2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 安蘭けいさんお茶会 | トップページ | つくレポ:アジアン風しそハンバーグ »

2007年6月11日 (月)

【星】さくら/シークレット・ハンター:My楽

 土曜日は、星組公演を観てきました。2回目にしてMy楽。でも、本当に楽しい、充実した公演です。でも今私は、ちょっと調べ物をしてびっくり状態で…。チョンパで始まる1幕は松本悠里さんの白拍子がかわいく素敵で、日舞を知らない私にさえその動きひとつひとつが洗練されているとよく分かるので、どんな方なんだろうとWikipediaを読んだら…。なんとテニスプレーヤーの松岡修造さんのお母様と同期なんだそうですね。まぁ…。母に近い年齢で、あの踊りと容姿だなんて、素晴らしいです。

 公演情報や、対談などは⇒こちらを参照 (SkyStageへリンク)

さくら

 私が前回見た時の感想はこの5月19日の記事に書いてありますが、実はこの日、東京宝塚劇場にたどりついた時はかなり疲労していて、寝不足状態だったんです。脚本のあるお芝居と違って、ショーはとても心地よく、あ~なんか眠気が…と思ったら、この和物ショーは45分で終了なんですね。普通1幕目が1時間半。そして30分休憩があって1時間のショー、というのが通常の公演なので、え!え!眠気がなんて言っているヒマないじゃない!と慌てた記憶があります(笑)。それがわかっていたので、今回は十分に和物ショーを堪能してきましした。

 演劇フォーラムでお話が出たようですけれど、昨日のお茶会で、とうこさんがチョンパの話をしてくださいました。私はこの公演を観るまで知らなかったのですが、チョンパというのは、幕が開く前、客席が一瞬本当に何も見えないくらいの暗闇まで暗転し、そのあと拍子木の音を合図にパッと明るくなると、舞台一杯に並んだ人たちが見える…という幕開きの演出のことです。これは私も、まぁ~すご~ってにっこりした記憶があるのですけれど、この時安蘭けいさんは出ていらっしゃらないのです。あれ?と思ったその後に登場するのですけれど、これには意味があるそうで…。

 演出家の先生は、このチョンパへの拍手と、安蘭けいさんへの拍手を分けたかったのだそうです。この、最初の拍手はチョンパ、つまり組子全員への拍手。そしてその後の拍手は、とうこさん1人への『お披露目おめでとう』の拍手。もちろん私も、今思うとそう思って拍手をしていたと思うので、なるほどーと納得でした。

シークレット・ハンター

 今回は2回目、そして東京公演も後半に入ったということで、ネタバレも含めて書こうと思います。もしまだご覧になっていらっしゃらない方は、この先ご注意ください。

 まず第一印象は、『海外ミュージカルでない、座付きの演出家の作品の中では、近年見られないほどの良い作品なのではないか』ということです。ただこれは、お披露目のトップ二人が歌も芝居も実力のある方だから言えるのかもしれない、とも思いました。微妙なかけあいと、騙しあいの続くストーリーなので、新人公演には難しいかもな…と思ってしまうくらい。でも、視覚効果、演出や脚本、そして歌やお芝居のレベルの高さを思えば、他では珍しい和物ショーもありますし、宝塚を初めて見る人に勧めたい公演だと思います。とにかくそれに尽きるかな…。

 あと、私のツボは以下のとおり(笑)

  • 組長の英真なおきさん。最後のお母さん役が、すっごくいい!思いっきり笑わせてもらいました。
  • カリブの踊りと歌で、柚希礼音さんの成長振りに感心しきり…。
  • でもその直後、やっぱりとうこさんが出てくると、聴かせる歌だなぁ…と実感。
  • 水色の男役だけの大階段は壮観!でも、そんな同じ服、同じ振りなのに、柚希礼音さんの踊りはやはり目立つ。今回2番手お披露目と言われるのもわかるなぁ…。
  • ショーの終盤、銀橋で最後にとうこさんが1人で拍手を受けるとき、耳に手をやって”もっと!”という素振りを見せたのが、素っぽくていいわぁ~。
  • 20列目だったけど真センターだったので、座った私と銀橋に立ったジェンヌさんの視線が同じくらいで、オペラを見ていると、どうしてもニマニマ(^^;

こんなところかな。とても楽しい公演でした!

 

« 安蘭けいさんお茶会 | トップページ | つくレポ:アジアン風しそハンバーグ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安蘭けいさんお茶会 | トップページ | つくレポ:アジアン風しそハンバーグ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ