2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 理科実験と子エビ飼育 | トップページ | ガラコンサート »

2006年1月17日 (火)

白和えとすまし汁(生麩・舞茸)

今日は、前に写真だけ撮ってあった白和えです。ローカロリーなのに私は大好きで、前に紹介した大学時代の調理実習ノートが元になっています。でも、子供たちは大歓迎ってことはなく、出れば食べる、というくらいですね。

hana_hu.jpgそれに合わせて、普段一番だしなどきちんと取らない私ですが、おせち用に取った出汁が冷凍してあったので、それを解凍して生麩と舞茸と鶏モモ少々を合わせたら、結構なお吸い物になりました。やっぱり出汁はちゃんと取らないとだめってことね。色がわかるようにお椀でないものに入れてみましたが、本当は緑の三つ葉かさやえんどうを入れたらきれいだと思います。  1/18 8:50追記:生麩は私大好きなんですけれど、関東ではなかなか手に入らないんですよね。いつも生協で出ている時に買って、冷凍してあるのです。

shira_ae.jpg【材料】 (ノートより)(今回作った量)
<A>
 人参 100g (小一本)
 こんにゃく 1/3丁 (1/2丁)
 干し椎茸 2~3枚 (4~5枚)
 さやえんどう 4枚 (今回は入れなかった)
<B>
 出汁 全材料の重さの50% (干し椎茸の戻し汁 150cc)
 醤油 5% (大さじ2)
 砂糖 1% (小さじ2)
<C>
 当りごま 大さじ1/2 (大さじ1をすった)
 味噌 大さじ1 (大さじ1)
 豆腐 1/2丁 (大1丁)

【作り方】
(1) 干ししいたけを戻し、細切りにする。戻し汁とっておく。
(2) 人参を3mm×3mm×4cmくらいの角柱に切る。。
(3) こんにゃくは人参より大きめに切り、ゆでこぼしてあく抜きする。
(4) 1~3の材料を<B>で煮る。煮汁は最後まで煮詰める。
(5) 豆腐は水切りする。(私は沸騰した湯に適当にちぎって入れ、再沸騰した
   ところでざるに上げます。一番早いから、最近はこれが多い)
(6) ゴマをすって(練りゴマを入れるのでも)、味噌、豆腐を入れてする。
(7) 煮詰めた4を入れ、塩茹でして細く切ったさやえんどうを散らす。

« 理科実験と子エビ飼育 | トップページ | ガラコンサート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8209085

この記事へのトラックバック一覧です: 白和えとすまし汁(生麩・舞茸):

« 理科実験と子エビ飼育 | トップページ | ガラコンサート »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ