2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

« 子供作おせち(伊達巻・きんとん) | トップページ | 宝塚ファンに100の質問 »

2006年1月 2日 (月)

2006宝塚初め

去年は6月から始め半年間、この武蔵野・菫館の宝塚記事を読んでいただきまして、本当にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。

I got music DVD

スカイステージニュースで流れた、I got music(22005/9の春野寿美礼コンサート)の稽古場風景、インタビュー、初日映像、千秋楽ダイジェストを流しながら年賀状の整理などをしていたら、ついつい気が付くと心はその歌に壊れモード(笑)。つくづくその場に居れたことに感謝していました。B席の応募をしておいてほんと良かったわ…。DVDの発売はもうすぐですね。今まで観劇した舞台については、辛抱してCSの放送1年待っているけれど、これだけは買ってみようかと思っています。

真矢みきスタジオパーク

みきさんが正月1日に出演なさると聞いて、スタジオーパークの正月特集を見ました。朝の連続テレビ小説『風のハルカ』は、毎日15分Diskに自動録画しているので、夜にまとめて息子と見ています。そのため「なんちゃ、それ!」という方言は、息子の口癖になっていますし、真矢みきさんがCMに出ていれば「おかあさ~ん、今出てるよ!」と知らせてくれるんですよ。 真矢みきさんはお着物姿もあでやかで、主演男役出身というよりは、大人の女性のかわいさと妖艶さが同居しているなぁ~と思って見ていたのですが、主人は「宝塚の男役やってた、って感じする人だね」と言っていましたので、さばさばした感じがそう見えるのかな?なんて思っていました。

今までハルカのおばあさん役の朝丘雪路さんが宝塚出身とは知らず、「私の宝塚の後輩で、男をずっと演じてきたから、お母さん役ができるかなと心配だったけれど、とってもがんばっている。」というメッセージを聞いてびっくりしてしまいました。そうだったんですね。主役の村川絵梨さんも、ハルカ役が19~24・5歳くらいだと思うので、高校生だと聞いて、あらそうだったのね…と思いました。でも最近の私の好みは、健二役の別所哲也さんと、猿丸役の松岡充さんですねぇ。別所さんのレ・ミゼラブルは見ていないので、是非ジャンバルジャン:別所哲也、ジャルベール:岡幸二郎、テナルディエ:駒田一で見たいものです(^^)

月組エリザベート放送

sena_eliza2.jpg無事、一回限りの放送の録画に成功し、最高に近い画質で1幕1枚2組分保存しました。録画しながら流していると、やはり生と録画の違いというか、細かい部分が気になったりしていたのですが、その中で一番おおっと思ったのは、フランツ(初風緑さん)の一幕最後の歌だったかしらと思います。さすが 実力派…。退団が惜しまれますね…。 あと、瀬奈エリザベートが病院で「心は自由…」と歌うシーンは心を打ちました。

あとエリザベートのお衣装が瀬奈さん用にアレンジされているのを今日になって気づいたんです。今までの娘役さんが演じてきたエリザベートは、袖の部分が膨らんでいるデザインがほとんどですが、あさこさんのはすっきりしてますね。自分で「肩幅が広いから、花組のルキーニの時は肩にかけているカメラがずり落ちることはなかった。」と言うだけあって(笑)、きれいに見えるデザインに工夫されているのだなぁ…と思いました。

そんな年初めとなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

« 子供作おせち(伊達巻・きんとん) | トップページ | 宝塚ファンに100の質問 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

ひろ・みは年をびっくりすればよかった?
でも雪穂が出演したかったの♪

>ひろ・みちゃん
別に、私は出演したくはないよ~(爆)
でも、生放送の様子が見れるスタジオパークは見に行きたかったかな(^^)/

宝塚出身のかたは、たいてい名前ですぐわかりますよね。いつからそうなんでしょう。

朝丘雪路さん、
有馬稲子さん
淡島千景さん、
と大女優3人は宝塚出身。知らないかたも多いけど、
「雪」「有馬」「淡(路)島」
となるほど宝塚由縁の芸名です(笑)

朝丘雪路さんからみたら、真矢みきさんは
ご自分の子供みたい?
男役をされていたので、体全体で発声されるのは、宝塚男役出身の特徴ですね。

あ、本年もよろしく。

>ゆうささま
あら~皆さんよくご存知なんですね!
テレビをあまり見ないせいで、役者さんが全然分からなくって(^^;
淡島さんは、今聞いてなるほど~と思いましたが、
有馬って?どこ?とネットで調べて、びっくりでした(^^;
本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

あけましておめでとうございます。
昨年はどうもありがとうございました。
私の2006年宝塚初めは、花組初日の観劇をしてきました(^o^)丿
某所に速報をのせましたが、芝居・ショーともに宝塚の王道といった感があって、最先端だった「マラケシュ」、パリレビューの王道だった「エンターザレビュー」とはまた違った花組を堪能してきました。
懸案のおささんのご様子は、リフトなど大きな振りはなく、若干勢いに欠けるところはあり万全ではないでしょうが、必要以上に心配することはないかなと、一安心しつつ帰って参りました。
初日挨拶は、「華やかな花組」といった自分の言葉につぼに入って照れまくるおささんがかわゆかったですよ~(*^_^)
(CS放送、お楽しみに~(笑))
それでは、今年もよろしくお願いいたします。

>なつきさま
初日にいらしたんですね!Webニュースで心配ないと話しているのは聞きましたが、そうやって実際に舞台を観て、一安心と報告していただけて、やはりホッとしました。

宝塚ゼミナールも読みましたよ。客観的に、でも愛のある報告ね(*^^*) 私も華城季帆さんの健闘は特筆すべきと思うわ。

実は今日になって明日のチケットをGETできたので見に行くことにしました(^^)
でもそれにも増して楽しみなのが、その”照れてる初日挨拶”だなぁ(笑)
明日の放送かしらね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/7966760

この記事へのトラックバック一覧です: 2006宝塚初め:

« 子供作おせち(伊達巻・きんとん) | トップページ | 宝塚ファンに100の質問 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ