2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去の記事

« 組替え発表(蘭寿・園加) | トップページ | 白和えとすまし汁(生麩・舞茸) »

2006年1月16日 (月)

理科実験と子エビ飼育

baby_ebi.jpg今息子は進学塾に通っているのですが、まだまだガリ勉というかんじはなく、日曜は楽しい理科の実験をしています。毎回実験で使った教材を持ち帰ってくるのですが、カーテンレールを半円に曲げたものとパチンコ玉だったり、空気鉄砲だったり、帰ってからも遊べるようなもなので、理科に対しての意識が変わってきたみたいです。「インフルエンザの予防接種は1時間半待つから、何か読むものを持っていきなさい」と言ったら、市販の理科実験の本を持って行ったのでびっくりでした。

エビ

昨日はなんだかゆっくり歩きながら帰ってくるので、どうしたのかと思って聞いてみると、

「今日はエビをもらったよ!ポケットに入れて体温で温めているんだよ!」

とのこと。取り出したものは、小さなチャック付きビニールで、中に小さなゴミが浮いているように見えるのですが、よくよく見るとその浮遊物が動いてるのです。上の写真は、とりあえずビニール袋から出した時のものです。それを見ながら、そういえば昔小学生向けの冊子(*年の科学)に乾燥した子えびの卵が付いていて、私も育てたのを思い出しました。めだかの次は、子えびのためにカルキ抜き水を作成中…。どなたか名前をご存知ありませんか?

劇薬?

そうそう先日は塾のバッグを開けてみたら、白いちいさな結晶(粉)が一面にばらまかれているではありませんか。

「ちょっと~これ何?!」と聞いたら、

「え~と~何だっけ…。硫酸とか水酸化ナトリウムとか…。」

う~、そんなわけないでしょ!そもそもそれは液体だったり、劇薬じゃないの?と思ったものの、洗おうと水に浸けた途端に有害な煙が出たり発熱したら困ると思って、さんざん問い詰めた後に、持ち帰ったプリントをひっくりかえしてみたら、「みょうばんで結晶を作ろう!」というお題目が…。みょうばんなら食用というか、ナスの漬物などの発色を良くするために使いますよね(^^;やれやれ…とホッと胸をなでおろした一瞬でした。

« 組替え発表(蘭寿・園加) | トップページ | 白和えとすまし汁(生麩・舞茸) »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

ひろ・みが塾を浮遊するはずだったの。
なので雪穂はここへ進学されたみたい…

>ひろ・みちゃん
ひろ・みちゃんが浮遊してどうするの~(^^;
でも、「された」でなく「して」だったら、そうかもね。
そんな実験してみたかったわ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8192168

この記事へのトラックバック一覧です: 理科実験と子エビ飼育:

» 2006-01-17 [メモ帳]
友人のブログを読んでいて、ふとケミカルガーデンなんてモノを思い出してみたり。 作り方は簡単で、水ガラスの水溶液に金属塩の結晶を沈めて放置しておくだけ。 結晶は大きい方が枝も良く伸びたな。水ガラスの濃度によって太さや枝分かれの具合が変わったりとか。 いろんな結晶を同時に育てると伸びる速さの違いとかあって面白いかも。 中学のときの部活では酸化第二鉄を育てると茶褐色でビーカーを覆い尽くす勢いで育つもんだから「肥溜め」なんて言われてたっけ。こびりつくから洗うのも大変だったし。だいたいは結晶の色を白っぽくした... [続きを読む]

« 組替え発表(蘭寿・園加) | トップページ | 白和えとすまし汁(生麩・舞茸) »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ