2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 書く気になれなかったけど… | トップページ | 中村俊輔選手 »

2006年6月 2日 (金)

のほほんと過ごしたい

今日の日記はお休み、と思ったけれど、息子とこんな会話をしたのでやっぱり書くことにしました。

「早く大人になりたいなぁ…」

「え?なんで?」

「大きくなったらね、のほほんと過ごしたいんだよ」

「え?宿題終わったら、お外に飛び出して行くじゃない。おうちでごろごろしたら、のほほんと過ごせるよ?」

「でもさー、宿題いっぱいあるし~。子供のこと、分かってないなぁ~」

「そうかなぁ」

「お母さんは、のほほんと過ごしているよね!」

そうかなぁ(^^;と思ったけれど、やっぱりそうかもしれない。今が人生で一番余裕あるときかも…。中学生の頃はやっぱり受験というものがあったし、高校から大学にかけては自宅外で生活していたので、学生時代は何かしらの緊張感があったのかもしれません。ピアノの練習があるのに遊んでしまった、2週間後から始まるテストの準備しておくべきなのにマンガを読んでしまった、一週間後にはレポート提出があるのにテニスをしてしまったなど、それぞれは些細な事ではあるけれど、いつでも何かに追われていたような気がします。今日は発表会なのに練習を一切していないで困っている夢を、社会人になってからも見たりしていましたからね(笑)

そして、青春真っ只中の時には、人生のレールが見えない時に感じる不安というものもあったかもしれませんし、赤ん坊を抱えている頃は、時間的・体力的にいっぱいいっぱいでしたから、今こうやって、夜一時間でも自分の自由になる時間が取れるというのは、本当にうれしいことです。家事も終わって、今日やるべき仕事はすべて終わったと精神的にくつろげるのも、今この歳になったからこそできることなんだろう、と思いますしね。

でも、明日は何が起こるかわからない。もしかしたら脱線事故のように一瞬にして自分がいなくなるかもしれないし、子供らが通り魔に会うかもしれない。地震で家がなくなるかもしれない。明日にでも親が倒れるかもしれない。でもそれを全て心配していては、人は生きていけないと思うので、その時がきたらまたそれを乗り越えていくだけのことなんでしょう。だからこそ、今の小さな幸せを書き残しておきたい気になるのかもしれません。

子供の勉強を横目で見つつ、こうやって日記を書いている(=遊んでいる)のを見ている息子からは、”のほほんと過ごしている母”に見えるのでしょうね…(^^;。

« 書く気になれなかったけど… | トップページ | 中村俊輔選手 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/10367263

この記事へのトラックバック一覧です: のほほんと過ごしたい:

« 書く気になれなかったけど… | トップページ | 中村俊輔選手 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ