2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 今日は息子が日生劇場 | トップページ | グイン108巻『パロへの長い道』 »

2006年6月10日 (土)

グイン・サーガ50巻記念『炎の群像』上映会

先日、この記事でどうしようと書いていた炎の群像ビデオ上映会に、本日行って参りました。 椅子が足りないほどぎっしりと人が集まった、盛況な上映会でした☆

このミュージカルは、現在108巻まで出ている本編の、最初の16巻分をまとめた話となります。ですから筋はもちろん20年も前に読んで知っていますし、脚本やCDも持っていて、主要なものはそらで歌えるくらい知っているのに、やっぱり映像は全く違いました!これこそ、演出、大道具、照明、衣装なんだろうな~と改めて感動。主要な役者さんは、その後いろいろな場で見てきたこともあり、想像がついたんですけどね…。でも、生きて動くナリスさまは、とっても素敵でした。

そのあとのお茶会で詳しく話してくださいましたが、この豪華なキャスト、衣装、照明などのために、舞台装置と衣装・照明代だけで一億円もかかったのだそうです。宝塚の朝香じゅんさんが退団されての第一作ということもあり、人の入りはとてもよかったのだそうですが、それでも100人のカンパニーだと赤字だったとか…。舞台って、いろいろな陰の苦労があるのですね。

今回私は、アルド・ナリスを演じた宮内良さんと、イシュトヴァーンを演じた岡幸二郎さんを見たかったのですが、こうやってあらためて見ると、この作品でヴァレリウスの駒田はじめさんにコロんだ人が多いのも、良くわかりました(笑)ひょうきんな面と、暗殺をする時のするどい目つきは、役者さんだなぁ~と。裏で策略を巡らすキーマンですものね。 あと、スケベーおやじのカースロンを演じていた大谷美智浩さんが、とってもいい味出していて良かった。この男くささや立ち回りは、宝塚じゃできないよね、と感心しきり(笑)。戦闘シーンに出ていた人たちはすごかったです。2階の高さから飛び降りていたし…。

あと2幕冒頭、岡さん演じるイシュトと鈴木ほのかさん演じるリンダが、リフト満載のダンスをしながら歌うシーンは圧巻。お茶会で聞いたところ、”歌手”の二人がダンスをするということで、かなり練習を重ねたそうです。このシーンばかり練習していたとか…。それにしても、冒頭と最後の福麻むつ美さんにしろ、この”歌える”役者さんが満載で、やっぱり生で観たかったなーとつくづく思いました。

とにもかくにも、11年前に観に行く決心をすることができず、その後悔やんでいた作品を今日観ることができて、やっと、やっと、リベンジできたという気分です。DREAM AGAINを聞いていたら、この16巻以降のグインの歴史がよみがえり、同時に自分の歴史も思い出して涙が出てきました。行って本当に良かった。私を後押しするコメントを下さった皆さん、どうもありがとう。むっちゃんの歌はサイコーでした!!!(笑)>カルトキングさん

 

« 今日は息子が日生劇場 | トップページ | グイン108巻『パロへの長い道』 »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。ほんとによかったですよねえ>むっちゃんの歌。やっぱり身体がふるえてしまいしました(笑)さんざっぱらCDで歌を聞いてしまっているせいで、思わず口ずさんでしまうこともしばしば・・・(汗)「ドリーム・アゲイン」からラストまでは、ちょっとばかりうるうるしそうになってしまいました。また昔のいろんな舞台と再会したくなりました。

>カルトキングさま
歌っているところを思い出してしまったわ(^^)
熱唱してましたものねぇ~(笑)

それにしても、1文字リストを持参していらしたのは、大受けでたね(^^)
次のホラーのタイトル、何なんでしょう…。
どれかを想像するのは楽しみです。
とは言っても、夜1人で起きてられなくなるから、ホラーは未読なの(^^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/10469911

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ50巻記念『炎の群像』上映会:

« 今日は息子が日生劇場 | トップページ | グイン108巻『パロへの長い道』 »