2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 中華おこわ | トップページ | 白菜和え物2種(なめたけ・ゆかり) »

2006年1月 9日 (月)

動物病院新聞&春の七草

動物病院新聞 

news_peku.jpg去年の記事になりますが、旅行の時に犬を預けた病院で、写真を撮っていただいたという話をしました。 先日、新聞ができましたと連絡を頂いたので、さっそく受け取りに行き、もらってきた新聞がこれ。いい記念になりました。



春の七草

今朝、お友達の日記に『春の七草』の話が出ていました。私、覚えているかなぁ~と思って唱えてみたんですけれど、取りあえず7つ言うことができたので合っているかなとネットで調べて愕然とした私…。そう私が唱えていたのは以下の通り。

「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」

なんと、ごぎょうをおぎょうと覚えていたんです!思わず、「兎追いし、彼の山~♪」を「うさぎ美味し」と勘違いしていた小学生時代を思い出してしまった…。でもそれは、すぐに違うと理解したんですけどね、この「ごぎょう」は生活の中で言わないですものねぇ。漢字で見たのも初めてだったし。勉強になりました。ちなみに息子に聞いてみたら、塾で4年生の時に覚えさせられたそうです。でも、最後の2つが、かぶと大根と知っているのに、単語は思い出せなかったみたい。

余談ですが、私はここで初めて辞書登録というものをしたため、このパソコンで『春の七草』と入力しようとすると、まず『haruno』と打ってから変換するため、春野寿美礼と出てきてしまうのです(笑) いちいち消すのに手間がかかるけれど、びっくりするやら、うれしいやら(^^; あ~おばかな私(爆)

« 中華おこわ | トップページ | 白菜和え物2種(なめたけ・ゆかり) »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

今しがた自分の日記のコメントに書いて来たのですが、「おぎょう」は、「ごぎょう」の別名、と複数のデータに書いてありました。
間違いではないと思いますよ。教えて下さった先生か、大人の人が、それが正しいとされていたのかも知れません。

七草はなさいましたか?
私は一応おかゆは作って、みなでいただきました。これも日本の伝統で、いいなあ、と思います。
私は次に雪穂さんの「中華おこわ」を作ってみたいと思っています。とっても美味しそうですね!
いつも思うのですが、どういうところからこういった素敵なレシピを仕入れられるのですか?伺ってみたいと思っていました。

雪穂さまは文末「これぞ七草」と
覚えられました?
私は「春の七草」と覚えてました(^^;
口伝ってこういうのがあるから
面白いですよね。

春ので手間やいい記事とかしたんですけどね
広いパソコンと、はこべとかうれしいおばかとかを勉強したかった。

>ひろ・みちゃん
そのさ、”うれしいおばか”って何~(笑)
意味はないのに、なんかおかしかったわ(^^;

>明日香さま
ありがとうございます!朝出るときに読んで、まぁそうだったのねぇ~と思いながら久しぶりに出社したんですよ。
七草がゆは毎年作っていたんですが、皆食べないし…と今年しなかったら娘から「好きだったのに」と言われてしまいました(^^;

レシピは寄せ集めです(^^)親のレシピも、自分が好きなものしか作らないし~(笑)
外に食べに出ないから、作り方を覚えるしかないのです(^^;

>恵さま
そうなのね!それは聞いたことなかったわ。いろいろお勉強になりました。
ちなみに娘は全く言えませんでした(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8082097

この記事へのトラックバック一覧です: 動物病院新聞&春の七草:

« 中華おこわ | トップページ | 白菜和え物2種(なめたけ・ゆかり) »