2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 味噌の仕込み | トップページ | キャベツと鶏もものチーズソテー »

2006年2月 7日 (火)

ふりむかない男

guin_sidestory_20.jpg早く書かないと、もう今日にも次の巻が発売されてしまう…(^^;。ということで、今日はこのグイン・サーガ外伝、『ふりむかない男』の紹介です。

この表紙だけをも見て分かるように、生前のナリス(パロのクリスタル大公)が片足切断後、身動き取れない状態のまま事件を解決していく姿を描いた、安楽椅子ものの推理小説です。そして、これを見ただけで、うわ~丹野忍さんの描くナリスさまって素敵~(*^^*)と思ってしまう私って…(笑)。その贔屓度合いから言って、ちょっと甘めの採点になっているかもしれません。あしからず(^^;。

たぶん、グインサーガを知らない方がこの外伝を単品で読むと、深いトリックが仕組まれているわけでもなく、”ミステリー小説”としてはあまり読み応えないかもしれません。でも、こうやって100巻以上、25年の歳月をかけてここまで進んできた物語の、ある一場面を切り取ったという意味では、読んでいてとても感慨深いものでした。寝たきりの美貌の大公のところに、次々とやってくる人たち。その背後関係やその行く末、そして舞台となっている学生の街アムブラについて知識があると、そこで勃発する事件についても2重に楽しめたような気がしました。

ナリスの死の前の巻については、ナリスさまについていろいろ思うところもあったけれど、やっぱり頭のいい、でもちょっと悪い美貌の参謀役って(この時は宰相の座を譲っていますけれど)、好みなんですよね~。外伝になるなら、その頃の颯爽としたクリスタル公爵もまた見たいな。

« 味噌の仕込み | トップページ | キャベツと鶏もものチーズソテー »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8553482

この記事へのトラックバック一覧です: ふりむかない男:

« 味噌の仕込み | トップページ | キャベツと鶏もものチーズソテー »