2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« プロジェクトXで宝塚 | トップページ | 渡辺 淳一とエッセイ大賞 »

2005年12月 7日 (水)

教科書の誤植

昨日は小学校の個人面談。1時間ほど外出して小学校まで行ってきました。

息子はおっとり型で優しそうに見えるのに、年長、一年生の時はかなりの問題児でした。小学校の個人面談に行ったら、「*くんは、個人面談の時間を二枠分取ってありますから、ゆっくりお話しましょう」と言われたくらい…(^^; おかげで、今回も一番最後の枠だったので”十分話せるように最後に設定してあるのか”とびくびくものでした(笑)

でもその一年生の先生がベテランだったのでしょう。「きっとお友達と遊びたいのにそのきっかけがつかめなくて、働きかけていることが”いたずら”として見えてしまっているのでしょう。2年生になる時のクラス替えで、仲良しのお友達と一緒になれるよう出来るだけ配慮しますので、*くんと話して連絡帳で知らせてもらえますか?」と話してくれました。おかげで一番仲良しになりたかったお友達と同じクラスになり、それ以降、学校での問題はほどんどなくなったんです。その年お姉ちゃんのクラスは崩壊していたので、先生の違いを実感してしまった年でしたね。

そんな経緯があるので、今日は「生活態度はどうでしょう?」とおそるおそる聞いてみたところ、特に”大きな”問題はないようです。 それで、”ほめればノリノリで頑張るのに、ちょっとの壁でも凹む性格”と話したら、「そうそう、このあいだ褒めたらすごくいい顔をしてたんですよ。私でも分からない教科書の誤植を見つけたので、よく見つけたね、大きくなったら姉歯さんの不正を見抜くような、そんな職業を選んだら?と言ったら、まんざらでもなさそうでしたよ。」と先生が話してくれたんです。あの子がほめられるなんて…と思っているうちに先生が持ってきた理科の教科書。私が見ても、どこが間違いだか全然わからない…。

川の水をたくわえ,川の水の量を調節したり,飲み水や農業に使ったり発電に使ったリする。

どんなすごい誤植を見つけたのかと思ったら、実は「り」がカタカナだった…(笑)なんかガックリきたけど、でも確かに誤植は誤植。帰って息子に聞いてみたら、「教科書の”り”ってうまい字でしょ?(ひらがなの”り”は、楷書でなく行書のようだった)でも、な~んとなく、へたな”リ”だと思ったんだ~。」 だそうです。やれやれ(笑) 大日本図書さん、5年の理科(下)ですから直してね。

« プロジェクトXで宝塚 | トップページ | 渡辺 淳一とエッセイ大賞 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

>教科書の”り”ってうまい字でしょ?
息子さんのこの表現とっても納得です!
えらいですね~気がついてo(^^)o
子供の洞察力ってやっぱりすごいんですね。
よい先生に恵まれているようですね♪

>れいこさま
どうもありがとう(^^)
こんなことでも、コメントいただけるとうれしいわ(*^^*)
そう、お姉ちゃんの時を考えたら、親身に考えてくださる先生が多いですね(^^)このような先生が多くなって欲しいものです…。(問題だった先生は、2回目の育児休職後お向かいのお子様の担任になり、今また大変な状態なの(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/7516705

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書の誤植:

« プロジェクトXで宝塚 | トップページ | 渡辺 淳一とエッセイ大賞 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ