2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の記事

« CS:ブルースワン | トップページ | シェいなば2 »

2006年7月22日 (土)

トリックアート美術館

明日から夏期講習が始まって長い休みが取れなくなってしまうため、今日ちょこっとおでかけしてきました。前々から、知人に紹介してもらったこのトリックアート美術館に一度行ってみたかったのですけれど、なかなか行く機会がありませんでした。ですが今日は朝から小雨が降っていて、とても動物園とか遊園地、という雰囲気ではなかったので、ここに行ってみることにしたのです。

trick_art2.jpgガソリンスタンドの上だよ、と聞いていたので行き過ぎることもなく、10時の開館ちょっと前に着くことができました。そうしたら人が少なくて、もうこの美術館は私たちのもの、みたいなノリで遊ぶことができ、息子も大喜びでいろんなポーズを取ってくれました。だんだん人が増えてくると、恥ずかしくてできなかったようですけどね(笑)。左が私ですけれど、本当は私が153cm、息子はそれより10cmくらい低いんです。

trick_art3.jpg

この写真も、単なる部屋の中でとった写真です。台に乗っているように見えるでしょ?

trick_art1.jpg  部屋のマジックの他にも、だまし絵の展示コーナーがあります。例えばこれは、最初に指をさしているマスの色が、上は全然違う色に見えますよね。それが、実際にあわせてみると、下の写真を見て分かるように、全く同じ色なんです。こんなかんじで、2時間ほど楽しく遊ぶことができました。

見終わった後はエジプト大使館協賛らしく、エキゾチックなお土産も買えるので、なかなか楽しかったですよ。古代エジプトのスカラベという護符や、なぜかペルーのインディアン手作りというふくろう型のオカリナなどを買ってきましたが、150円とか400円とか手軽に買える値段でよかったです。遠くからわざわざ、という大掛かりな美術館ではありませんが、ちょっと行ってみようかと、気軽に楽しめるところだな、と思いました。

« CS:ブルースワン | トップページ | シェいなば2 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

わぁ~~この美術館!
前を通るたびに「行ってみたいな~」と言うものの、大人の同行者ばかり(夫+私の両親)なので、いつも却下になってしまうんです(^^;
面白そうですよねぇ。
一見、胡散臭いのかな(^^;)なんて思っていたのですが、エジプト大使館協賛のちゃんとしたところなのですね。
う~~ん、ますます行ってみたい私です!

実は北海道は富良野にもこの種のトリックアート美術館あるんですよ!辺りはCMによく出てくるパッチワークの丘だけが続くのどかなヨーロッパの田舎風田園風景で、そんなところにポツンとそんな美術館があること自体、トリックです。
\(◎o◎)/!
旭川の実家から車で40分くらいなので、何度か訪れたことあります。カメラOK!でなかなか楽しめます。富良野のバスツアーコースとして組み込まれたりしているようです。いつか機会がありましたらいかがでしょう?ちょっと遠いかな~?
トリックアート美術館 かみふらの館↓
http://www.furano.ne.jp/furano-beer/trick.htm

>ユウ・Kさま
私は親子でしたけれど、大人同士やカップルなども多かったので、
大丈夫じゃないかしら。
あまり小さい子だと判りにくいと思うので、
かえって大人の方が楽しめるかもしれませんね。

あまり大きくはないのですけれど、ふらっと寄る分には
十分に楽しめると思います(^^)/

>sakuraさま
そちらは大掛かりな美術館のようですね~!
周りの景色も、とても素敵だわ(*^^*)
花の咲くいい季節に行ったら、すごく楽しそうですね。
ぜひぜひ、いつか寄ってみたいと思います~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/11061210

この記事へのトラックバック一覧です: トリックアート美術館:

« CS:ブルースワン | トップページ | シェいなば2 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ