2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« CS:おさドレ千秋楽 | トップページ | 豚とキャベツのリンゴ煮 »

2006年2月28日 (火)

社宅の育児日記

ikuji_nikki.jpg今日は、もうすぐ育児休職を終え、復職を間近に控えた同僚の家まで行ってきました。いろいろ話を聞きたいということだったんですが、私は今の会社の育児休職取得第一号だったこともあり、もうすでに遠い昔のことになって記憶がない部分も多いので(^^;、その当時書いていた育児日記を取り出して読んでみました。

その頃は社宅住まいで、ある方の呼びかけに応じた10件ほどのおうちが、地域の育児情報や苦労を分かち合いましょうということで、いわば交換日記を始めたのです。バインダーが回ってくると、あらかじめ渡されていたルーズリーフ数枚に自分が日記や病院の紹介などを書いて綴じていくので、他のお宅の日記も読めるという具合です。うちはこんなに大変!という話から、ここの病院やお店はこうこう、という身近な情報が読めるので、とてもおもしろかったんですが、その当時は”作文は苦手”と思っていた頃ですから、自分が書くのは、かな~りつらかったのを覚えています(^^;。でも社宅を出る時抜いてきた自分のルーズリーフは40枚にもなっていましたので、今ではよい記念ですね。

読んでみると、やっぱり断片的でも情報があると当時のことが鮮明に思い出されます。今では、すごく大変だったことばかりが強調されて覚えているような気もするんですけれど、日記を読むと大変な育児の中にも、うれしいこと、楽しいことが沢山あったのだ、ということがわかったのは一つの収穫でした。そしてまた、今書いているこのブログも、10年後には同じように、”あの当時は楽しかった”と思い出す、ひとつの記録となればいいなぁ~と思いました。

« CS:おさドレ千秋楽 | トップページ | 豚とキャベツのリンゴ煮 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8882528

この記事へのトラックバック一覧です: 社宅の育児日記:

« CS:おさドレ千秋楽 | トップページ | 豚とキャベツのリンゴ煮 »