2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 人間ドック結果 | トップページ | ゴーヤと豚のチリマヨ和え »

2007年9月 8日 (土)

とんぼ玉教室:第8回

 夏休みが終わって土曜日の学校が始まったので、久しぶりにまた専業主婦気分の味わえる日となりました。だんなと子供が早朝から出かけてしまったので、CSのタカラヅカニュース総集編をつけたまま家事すませ、午前中はとんぼ玉教室へ行ってきたのです。

 今日は水中花の日。以前、一つ一つの花に透明ガラスを乗せたことはありますが、前回一気に透明ガラスを巻きつける方法を教えていただいたので、今回はその方法で挑戦です。

 ところが…。結果は悲惨(^^;。

tonbo_yukiho8_1.jpg

 左のが1個目。小さなベースにお花を乗せるところまで自分で作ったあと、先生がお手本としてクリアガラスを巻いてくださいました。それをコテで形作っただけなので、お花も全体の形も、かなり整ったとんぼ玉に仕上がっています。

 右が、初めて自分で巻いたもの…。均一に巻けない上に、それを直そうとバターナイフで整形していたら、バターナイフが温まってしまってガラスがぺとっと付いてしまったんです!取ろうとしたら、花の形がびろ~んと伸びてしまい…(爆)こんなおばけ花になってしまいました。その上、ガラスがまだ熱いうちに入れたせいでしょうが、灰のざらざら感が残っています。

tonbo_yukiho8_2.jpg

 左が3個目。それで、この玉は灰に入れるときにちょっと一息おいてから入れたら…。今度は冷えすぎたようで真っ二つ!でも表面はつるつるなんです…。この、灰に入れるタイミングこそ、経験なんでしょうね。でも色合いは気に入ったので、次回はこの雰囲気で行こうと思っています。

 そして最後。これは、基本に忠実に行こう!と花の点々を丁寧につけたつもりでしたが、クリアガラスをたらして巻き取るところはうまくいったのに、その後の処理がまずく…。バターナイフにぺとっとついて、やはりびろ~んとなってしまいまいした…。

 先生の素敵な作品はこちらのサイトで見ることができますけれど、同じものを作ってもこうも違うのか!という雰囲気ですよね。最初の目標はこの水中花をマスターする!でしたが、今は、お花を埋め込むタイプを一度は作ってみたいな~と、野望は大きくなるばかりです。

 今日は帰ってからお昼寝できたのが、またがうれしかったな…(爆)。明日は『休日の家事を済ませる日』、となりそうです。

 

« 人間ドック結果 | トップページ | ゴーヤと豚のチリマヨ和え »

とんぼ玉」カテゴリの記事

コメント

状況がひとつひとつ、とってもよくわかります!
クリアガラスをかけるのは毎回ドキドキでしたし、玉を灰の中に入れるタイミングは未だに「これだ!」というポイントが掴みきれずにいますσ(^^;
でも、雪穂さんはすでにしっかりとヘソが出来ていますね~。
凄い凄い!

真っ二つに割れた玉は残念でしたけれど、これ、ビーズでフレーミングをすると生まれ変わりますよ。
模様が綺麗に出ているようなので、是非お試し下さい♪

>ユウ・Kさま

状況、わかってくださってうれしいわ(笑)

真二つに割れた時にね、実は真っ先にユウ・Kさんのことを思い出したの。ビーズで素敵に変身させてたな~、割れるなら、こう割れて欲しいって書いてあったな~ってね。

でも、私にその創作ビーズはムリですし、この方向から撮った写真だときれいに見えている黄色い花も、真正面から見るとあまり…という雰囲気だったので、先生の勧めにしたがって、2液のボンドで貼り付けてみました。結構復帰するものだなぁ~って思っています(^^;

次回、またこんな風に割れたら、ユウ・Kさんのビーズテクを参考にさせてもらいますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間ドック結果 | トップページ | ゴーヤと豚のチリマヨ和え »