもっと周りのお芝居まで見れたのに…と残念でした。 週末には遠征が待っていると思うと、遠足前の子供気分ですね。ちょっとブログも浮かれモードに入っているかも(^^;

« アルセーヌ・ルパン様 | トップページ | ANA &心の翼2 & 月組VISA »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/7301524

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの花エリザ録画:

« アルセーヌ・ルパン様 | トップページ | ANA &心の翼2 & 月組VISA »