2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« クックパッドのトップページに | トップページ | 10万アクセスプレゼント »

2006年10月11日 (水)

【星】愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム

昨日は、星組を観に日比谷まで行ってきました。さわやかな秋晴れの中、会社も半分くらいの人がお休みを取っていると思うと気兼ねなくおでかけができて、いいお休みだったと思います。正直に現実を言えば、”娘の中間試験初日だというのに、母はへらへらお友達と遊んでいる”という、何とも悪いおかーさんではあったんですけどね(笑)

今回の公演は1回のみ、ということで、対談番組や初日ダイジェストまで見て、予習を怠りなくすませてから行ったのですが、もう一回見たい~と強く思うくらい素敵なショーと、小気味よいテンポで進むお芝居の組み合わせで、大作ではないけれどよくまとまっていたな~と思いました。

愛するには短すぎる

この作品は、原案が小林公平先生、そして演出・脚本が正塚晴彦先生という、普段とはちょっと毛色の違う作品です。正塚先生は、『BOXMAN』や『カナリア』といった作品で感じた、ちょっとした間やツッコミで自然な笑いをとる演出が巧みだなぁ…といつも思うのですが、そこには未沙のえるさんの存在が欠かせなく、今回もとってもいい味を出しているなと思いました。

おもしろい、と思ったところは書き留めておこうと思うのに、話のテンポが速くて、今回は台詞が全く頭に残っていないのです(笑)。ただただ、”自我の芽生えてきたばかりの青年”という雰囲気のわたる(湖月わたる)さんと、陽気で前向きなとうこ(安蘭けい)さんのかけあいがおもしろかった、という印象だけ。もちろん、白羽ゆりさんはとっても素敵にバーバラを演じていて、20年ぶりに再会した幼馴染に日ごとにひかれていく心とそれを押さえる心、その揺れ動く様を巧みに表していたと思いますし、その他の人たちもそれぞれのお芝居をしているので、どこを見ていいか分からないくらいでした。最後は若手男役が順に歌い上げる場面あり、わたるさんに重なってほろりとする場面ありで、とても好感度の高い作品だったと思います。 CSで放送されるのが待ち遠しいくらいですね。

ネオダンディズム

このショーはなかなかいいよ、と聞いていたのですが、本当に私にとってツボなショーでした。私が星のショーを見る時は、どうしてもとうこ(安蘭けい)さんに目がいくことが多いのですけれど、今回はとうこちゃんが歌い、ダンサーなわたるさんや柚希くんが踊る場面が多く、この目と耳の保養のできる組み合わせっていいな~と思ってしまいました(笑)

燕尾の男役と、白と青のドレスの娘役が組んで踊る場面、柚希・陽月、湖月・白羽、安蘭・琴まりえという並びがとても素敵です。この並びを見ていると、柚希礼音さんの目覚しい台頭ぶりがよくわかりますね…。

そして何といっても最高なのが、「惜別―オマージュ―」でしょう。娘役さんの選抜メンバーも、男役と同じ銀と黒を基調としたお衣装で、とうこさんの朗々とした思いのこめられた歌にのせて、20人くらいのメンバーがモダンで勢いのある踊りを見せてくれます。 この時の陽月華ちゃんのパンツルックはとてもキュートですね。とってもシャープな踊りを見せてくれました。

そしてこの時のとうこさんの歌が最高なんです(*^^*)。歌詞が今わからないのが残念ですけれど、わたるさんの退団を意識した心に残る歌で、本当に素晴らしい…。この最後の場面も、とうこ&白羽というシンガーのデュエットのままセリ下がりになるので、そこがまた耳に心地いいのです。

銀橋で歌うとうこさんの歌もまた素敵でしたし、その後のパレード前のわたるさんへは、鳴り止む気配がないほどに、惜しみない拍手が送られていました。私はこの場面になってあらためて、そうだ…わたるさんの舞台での男役姿はこれが最後なんだ…という思いで一杯になり、どうぞ退団されても頑張ってくださいね~と心の中でエールを送りました(*^^*)

« クックパッドのトップページに | トップページ | 10万アクセスプレゼント »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/12244505

この記事へのトラックバック一覧です: 【星】愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム:

« クックパッドのトップページに | トップページ | 10万アクセスプレゼント »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ