2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の記事

« 12年前と1年前 | トップページ | 向こうから白いものが… »

2007年1月19日 (金)

巨大アロエ

big_aloe.jpg

 これが先日、近くのスーパーで売っていた198円のアロエです(笑)。水上に行った時のお土産ボールペンが小さいでしょ。自分で育てていたアロエとは全く桁の違う、見たことのないアロエがお手頃な値段で売っていたので、これなら無駄にしてもいいかなと手を出してみました。

 よく、火傷に貼るといいとか、美容によい、なんて聞いたことがありますけれど、自分では生を試したことはなかったんですね。一度食べてみたいものだ、とは思っていたのですが、あまりおいしくないという話も聞いていたので、こわごわ切ってみました。

big_aloe2.jpg

 ところが、ねっとりした長芋のように、洗っても取れない透明な液がまとわりついて、皮をむくのも一苦労。そして、食べてみても、けっこう青臭いというか、渋みがあるんですね…。このままだと、誰も食べないで捨てられることになってしまう…と思った私は急遽、朝の忙しい時間帯だというのに、1カップの水にグラニュー糖50gとホワイトラムをたっぷり入れて薄いシロップを作り、一口サイズに切った透明なアロエを入れて一度沸騰させてみました。味が染みるように夜までおいてから食べてみたのがこれ。

big_aloe3.jpg

 水で薄めたのに、まだねばっこい!(笑)。でも、ここまでくると、そのまま食べても、カスピ海ヨーグルトに入れても、いけましたよ。でも今回学んだこと。それは、シロップ漬けになって売っているアロエは、たぶん湯でこぼしてとろみを取り除いてあるのだろう、ということでした。今回は切ってそのままシロップに投げ込んだために、こんな風にシロップまでどろどろ~になってしまったんですよね。ま、初めての生アロエ体験、でございました(笑)

« 12年前と1年前 | トップページ | 向こうから白いものが… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

さすが雪穂さん!
咄嗟にちゃんと工夫して美味しく食べられるように変身させたのですね~(^^)
生アロエは子供の頃お腹の弱かった私に母が(いわゆる普通の家庭にあるような)アロエをすりおろして食べさせようとしていました。
これが苦くて青臭くて、好き嫌いのない私でも「これはちょっと・・・><」という味で(^^;
なので必ず口直しにチョコレートが添えられていて、それを目当てにアロエを飲み下していました(笑)

>ユウ・Kさま
細っこいアロエをすりおろすってことは、緑の部分も一緒にだったのかしら? 確かにそうだとすりと、かなり青臭いのかもしれませんね…(^^;

でも、加熱したら効能はなくなってしまいそうだから、単なるデザートになっちゃうよね(^^;難しい…(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/13577814

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大アロエ:

« 12年前と1年前 | トップページ | 向こうから白いものが… »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ