2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 手羽と椎茸の梅蒸し | トップページ | トリックアート美術館 »

2006年7月21日 (金)

CS:ブルースワン

この公演の名前を初めて聞いたのは、春野寿美礼さんのお茶会クイズの時でした。「腫れちゃうじゃないか!」という台詞は何の公演でしょうか?という質問だったのですが、これを知っている人は少なかったですね。なぜか、最初にこの題名を読んだ時に「ブルース・ワン」と思い込んでしまい、録画を見ながら途中で、「げ、これって、ブルー・スワンなんだ!」と分かった私…。お茶会クイズの記事を書いた時点では、青白鳥って思っていませんでした(^^;。

このブルー・スワンは、真矢みきさん主演の、エリザベートでも有名な小池修一郎先生原作のバウ公演です。ビデオ内容紹介から引用すると、”昼は世界的ファッション・フォトグラファー、夜は宝石や美術品専門の怪盗「ブルースワン」。「美しいものしか愛さない」をモットーに、2つのマスクを操る男が巻き込まれる、スリルとサスペンスのロマンティック・ミステリー”なのだそうです。

9年前の舞台なのに、現在花組トップの春野寿美礼さんが2番手、そして次が朝海ひかるさん、という構成になっていました。真矢さん主演の舞台を春野さんが新人公演で主演、という印象が強かったので、この二人の間にはかなりのスター候補生がひしめいていたはずなのに…と思ったら、真琴つばささん、紫吹淳さん、香寿たつきさん、姿月あさとさんと、みな組替えしたあとなんですね。ということは、愛華・匠・伊織さんくらいになるのかしら?

真矢さんファンの友人から、「この舞台のオサちゃん、とてもおかしいから見てみて!」と言われた映像なのですけれど、見終わっての感想は、真矢みきさんって、こんなにキザってたんだ~(^^)、千ほさちさんは上手いな~、春野さんのボケボケおぼっちゃまはかわいい~ということでしょうか(笑)。ストーリーも逆転劇があっておもしろいし、なかなか良かったです。

ちょうど先日、龍真咲さんのバウ公演を見たばかりで、そうか~春野さんが研6の頃だから同じ頃になるのね、彼女はどんな風に成長していくのかしら?な~んてことも考えながら見ていました(^^)/

« 手羽と椎茸の梅蒸し | トップページ | トリックアート美術館 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/11047990

この記事へのトラックバック一覧です: CS:ブルースワン:

« 手羽と椎茸の梅蒸し | トップページ | トリックアート美術館 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ