2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去の記事

« おめでとうございます(*^^*) | トップページ | 【花】ファントム:2階S席 »

2006年9月 7日 (木)

第六の大罪

dai_6_taizai.jpg『伊集院大介の飽食』という副題のついているこの第六の大罪は、ハードカバーで短・中編の推理小説になります。ハードカバーで配本が少ないのか、本屋で見つからない…という話も聞こえたので、1575円だと送料無料になるから…と思ってネットで購入しました。

第一印象としては、短編なので毎日1~2編づつ気楽に読めて、とても楽しい本でした。……いや、本当ならグロテスクなのかもしれませんが、それがそうは思えないお話になっているのが、すごいところかもしれません(笑)

4つとも全く違う趣向のお話で、それぞれグルメに対する警告が裏に見えるような、読んで楽しいけれどもちょっと物悲しい、そんな感想を持った一冊でした。

ちなみに、私は数年前にワニを食べたことがあります。主人の両親も連れて、オーストラリアのケアンズで一週間自炊生活をしたのですが、土産店には、ビーフジャーキーの横にワニのジャーキーも普通に置いてあるのです。試食してみたら、歯ごたえのあるジャーキーでした。でも濃い味付けだったので、素材の味がどんなものか分かりませんでしたね。取り立てて美味しいわけではないけれど、珍しいので会社に持っていって皆で味見しました(^^;。 そんなワニさんんが表紙を飾っているご本です(笑)

« おめでとうございます(*^^*) | トップページ | 【花】ファントム:2階S席 »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第六の大罪:

« おめでとうございます(*^^*) | トップページ | 【花】ファントム:2階S席 »