2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« アルテミアの泳ぎっぷり | トップページ | スペアリブの中華風香味焼き »

2006年3月 5日 (日)

【専科・花】日生:風と共に去りぬ

今日は友人から借りた『風と共に去りぬ』を見ました。主な配役は以下の通り。

レット・バトラー 轟悠(専)
スカーレット・オハラ 瀬奈じゅん(花)
アシュレ・ウィルクス 湖月わたる(専)
メラニー・ハミルトン 檀れい(専)
ジェラルド・オハラ(スカーレットの父) 汝鳥伶(専)
マミー 星原美沙緒(専)
フランク・ケネディ(スカーレットの2番目の夫) 彩吹真央(花)
ベル・ワットリング(バトラーの情婦) 真丘奈央(花)
スカーレットの分身 遠野あすか(花)

この日生公演がどのようなタイミングで公演されたのか分からなかったので、ちょっと調べてみました。

4月8日:匠ひびきさんが『琥珀色の雨にぬれて』で大劇場公演千秋楽。
      下半身のしびれと痛みをこらえてのサヨナラショー。
4月18日:日生劇場にて専科+花組版『風と共に去りぬ』開幕。
5月11日:『琥珀色の雨にぬれて』東京公演開始するも、春野さんが
      サヨナラ公演であるべき匠さんの代役。
6月23日:千秋楽近くになって匠ひびきさんが復帰し、退団。

花組激動の時代の公演だったのですね…。現トップの春野さんが、この当時のことを話している番組を何度か見ましたが、そのまさにファンも組子もつらい時期。この日生公演終了後には、主演の代役だけでなく、主要メンバーがそれぞれ役を替えて東京公演を乗り切り、最後に匠さんを送り出したわけですから、それが分かった上だと、このビデオの見え方もまた違ってきます。でもそれはそれとして、現在活躍されている花組の皆さん、そして専科として轟悠さん、湖月わたるさん、檀れいさんがメインキャストで出ていらっしゃるので、見ていても豪華メンバーね~まぁ~あの人がこんな役を…と思いつつ、楽しんで見ることができました。

最初は、瀬奈じゅんさんがこのスカーレットをやり遂げたからこそ、エリザベートという役も回ってきたのよね…などとちょっと離れたところから見ていたのですが、途中からすっかり引き込まれ、戦争の辛い時期も、メラニーの全てを悟っているのに許すところも、バトラーの苦しみも、とても良く伝わっているなぁと思いました。 昔のバージョンも見たはずなんですが、宝塚のビデオとしては2個目か3個目だったので、誰が出ていたのかもよく覚えていなくて、初見というかんじで楽しむことができましたね。

個人的にも、風と共に去りぬは初めて読んだ長編で、戦争についての描写が印象的で、確か高校受験の面接用に読み直したような記憶もあります…(^^;。またアトランタは学生時代、毎年夏に滞在した町でもありますから、また違った思い入れもありましたし、昔のことをいろいろと思い出したビデオとなりました。

« アルテミアの泳ぎっぷり | トップページ | スペアリブの中華風香味焼き »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

そうそう、風共の時期は、花組では
次々と大変な事が起きていたんですよ!!
寿美礼ちゃんの主役役代わりに伴って
役の繰上げでルイ(寿美礼ちゃんの本役)を
やらなきゃいけないのにスカーレットあったし。。。
琥珀のお稽古は、実質1週間あるかないかくらいしか
出来なかったって言ってました>瀬奈ちゃん
スカーレットも可愛くって可愛くって大好きです♪
あれがエリザベートに選ばれることになろうとは
当時は思いも寄らなかったですよね。。。
伝統的に(?)スカーレットは男役が演じる事が
過去にも多かったそうですから、瀬奈ちゃんがやるって
聞いたときにも驚いたけど納得しちゃってたので
シシィの時にはほんとびっくりでした!!
今となっては、最も好きなシシィですけど♪

何故か、この分のタイトルが
某所の私のトップ頁で昨晩から今朝まで
文字化けしてました(^^;

ネスケとFirefoxでは
「!UAi?E!|?O!UAuA,!§E」
IEでは
「潤タ遵熄・醇_?遵イ潤タ潤チ?遵ム潤タ遵繽・醇э・潤ッ潤タ§遵ッ 」
今日届いた某所のニュースでは
「$(D"B*b*"+@?$(D*4"B"C?$(D*S"B*e)
!+d*""1"B§$(D*1」
面白い現象でしたが…(^^;;
原因はなんだったのでしょうね?

>れいこさま
どうもありがとう~。楽しく見させてもらいまいした!
あさこさん、がんばってましたねぇ~(*^^*)
最初はどんなもんかな?と思いつつだったけれど、
途中からはすっかりあさこちゃん頑張れ~、
檀れいちゃんはさすが、かわいい~でしたね(^^;


>恵さま
私のところでも、同じように友人の分が
ËÜ´Û とか
¤?¤ó¤?¤¡¤È なんて表示されています…。
でもcocolog使っている人の題名だけみたいね…。
ちなみに、れいこさまのコメント通知はメールで届いたのに、
恵さまのは来なかったのよ。
「ココログシステム全体のレスポンスに影響を与えぬよう、段階的な導入を検討しております。」というバージョンアップのメールが来ているから、その影響かもしれませんね…。

わ~懐かしい(^^)
実はこの作品が私の初花組観劇でした。
ずっと轟さんの雪組を観ていたので、風共も雪組でと思っていたら、手に入ったチケットは花組。
そのときは深く考えずに観たのですが、まさか今こんなに花組にはまることになろうとは!
もう少し隅々まで目を凝らして観ればよかったと思っても後の祭ですね(^^;)
でも、瀬奈さんのスカーレットとあすかちゃんのスカーレットⅡはどちらもとっても良かったのを覚えています。
バリバリの男役さんだとすら知らなかったので全く違和感なかったですね(笑)>あさこちゃん

>ユウ・Kさま
そうだったんですね!
初めて見ても違和感ないくらい、すっかりスカーレットに
なりきってたんですねぇ。
稽古期間の短さを乗り越えて、頑張っていらしたのね(^^)。

私は、宝塚としては2番目の観劇になる『王家に捧ぐ歌』を
もっと観ておけば良かったなぁ~と思うことがあります。。。
誰が何の役かを把握するだけで、精一杯だったから…(^^;

なるほど(^^;
実はコメント送信した後
しばらく表示されなかったので
二重投稿になる事も考えてそのままに
してしまった経緯があったので
通知が無かったのはそのせいかもです。

風共の頃は、やっと上の方の人がわかるようになってて
既に瀬奈ちゃんファンでしたので
周りから「女役なら断然コムちゃんの方が可愛い!」と薦められたのですが、コムちゃんがどうのじゃなしに
瀬奈ちゃんの女役が見たかっただけなんです
けどね^_^;
花@あさきゆめみし(全ツ)が、初生宝塚で
ただただびっくりしていただけで
刻の霊の役は覚えていても、寿美礼ちゃんを
認識するには至らず勿体無い事をしました(:_;)
最初ってそんなもん・・ですよね~^_^;
よもやこんな事(?)になろうとは・・・

>れいこさま
あさきゆめみしもご覧になっているのね。うらやましいわ。
その全国ツアーの時は、「人手が足りないから、あの刻の霊の角をつけた格好のまま、しゃがみこんで皆の早替わりの着物をたたんでいた」という話が印象的に残っています(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/8955576

この記事へのトラックバック一覧です: 【専科・花】日生:風と共に去りぬ:

« アルテミアの泳ぎっぷり | トップページ | スペアリブの中華風香味焼き »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ