2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 冷蔵庫のプラスチック疲労 | トップページ | おにぎり覚書 »

2007年5月14日 (月)

言葉は命がけの飛躍

 まぁ珍しくインテリジェントな題名~(笑)。土曜日に、中一の授業参観に行ってきたのですが、その時に目にした一文が、その前日に感じていた私の感覚ととても似ていたので記録しておこうと思います。 それはこの文⇒

 「言葉と物の結びつきは命がけの飛躍である。」

 これが、中1現代国語の授業参観のお題でした。これはどういう意味なんだろう?というところから話が進んだのですが、簡単に言えば「犬という種類の動物を”犬 (イヌ)”と呼ぶようになったのは、単なる今の日本人の決め事であり、時代や場所が違えばその約束は成り立たない。そのように、全くつながりのないものを関連づけているのが言葉だ。」ってことだと思います。

 実はその前の日、クックパッドから私のレシピが本として出版されたので、パーティー会場へ行く前に書店で買い求めて、持参していました。私は、このブログを読んでいる人にその本を見せながら、内心、「私の知り合いがたまたまこの本を買ったとしても、この”ゆきほ”さんが私であると結びつきはしないのだ。ゆきほ、という名前は、ほんの数年前に自分で決めた、自分だけの約束事であって、私がそれを周りの人と共有しない限り、それは私の中でしか通用しない決め事なのだ。」と思っていたのです。まさに、この一文はそれを表しているように思いました。

 外国語、というのはまさにこれで、地域が違うとその音と物の結びつきの決め事が違う、ってことですよね。同じ日本国内だって、時代が違えば意味が通じないだろうし、現代で、同じ言葉を使用していたとしても、その各個人の受け取り方の違いで誤解が生じる。

 開け放った窓からうぐいすの声が聞こえてくる授業風景でしたが、いろいろと自分の考えが飛んでいってしまう一時間でした。

« 冷蔵庫のプラスチック疲労 | トップページ | おにぎり覚書 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷蔵庫のプラスチック疲労 | トップページ | おにぎり覚書 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ