2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 新学年早々忘れ物…は回避 | トップページ | お茶会速報などなど »

2006年4月 8日 (土)

グイン107巻『流れゆく雲』

guin_107.jpg昨日の予告通り、今日はグインの読了報告です。あまり詳しく内容にふれないようにはしますが、多少雰囲気が伝わると思いますので、読了前の方はご注意ください。

今回は、106巻でグインたちが逃げた後、他の人たちはどうしていたかという巻になります。珍しい型の題名ですから、タイトル当てをしていたら3~4日というパターンだったかも…、なんて思いました。私が最初に読んだ時が7~8巻まで出ている時だったので、もう本編だけで100回も、新刊を持ってうきうきという状態を続けていることになりますね。つまりは足掛け2*年ということになります(笑)。

例のごとくあとがきから読んだので、今岡さんの名言という『峠の茶屋みたいな巻』という言葉が頭に入ってしまい、どきどき感はなく読み進んだような気がします。いつもだったら「続きはどうなるの?」と、1回目はアセって一行一句まで読んでいないような気もしますが、今回はじっくり読めたというか…(笑)。

それぞれが健全な位置に戻っていくような、地理的な問題だけでなく、精神的にも落ち着きがみられるような、そんな安堵感のある巻だったと思います。

« 新学年早々忘れ物…は回避 | トップページ | お茶会速報などなど »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/9493751

この記事へのトラックバック一覧です: グイン107巻『流れゆく雲』:

« 新学年早々忘れ物…は回避 | トップページ | お茶会速報などなど »