2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 苺のモチフィーユ | トップページ | ペクの目その後 »

2006年11月24日 (金)

【雪】堕天使の涙・タランテラ

 早く書かないと忘れそうなので、今日頑張って書いてみましょうか(^^;。

 この公演は、雪組主演コンビの朝海ひかるさんと舞風りらさんの退団公演となります。ですから、”サヨナラ”風な演出が多かったりするのだろうか?と思いましたが、それほど前面には出ていなかったようですね。今現在、クリスマスの飾りつけをするお宅もあるくらいですから、ノエルと言っても全く違和感を感じませんけれど、この公演が始まった頃は、まだ暑さの残る日もあったでしょう。でも、これからどんどん街がクリスマス一色になるにしたがって、このお芝居もイヴのサヨナラの日に向けて盛り上がっていくのかな~なんてことを感じました。

堕天使の涙

 一言で言うと、”踊りや視覚効果に興味を持っている人は絶賛するだろうな…”という感想になるなかと思います。反対に言えば、話の流れや内容についてはあまり伝わってこなかったし、海外ミュージカルのような音楽を楽しむお芝居ではないとも思いました。ルシファーが地上に居る意味が一回の観劇では読み取れなかったし、ルシファーが人間について感じたことの意味もあまり伝わってこなかったからです。

 でもこれは、トップスターの資質に合わせた演出だと思ったし、それ自身は成功だと思っています。なぜなら、同じような退団公演で、紫吹淳さんの薔薇の封印というお芝居がありましたけれど、それよりもずっと上質な演出だったように思ったからです。冒頭のルシファーのダンスシーンも、ラストの光のパ・ドゥ・ドゥも、素晴らしいトップ二人のダンサーの魅力が存分に発揮されて、美しい空間に仕上がっていたのではないでしょうか。

 子供を愛せず、間接的ながら死に追いやってしまった母の苦しみは涙を誘ったし、舞風りらさんのリリスのダンスは本当に美しかった…。今回の役は出番が少ないって言われてますけれど、この間のロザリーよりずっと輝いている役だと思いました。そして朝海ひかるさんの切れのあるダンスは、やはり絶品ですね~!

タランテラ

 今回は2階S席だったんですけれど、このショーは2階がいいじゃない!って思いました。花組と違って、ほぼ音楽とダンスでつづられているショーなので、2階からみたフォーメーションや、照明が床を移動していく状態が良く見えるのです。荻田浩一先生の演出なので、とても幻想的で美しい演出なんですけれど、いつも思うのですがフィナーレが何気なく始まってしまうので、下級生の挨拶に拍手を送れないのが、ちょっと残念です。

 そしてシビ(矢代鴻)さんの渋い大人の歌はいいですねぇ~。ショーだけの出演なんだ!とちょっと新鮮でしたけれど、このようなジャズバーのようなしっとりとした酒場の雰囲気は、若いジェンヌさんには無理だろうなぁと思いました。このショーは、シビさんと未来優希さんの歌をバックにダンスシーンが繰り広げられていた、という印象でしたね。

 そして最後のフィナーレ前、朝海ひかるさんが大階段を登っていくシーンは、最後の日を想像してじーんとしてしまいました。もうちょっとで退団なんだ…と実感したのが、きっとその時だったんですね。今までありがとう、って心の中で思いつつ、ちょっと早いけれど今年の観劇納めの日となりました。(来年早々には、れんチャンが待っていますけれどね!)

« 苺のモチフィーユ | トップページ | ペクの目その後 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/12809909

この記事へのトラックバック一覧です: 【雪】堕天使の涙・タランテラ:

« 苺のモチフィーユ | トップページ | ペクの目その後 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ