2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 会社の夏祭り2006 »

2006年8月17日 (木)

水さんトップ&2007前期公演

公式ホームページにとうとう出ましたね!水夏希さんの雪組トップ就任。そして来年のエリザベートはやはり水さんのお披露目公演だそうです。全国ツアーに水さんが主演で出ていましたし、エリザベートは一巡して最初の雪ということで、至極順当な発表で、とてもとてもホッとしました。これでドッカーンがあったら、え~?というところですよね。水夏希さん、おめでとうございます!

それにしても、来年の花組は黒蜥蜴ですか…。私は小学生の時に、「少年探偵 江戸川乱歩全集」で読んだはずですが、とにかく怖かったので、面白いストーリーとは思ったけれども2度目を読めなかったような気がします。今ネットであらすじを読んでも、あまりピンとこないんですよね(笑)。1人で眠れなくなる江戸川乱歩シリーズより、アルセーヌ・ルパンの冒険推理小説の方がお気に入りだったので、そちらばかり再読していました。

公式ページには、『憂いを秘めた名探偵・明智小五郎と、洋装から和装へ変幻自在に姿を変える女賊・黒蜥蜴』 と紹介されているので、春野さんはどちらをやるのか!?と一瞬思いましたけれど、やっぱり明智くんなのかしらね(笑)。真飛さんの明智&春野さんの黒蜥蜴でもいいんですけど~(笑)。やっぱり反対なのかしら、と思っています。初々しさで売っている桜乃彩音ちゃんが黒蜥蜴というのもあまり想像できないので、さらわれる令嬢さんになって、明智と恋に落ちるストーリーなんだろうかと、想像は膨らむばかり…。でも、東京ファントム、うたかたの恋、と、その間にまだまだ公演はあるので、配役の発表はだいぶ先のお楽しみですね(笑)

« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 会社の夏祭り2006 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

「黒蜥蜴」は僕もかなり気になっています。
僕は順当に、おさちゃんの明智小五郎かなと思ったのですけど、どうなるんでしょう。
公演の前からミステリーが多いですね。
でもまだ原作読んだことないから、明日でもく○○わ書店に行って買ってこようかと思います(地元ネタですみません(^^;)。

あと僕は娘役ファンなので、水さんの相手が誰になるのかが気になって仕方がないです。
新トップ娘役が誕生してエリザベートを演ずるのか、それとも月組の時のように男役がエリザベートを演ずるのか。
すでに頭の中では数種類ほど妄想配役ができております(^^;
妄想が広がっていくのを楽しんでいたりして(笑)。

>国やんさま
そうそう、私もその書店に行こうかと思っていましたよ!
今なら読めるかも、です。

あと、もちろんエリザベートも気になるところですよね。
でも、雪で再演だろうとは思っていたのもの、
私としては星での再演を期待していたので、
そっちの配役ばかり頭にこびりついてしまっていて…(^^;;;
是非、国やんさまの妄想配役もお聞きしたいところです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/11483911

この記事へのトラックバック一覧です: 水さんトップ&2007前期公演:

» 乱歩NO.10・・・<黒蜥蜴/1968年> [飾釦]
黒蜥蜴 製作:1968年松竹 監督:深作欣二 主演:丸山(三輪)明宏 、木村功 とある秘密クラブ(これこそ、映画的始まり)に客としてやってきた明智小五郎。そこで黒蜥蜴は明智と運命的な出会いをする。 「今日はいつもの夜と違うようね。夜が犇いて息を殺しているわ。犯罪が近づいたのよ。こういう晩が私は好き。体が熱く火照って寝れそうにない。あなたは?」と黒蜥蜴。「私ですか?」と明智。「ええ、こんな�... [続きを読む]

« 頭隠して尻隠さず | トップページ | 会社の夏祭り2006 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ