2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« ニッケルハルパ | トップページ | グイン外伝21巻『鏡の国の戦士』 »

2007年7月18日 (水)

源氏物語:あさきゆめみしⅡ

 16日海の日は、この日の記事でも書いたように、大阪の梅田芸術劇場まで日帰りして、「源氏物語:あさきゆめみしⅡ」の花組公演を観劇してきました。

 この公演は、2000年に花組で上演された、愛華みれさん主演「あさきゆめみし」の再演です。源氏物語を、現代人にも分かりやすく漫画で再現した大和和紀さんの「あさきゆめみし」をベースに、刻の霊(ときのすだま)というニューキャラクターを登場させているのですが、この人がエリザベートで言うところのルキーニ。漫画の”ト書き”部分になります。

 初演当時は、主演男役が源氏、2番手が頭の中将、そして今回主演の春野寿美礼さんが刻の霊という配役で、主に須磨に流された後の話になっていました。それが今回、主演は源氏と変わりませんが、2番手の真飛聖さんが刻の霊、3番手の壮一帆さんが頭の中将となっています。源氏の生い立ちがもう少し最初から詳しく語られているので、説明役の刻の霊の比重が、とても大きくなっているのでしょうね。

 また、源氏物語とは、光る君の女遍歴の物語でもあるので(笑)、娘役にスポットが当たっている作品と言えるのではないでしょうか。初演の明石の君は、今雪組主演男役でエリザベートのトートを演じている水夏希さん。でも、今回は絵莉千晶さんでしたし、朧月夜の鈴懸三由岐さんが2番手娘役の位置に思えました。主演の桜乃彩音さんが演じている藤壺と紫の上は別格としても、その他に、女三の宮の桜一花さん、京三紗さんの六条の御息所など、個性溢れる女性が次々と現れるのですからね。このような一本物だからこそ、普段の大劇場公演では見られないような、周りの人たちの台詞や歌が新鮮だったように思います。

 私は高校時代、古典の先生の個人的な趣味のために、1年間古典は源氏物語だけ、という経験をしました。おかげで、古典の原作と大和和紀さんの漫画を対比しつつ、飛び飛びではありますが、自分の言葉で現代語訳にしたノートがまだ手元にあります。当時は、人とお付き合いもしたことのない女子高校生だったので(爆)、不義の子を産んだ藤壷と光る君と桐壺帝、そして20年近くたってからの女三の宮と柏木と源氏、そして紫の上と明石の君の思いやりと苦渋に満ちたやりとりや、死に際でも社交儀礼しか話せない源氏と藤壷。そんな関係は理解できませんでした。そんなことあり~?みたいなね(笑)。でも今回の桜乃彩音さんの演技は、その切々たる想いがちゃんと伝わってきて、とても良かったと思います。

 そのような経緯もあって、源氏物語はかなり思い入れの深い作品ということもあり、一幕一幕が、その当時を思い起こさせるような懐かしさを伴っていて、遠征した甲斐があった公演だったなぁ~と思いました。

 ということで…真面目な感想はこれまで。それでは、ミーハーな個人の感想にいきましょう(笑)

真飛聖さん

 幕が開いてすぐに現れる刻の霊。金髪で、背景は宇宙。まるでロケットが似合うようなそんな演出にびっくりしつつも、まぁ漫画では頭の中将が金髪だしなぁ~(笑)と思いつつ、楽しんでいました。歌がとても良かったので、今後が楽しみ!って思っています。このト書きがなくっちゃ、物語が動かないものね。さすがでした。そしてフィナーレの最初もすごい!涙から一転してのキラキラお衣装と長い黒髪ですから(笑)。と~っても格好よかったです。

桜乃彩音さん

 歌がとても安定してきましたね~。今回クローズアップされていた朧月夜の君が、ちょっと歌に不安なところがあったので、余計その成長ぶりに驚いたのかもしれませんけれど…。でもとても良かったです!本文の方にも書きましたけれど、どんどん成長している姿に脱帽でした。

春野寿美礼さん

 とにかく美しい…。クラシックコンサートやファントム公演を経て、今までの男役という殻から一歩抜け出たような、そんな自然な美しさがありました。何年か前は、贔屓目に見ても、歌い方に癖があったり、演技に臭さがあったり、という時もあったと思うのですけれど、でも今回は、退団を控えてふっきれたのか、余裕と貫禄を感じましたね…。素晴らしい。

 そしてラストシーンは…ぼろぼろと涙が…(笑)。この記事にも書いたように、7年の時を経て、初演のカゲソロから再演の主演までの道のりを思い、感無量でした。愛華さんは舞だけだったのですから、春野さんは舞も歌もで大変だとは思いますけれど、やっぱり歌ってくれてうれしかったです。退団まであと半年もありませんが、最後まで輝いてほしいな~と思いました。

« ニッケルハルパ | トップページ | グイン外伝21巻『鏡の国の戦士』 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

こんばんはです。
友人がヅカファンなんですけど、かれこれ20年近く前(爆)、確かフランス革命200周年のときのベルばら再演から1~2年後あたりだと思うのですが、
ある日車にのせてもらったときの車内BGMの一曲に
「こ~いの~はなさくご~じゅうよじょう~~~~♪」
という歌があったのですが、
このときが「あさきゆめみし」の初演だったのでしょうか?
もしご存知でしたら教えてくださると嬉しいです。
他の歌詞は覚えていないのにどうしたものだかこのサビの部分だけいまだにメロディーも憶えているんです(笑)
ひとの記憶ってふしぎなものですね。

それにしてもヅカの「あさきゆめみし」ですが、
藤壺から女三の宮まで登場するということは
源氏が17さいくらいから40くらいまでですね(^^ゞ
夕霧が赤ちゃんから20さいくらいでしょうか。
こんなことを真面目に考えて舞台をみてはいけないんでしょうけど。すみません。

>絢子さま
私もわからなかったので、Wikipediaで「新源氏物語」で検索してみました。

「光源氏は'81の初演は榛名由梨、1989年の再演は剣幸」
と書いてありますね…。田辺聖子さんの源氏をベースにした脚本なのでしょう。今回は、初演が2000年。愛華みれさん主演で、大和和紀さんの漫画がベースの作品です。

この源氏はせいぜい30年ですけれど、その後にみた雪組のエリザベートは45年間ですからね(笑)子供から老人まで、さぞかし大変だと思います~~~(笑)

こんにちは、通りすがりで失礼致します。
その歌は「新源氏物語」で間違いないです。
タイトルは「恋の曼陀羅」だったような?
『恋の曼陀羅54帖、恋の脱け殻54帖』という歌唱だったかと。
『共に笑うは恋の始まり、言い訳ばかりは恋の終わり。
嘘も誠もたまゆらの……』からその歌詞へとと続きます。
とても素晴らしい歌なのでオサさんで聞いてみたかったです。

>雪穂さま
はじめまして。風知草のとみといいます。上方に棲息する雑食系です。宝塚歌劇は初心者で,雪組を中心に拝見しています。源氏系作品には思い入れがあって,いずれ決定版を完成させ,世界に誇るミュージカルとなってほしいと願っております。
ワンのときに比べ,時間が倍で人数半分ですから4分の1にならざるを得ない制約がありましたが,春野さんが当時の倍くらいに大きくなっておられまして,曲も倍で収支1と思いました。
紫の上さんの御法,思い出しても号泣…。愛のためだけに育てられ,愛すること以外知らずに生き,それでも幸福だったと言い切る大鳥さん大好きでした。あやねさんも健気でした。勝ち逃げの藤壺さんはあきません。藤壺さんの時間をあまり増やして欲しくなかったです。
風知草,いっぺん見ておくれやす。

初めまして!>カトリーヌさま

そうなんですね~。どうなのかな?とちょっと心配しつつの返信だったので、知っていらっしゃる方に確認していただけて、とても安心しました。

コメントどうもありがとうございました m(_ _)m

>とみさま

初めましての方に、自己紹介までいただきまして、本当にありがとうございました!

風知草にアップしてある、とみさまの感想を読んだので、ここにコメントして下さった背景なども分かり、なるほどね~と思っていました。新たな視点で見れるのは、とてもおもしろいですね(^^)

幅広く観劇されていらっしゃるので、参考にさせていただきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニッケルハルパ | トップページ | グイン外伝21巻『鏡の国の戦士』 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ