2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

« つくレポ:和風ローストビーフ | トップページ | 母の味:スープ煮じゃが芋 »

2007年5月29日 (火)

息子(は温泉卵)に夢中

onsen_tamago.jpg 栗本(中島梓)ファンなら、このタイトルに「おっ」と思ったはず(笑)。『息子に夢中』という本は、昔子供たちが小さい頃に、何度も読み返した作品名です。

 題はさておき、内容は全然違います…(笑)。ただの温泉卵の話。先週土曜日のことですが、なぜか急に温泉卵が食べたくなったという息子に、以前通販のおまけでついてきた”温泉卵ポット”という保温器具を出してあげました。卵を2個セットして、沸騰したお湯を線まで注ぐだけ。卵のサイズや保管状態で保温時間を変えればよいだけの、簡単な調理器具です。

 この写真は、2回目の挑戦でうまいぐあいの固まり具合になった時のもの。息子はこれに、ミ○カン追い鰹つゆ、をかけるのが大好きなんです(笑)。うちの決まりとして、足りないノートや食材は冷蔵庫のホワイトボードに書くことになっているのですが、この温泉卵ですっかり少なくなってしまったので、「次にお買い物するときに忘れないように、そこに書いておいて」と頼んだら、3本線に○印のまるで郵便局のようなマークがでかでかと書いてありました…。

 そんなわけで、先週末は温泉卵をマスターした息子。おとといだったかしら。5時半くらいに携帯に電話がかかってきたので、また鍵を忘れて家に入れないという電話かしら…と思ったら。

 「おかあさん…温泉卵作りたいんだけど…」

まぁもう中学生だしな、と思って、火の元だけきちんと止めるようにと言って電話を切ったら、帰ったときにはあと数分で出来上がり、という温泉卵用のタイマーが動いておりました(笑)。また今日も作っていたので、明日の朝は温泉卵の予定です。

« つくレポ:和風ローストビーフ | トップページ | 母の味:スープ煮じゃが芋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくレポ:和風ローストビーフ | トップページ | 母の味:スープ煮じゃが芋 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ