2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« あんず寒天 | トップページ | 大台+αの夕飯は家庭科の宿題 »

2006年8月11日 (金)

自動演奏ピアノ

phantom_piano.jpg東京でも大劇場でも、宝塚の劇場に行くとピアノが1人で、と言うのも変ですが(^^;、自動演奏で主題歌を奏でていて、それを見るのが好きです。今回はホンの視聴程度ですが、カメラについている動画でその様子を収めてきました。(写真をクリックしてくださいね。ただ、Quick Timeのインストールが必要です。)

この動画は、私が”壊れ報告”として書いた日記で、「はいっ、仰せのままに!と思いました。」と書いたその冒頭の主題歌で、「僕の叫びを聴いてくれ」のところになります。普通ファントム(オペラ座の怪人)と聞いて想像する音楽とは、たぶん違う曲ではないでしょうか。私が最初はそうでしたから。けれども、”原作は同じだけど別物”という認識ができてからは、このモーリー・イェストン氏の曲も大好きになりました(^^)/。

大劇場のようないい席ではないものの、9月の東京ファントムのチケットが到着し始めてきているところで、あと3週間でまたこの曲が聞ける(*^^*)と楽しみにしているところです。

« あんず寒天 | トップページ | 大台+αの夕飯は家庭科の宿題 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

鍵盤の動きを見ると、2人4手の連弾でしょうかね~。
自動ピアノがこうやって動いてるのを見ると、
つい邪魔したくなっちゃうんです(^^ゞ

>でごさま
そういった見方で眺めたことがなかったので、今じっくり見たわ(^^;
3本の手があれば、大丈夫そうねぇ(笑)

これって、他の鍵盤押したら、音が出るのかな?
内部のハンマーとかを抜いて、音の出る装置を入れているのか、
それとも鍵盤を下からプログラムで引っ張っているのか、
どちらなんでしょうね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/11391516

この記事へのトラックバック一覧です: 自動演奏ピアノ:

« あんず寒天 | トップページ | 大台+αの夕飯は家庭科の宿題 »