2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 雨で着物は… | トップページ | クックパッド日記 »

2007年5月19日 (土)

【星】さくら/シークレット・ハンター

 今日は、星組の安蘭けい・遠野あすかコンビのお披露目公演を観に、東京宝塚劇場まで行っていました。なんと友の会優先公演で、2階ではありますが1列目SS席真センターという特等席が当たったので、友人と二人でいそいそとおでかけしてきたのですが…。いいですね、あのお席!(笑)。トップスターは舞台中心にいることが多いので、視線を上げる時は必ずこちらへ…(爆)。近いからオペラはいらないかな、なんて思っていたけれど、オペラで観ると生唾ものですよ!まぁ。なんて初っ端からファンモードな感想なんでしょうね~。

さくら

 私が観たことのある唯一の和物は、宝塚90周年記念公演の、飛翔無限(短い祝典舞踊)・天使の季節(お芝居)・休憩・アプローズタカラヅカ(ショー)という三本立ての第一部でした。今回、行くまで知らなかったのですが、45分の”さくら”(舞踊詩)・休憩・”シークレットハンター”(お芝居)+短めフィナーレ(ショー)という構成だったんですね。まだまだ続くのかな…ちょっと眠気が…なんて思った時には、もう第一部のラストになっていました。

 それにしても、 とうこ(安蘭けい)さんの声は自然な深みがある、と思います。柚希礼音さんが今回、2番手としての地位を確立していたので単独シーンもあるのですが、これだけ歌って踊れたら新公卒業直後だって次期トップ候補だろうな…と思わせるものがありました。でも、その直後にとうこさんに変わると、う~んさすが!なんですね。歌は言わずもがな。そして、日本物の所作やお化粧など、実力者として満を持してトップスターになったのだ、ということがよく分かります。遠野あすかさんも歌がお上手なので、この二人のコンビは本当に安心して観ることができて…。本当に素晴らしいですね。春野さんが引退ということになったら、私は星組中心になるだろうな…と予感するものがありました。

シークレット・ハンター

 このお芝居は、児玉明子先生の大劇場デビュー作となります。確か、冬物語は好きだったけれど、最近はずしてるな…って思いがあったので、あまり期待していなかったというか、始まる直前までショーなのかお芝居なのかも区別ついていなかったくらいでした。

 ところが!このお芝居、とってもいいです!私好みで、笑いもあり、視覚的にも美しく、とうこさんの歌も存分にちりばめられ、そして何と言っても、物語の流れがとても自然で、あっと驚く展開が伏線を含めて納得のいくものだったからです。

 そして、その後に続くショーも、タカラヅカのエッセンスをきちんと押さえたもので、水色の燕尾で踊る男役だけのシーンも圧巻でした。でも、そんな同じお衣装で踊ると、柚希さんの格好良さはダントツですね。確かに2番手に抜擢されるだけのことはある…と納得でした。

 東京公演が始まったばかりですので、お芝居の詳細は次回、一ヶ月後の観劇の時にしたいと思います。本当に、2回目があって良かった!と思えるお芝居とショーでしたし、最後に友の会優先公演ということで、カード会社の貸し切り公演の後のような、トップスターの挨拶まであって、とってもお得感たっぷりの3時間でした。次回は6月半ばなので、それまで楽しみに待ちたいと思います。

« 雨で着物は… | トップページ | クックパッド日記 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨で着物は… | トップページ | クックパッド日記 »