2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

今年はつくねで始まりつくねで終わる

 2007年の始まり、1月11日に1つのメールが届きました。それはCookpadから『あなたのレシピがノミネートされました』というお知らせでした。その後2次審査に通って、3月24日に『掲載決定』の通知が届き、5月に本が発売。そして、そのレシピのアクセス数は発売後このように推移しています。

06月: 2382
07月: 2694
08月: 2933
09月: 8006
10月:27935 (100人おめでとう掲載)
11月:15087
12月:10193

renkon_ninki_1.jpg

 でも、私にとって一番の収穫だったのは、子供たちから見直されたことだと思っています。今まで、おかあさんはご飯を作ってくれる人、だとは思っていたと思うのですが、思春期の娘にとっては、やはり客観的な評価というのは違うようですね…。特に言葉で言わなくても、いろいろと手伝ってくれたり、素直に指示を聞いたりするようになった気がします。

 そして、このレシピがきっかけで後輩たちがうちに来てくれたり、沢山の方がつくって写真で報告して下さったりと、さまざまな方と交流するきっかけにもなりました。みなさま、本当にありがとうござました。

 それでは、このブログにお付き合いくださいました皆様。また来年も、気の向くままに更新していくつもりでいますので、おつきあいいただけたらうれしいな、と思っています。あと2~3時間で今年も終りますが、どうぞよい年をお迎えくださいね。皆様にとって、来年が素敵な1年でありますように!

 2007年12月31日 雪穂

2007年12月30日 (日)

味噌の仕込み2007

 今日ではありませんが、先週末の連休中に味噌を仕込みました。去年、息子の受験のどさくさに紛れて生協で見落としてしまい、今年秋に出来るはずだった味噌を仕込み忘れてしまったので、今年は例年より早めに仕込むことにしました。

 前の晩からふやかしておいた大豆を、5~6回くらいに分けて圧力鍋で柔らかくします。錘が回り始めてから15分後にはすりつぶし始められるので、二人で作業すると早いです。

miso_2007_1.JPG

 塩きりこうじ(糀と塩を混ぜたもの)と、すりつぶした大豆。大豆は、大きなボールで3杯分ですね。

miso_2007_2.JPG

 仕込み用の容器に詰めているところ。ここまでやると、もう来年の秋を待つばかりです!

miso_2007_3.JPG

 おととしに仕込んだ味噌がまだ少し残っているのですが、それは味噌の味を楽しむことのできる”練り味噌”用に取っておこうと思っています。

2007年12月29日 (土)

コロボット動画

  先日クリスマスプレゼントで、家にロボットくんがやってきました。

co-robot.jpg 

 簡単な組み立てではありますが、自分で作る体験も少々できます。

co-robot_1.jpg

 動かしてみたらこんなかんじ。モーター1個でよくこんなに、サッと起き上がれるな…って思いますよ!

2007年12月28日 (金)

最初で最後のアクセス数

access_2007_12.jpg 先日、久しぶりにアクセス解析を見ました。宝塚記事が間遠になっていたこともあり、アクセス傾向など最近は全然見ていなかったんですが、でもこのあいだ、あれ?カウンターが知らない間に2万に近くなっている…?と思ったんですね。それで、ちょっとのぞいてみたら…千秋楽の翌日に、何と一日のアクセス数が619にもなっていてびっくり。緑の棒グラフが示している「訪問者数」は、ここのところずっと二桁だったのになぁ…。さすが、おささん!

退団記者会見の模様 (ENAK)

 8000人ですか…。でもそれも、春野さんの退団を機に、このブログのアクセス数も落ち着いてくることでしょうね。千秋楽レポートと最後のパーティー報告で、このブログも一つの区切りを迎えたのかな、と思って、記念にこの二種類のグラフを載せてみることにしました。黄色い棒はアクセス数、緑が訪問者数、検索ワードは1週間分です。でも、何でここで苺のモチフィーユ…なのかな?(笑)

access_2007_12_1.jpg 

2007年12月27日 (木)

Farewell Party

osa_last_party.jpg 本日は、春野寿美礼さんとして最後のファンサービスの日。Farewell Partyでした。本来であれば千秋楽後に催されるものらしいのですが、12月24日という日は、ホテルにとっては一番の繁盛期…。1000人以上を収容できる場所が確保できなかったようで、3日後の本日開催されました。内容は、今までを振り返ったり、千秋楽の入り出のビデオを見たりと、ファンへのメッセージとサービスが主でしたので、詳細は省略させていただきます。ですが雰囲気だけ、少々…。

「退団してからは…夜更かししてます!(会場笑)家族とゆっくり話したり、ぼーっとテレビを見たり…。しばられない感じがしています。」

「千秋楽の入り待ちは、普段と同じような感覚で来てしまったら、車から降りたとたん(目の前が)真っ白で…。夢の中を歩いているようで、優しい気持ちで入りができました。」

「出のパレードは…。皆さん、ものすごく叫んでいましたよね!?のど、大丈夫でしたか…?(会場笑) 豪華な夢をプレゼントされたようでした。」

「トップになった時、ファンとの距離を近くしたいと思っていたので、なれて良かった…と思っています。私が快適に過ごせるよう、スタッフの頑張りはすごいものだったと…。本当に幸せでした。皆さんも、沢山の幸せを得て、体を大切に、すばらしい人生を歩いてください。皆さんの幸せを心から願っています。」

osa_last_party1.jpgおささんのあたたかさが伝わってくる、さよならパーティーでした。

2007年12月26日 (水)

シーラカンス目撃!

 世界に数えるほどしかない、生きている化石のシーラカンス。先日その一匹を見る機会がありました。解凍後だったらしく、見えた色は黒と銀が混じっていましたが、正直言って、私は「シーラカンスって何だっけ…?」状態(^^;。Wikiで調べてなるほど~って思いましたよ。私が見たシーラカンスは、体長166cmで体重105kgだったので、4階から眺めても分かるくらいの巨大なお魚さんでした。

 翌日息子に、シーラカンスを見たよ!と話した時の会話です。

私:「今回はね、解凍した死んだシーラカンスだったんだよ。生臭かった。」
息子:「あ、深海魚だもんね。」
私:「え?おまえ深海魚って知っているの!?」
息子:「当たり前じゃん!」
私:「おかあさんさー、生きている化石、っていうのは知ってたけど、『化石が動いているわけじゃなくって、化石と同じ形のまま今でも生きている魚だ、ってことだよね?』って皆に聞いたら、そりゃそうだろう、って言われたよ…。」
息子:「お母さ~ん、何年生きているんだよ~、もう全く~、○○○でも知っているのに…。」

ま、生きていても知らないことはありますよね…ちがう…?(^^;

2007年12月25日 (火)

甘辛の骨付きチキン&からくり時計

 本日はクリスマス。日本では23日がお休みのためか、イヴが全盛の感がありますけれど、今日が当日ですよね。とはいえ、うちは16日に実家で鴨やキッシュ・ケーキ・プレゼント交換などでお祝いが済んでいるので、23日に軽くクリスマスメニューを作りました。

chiristmas_2007.jpg 

 このチキンは、自分が小さい頃に定番だったクリスマスチキン。昔実家では、今のように丸のままの鴨を買ったりするのではなく、このチキンがメインだったように思います。単に、しょうゆで煮込んだ甘辛味なので、クリスマスに限ったメニューではないと思うのですが、なぜかクリスマスに出てくることが多かったですね。

 今回は、車を修理に出していて食材を買うのが大変だったので(=そんな田舎に住んでいるので(笑))、生協で頼んだカニ甲羅グラタン、そしてこれまた生協で特集を組んでいた、有名店のティラミスケーキ、そして会社の創立25周年でもらったワインセット。そんな簡単なメニューでしたが、それだけ並ぶと雰囲気が出て、主婦としてはラッキー~(^^)v

chiristmas_2007_karakuri1.jpg

 そして最後に。昨日たまたま通りかかって撮影した、からくり時計のクリスマスソングで今日はおしまいです。よく知っている曲だとは思うのですが、題名がわからないので、どなたか知っている方がいらしたら教えてくださいね! 昔コーラスで歌ったはずなんだけどなぁ…グロ~おぉぉぉ、お~ぉぉぉ、お~ぉぉぉ、お~リア~♪、だと思うんだけど(笑)

 あ…何でこんな時間かというと、本日は有休取得推進日で、お休みを取っているからです!就業時間中にアップしているわけではございません…。先ほど息子とテニスの真剣勝負をしてきて、今は家でまったりとしているところです。

2007年12月24日 (月)

春野寿美礼さよならショー

 今日は春野寿美礼さんの退団の日。去年の春野さんの誕生日の記事に書いてから、いつか来る日と思っていたその日が今日でした。あと1回観劇か、映画館で千秋楽の中継を見るかの選択を迫られ、迷わず中継チケットを取った私。拍手が届かない映画館でも、千秋楽には代えられないと思ったからです。

 それは間違っていなかった…。今日は映画館に行って、本当にそう思いました。巨大スクリーンを目の前にして、オペラでも見えないほどのアップ映像を、リアルタイムで見ることができるのですから…。どれくらいアップかというと、タイツのしわ、大階段のボルトまで見える、と言ったら分かるでしょうか(笑)。それもラストディにふさわしく、他の人が台詞を言っている最中でも、カメラはおささんを捕らえているんですよ。いつもは見逃す映像も、あ、ここでこうやっているんだ!と新しい発見があるほどでした。幕開きの最初、「伊沢一郎の指揮により…」のアナウンスが流れた時には、伊沢おじさまのどアップが写って、劇場内は笑いの渦でしたしね…(笑)

アデューマルセイユ

 千秋楽ならではのお遊びはほとんどなく、まじめなオサさんのラストにふさわしい、さりげないアドリブが印象的でした。

(1)ジャンヌがシモンの彫った、雪だるま型の石鹸を見て…
ジャンヌ「へ~、何これ…?シモン?」(本当は雪だるま)
シモン「ちっが~う!!!おまえだ!」

(2)その後…ジャンヌが怒って出て行く時、ジェラールに…
ジャンヌ「私があんな風に見える!?」
ジェラール「そっくりだ!」(本当は大変だな)

(3)最後のシーン。シモンがヴィーナスの彫刻を手にしている時…
ジェラール「シモン、腕が上がったな」
シモン「やった!」(本当はだろ!?)

 最後の10分。私はこのシーンを観るために通ったと言っても過言でないかと…。詳しくは前のブログに書いてあるのでそちらをご覧になってくださいね。第17場の、花組全員による大コーラスで盛り上がる中、「アデュー~、マルセイユ~♪」と歌うおささん、そして最後の一言「アデュー」。やはり、千秋楽の言葉として聞くと、今までとは全く違って聞こえます。永遠にさようなら、タカラヅカ。懐かしく忘れたことのないわが故郷、きっとその言葉どおりにオサさんも旅立ったことでしょう。

ラブシンフォニー

 花純風花さん、いろいろな場面で、ドレスに花をつけていましたね!鈴懸三由岐さんと共に、トップ・次期トップと組んで踊る場面も多く、演出の配慮が感じられるショーです。「遠く離れていても、君を思っていることを忘れないで…♪」と歌う春野さん。歌はもちろんですが、未涼さんの歌をバックに、1・2・3番手で踊るスペインの踊りもとても素敵だし、ソフト帽をかぶった姿は絶品だと思います(笑)。…ま、最後だと思って見逃してやってください(^^;。

さよならショー

 始まった途端、いきなりの衝撃(笑)。YOSHIKI作曲の『世界の終りの夜に』で登場…。次々と歌う曲は、私がタカラヅカにはまった歴史そのものでした。その思いは、CDの記事に熱く書いてありますので(笑)そちらを読んでいただければと思いますが、それが目の前で今、おささん本人が歌っているのです…。それも、芝居が入っていない、肩の力の抜けたすばらしい歌い方。CDよりずっと素敵だったと思います。一緒に歌いたくなるような、今までの思いが全てよみがえってくるような、そんなさよならショー。今まで映像でさよならのシーンを見ても、ここまで思いが入ったことはなかった。やっぱり、私はこの、春野さんの歌を聴きに劇場に通っていたのだ…と、あらためて認識したさよならショーでした…。

最後に

osa_last_day.jpg メークを落として、すっかり普段のおっとりした女性に戻って、緑の袴姿で皆の前に出てきたおささん。手の届きそうな位置で、ゆっくりとファンの一人一人を優しく見つめながら、手を振って歩いていく姿を見て、私は感謝の気持ちでいっぱいになりました。これからは、自分のために、ゆっくりと時間をつむいでください。今まで走り続けてくれて本当にありがとう!

2007年12月23日 (日)

明日千秋楽は卒業の日

 このブログで取り上げることの多かった春野寿美礼さんも、明日の千秋楽で卒業(退団)になります。東京では観れないかも…と大阪まで強行日帰り遠征をしましたが、結局東京で平日公演を含んで3回観劇することができました。

 大阪:宝塚遠征速報

 大阪:お土産Goodsと思い出

 大阪:アデューマルセイユ観劇日記

 東京:初日入り待ち

 東京:観劇初日

 その後の観劇中も、いろいろとメモに書き留めていたのですが、この日記以上の思いは書けないな…と思ってアップしないまま今に至ってしまっています…。

 そして明日、友人から中継(千秋楽の模様を映画館で放映する)チケットを譲ってもらったので観にいく予定です。ぴあで、発売開始5分で完売したという貴重なチケットなんですよ。生で観劇はできませんが、皆とタイムリーに千秋楽の様子を体験することができますので、心に残る日になるのではないか、と思っています。

2007年12月22日 (土)

八王子Mar

 昨日は部署の忘年会。製品は違うけれども同じような仕事をしている人たちが集まったので、初めて話す方も多かったかなと思います。今回はちょっとおしゃれなイタリアン。東急スクエア内のマルでした。メニューはこの通り。


アミューズ サーモンのマリネ
前菜3品 ①季節のフルーツとパルマ産生ハム
②チーズのキッシュ
③ムール貝の白ワイン蒸し
サラダ ワカサギのフリットサラダ
ナポリピッツア マルゲリータ
パスタ 国産にんにくのぺペロンチーノ
メイン 牛ホホ肉の赤ワイン煮
ドルチェミスト パンナコッタフラゴーラ
ガトーショコラ
バニラジェラートの盛り合わせ
コーヒー又は紅茶

 前菜の「季節のフルーツ+生ハム」は”洋梨(ラ・フランス)”でした。生ハムもチーズキッシュも、周りの人たちにはあまり好評でなかったようですけれど…私は、キッシュは良かったな(笑)。前にこんなつくレポをしたくらいですから、チーズ系のキッシュが好きなんですね。まぁ、ブルーチーズのせいもあったのかな…?とは思っていますが。

itarian_maru.jpg でも、一番のヒットはこれ、『牛ホホ肉の赤ワイン煮』。牛のバラなどは煮込むとパサパサ感が出てしまいますけれど、適度にゼラチン質が含まれていて食べやすいし、ソースも合っていたな…と思います。お高い部位かと思いますが、正月休みにでも作ってみようかな…なんて思いました。ま、ホホじゃなくても、スネと圧力鍋を使えば、こんな雰囲気になるかな…?(笑)

2007年12月21日 (金)

死亡事故

 朝NHKニュースから聞こえてきた「八王子市内で小学生が死亡」の声にびっくり…。中一の子供も思わずテレビを振り返ったらこの事故が報道されていました。

トラックにはねられ塾帰りの小6死亡 東京・八王子

  家から歩いて行ける距離の交差点、それも私が毎日通勤で通っている交差点で、息子の一学年下の子供がトラックにひかれて亡くなったというニュースでした。面識はないものの去年まで同じ学校に行っていたわけで、運動会などの行事で目に入ってはいたはずの子が…と思うと、やりきれない思いでいっぱいです。

 今朝自転車で沢山のお母さんたちとすれ違ったので、きっと緊急の会があったのでしょう。ハンドルを握ってその道を運転する者としても、年の違わない子供が同じように自転車で通っている母の立場としても、とても複雑な思いです。でもここでは…まずは、ご冥福を祈りたいと思います。

追記:16時
 よくよく聞いたら家から歩いて1~2分の、息子と同じ学童に通っていたタウン内のお子さんでした…。ショックです。

2007年12月20日 (木)

当日

 無事終了、の報告が聞けることを、心より祈りたいと思います…。

追伸:これだけだと意味の分からない方もいらっしゃるので紹介しておきますが、詳しくはこちらを読んでくださいね。先ほど成功との報告があり皆でホッとしているところです。

2007年12月19日 (水)

狼とキャベツとやぎ

今日は、平成12年度の秋季上級システムアドミニストレーターで出た、という問題を。

旅人と狼と山羊とキャベツ

息抜きにどうぞ、と教えてくれた方がいたので早速やってみたら、小さい頃に解いたクイズでした。皆様も知ってらっしゃるかな?

 

2007年12月18日 (火)

坦々(だんだん)麺:はしご

hashigo_200712_1.jpg 久しぶりに、坦々麺専門店に行ってきました。

 支那麺 はしご 銀座本店

 あと1時間早く着けたのなら友達と合流できたのですけれど、余裕時間は30分。コンビニ弁当を買って中で食べるか、このお店まで強行軍をするか、ちょっと悩みました(笑)。

 ま、でも、一週間前もあきらめたので、今回は行くか!と思って、早足で向かったら、お昼休みを過ぎていたからでしょうか。すぐに座れてラッキーでした。でもいつものように、スーツ姿のおじさまとOLでにぎわっていましたね。

 ”たんたん麺”、ではなく、これは”だんだん麺”。たんたんを想像すると、ちょっと違うかもしれません。ひき肉ではないし、スープに化学調味料を一切使用していない、柚子の効いた、あっさりめの坦々スープです。

hashigo_200712_2.jpg そしてどのメニューも、普通・中辛・大辛が選べます。そして、写真の向こうに見えるご飯と漬物がおいしいですね!今回は、ノーマル坦々の中辛にしましたが、急いで食べるのに辛いものを選んでしまったと、食べ始めてからちょっと後悔(笑)。「きゃー辛くはないけど熱い~」と1人でわたわたしてしまいました…。

 結論:390円にしてはなかなかおいしい会社の坦々麺も、家の近くの太麺の味噌坦々も、このあっさり細麺坦々も、おなじ「坦々麺」というくくりだと思うと、かなり差があるな…と思いました。(独り言:まるでどこかのブログみたいな記事だわ…(笑) )

2007年12月17日 (月)

とんぼ玉教室:第14回(初レース棒)

  先日、とんぼ玉教室14回目に行ってきました。今回は持ち帰りの玉はなし。この写真の細い棒を作って、お教室に置いてきました。

tonbo_yukiho14_1.jpg

 一番下が、先生が見本として作ったもの。それを真似して、自分で作ってみたのが一番上。ピッチも、細さも、繊細さも(笑)、同じ白のうねうね模様なのに、全く違うのが良く分かりますね!

 実はこのレース棒、このお教室でしか習えない、先生の編み出した独特の作り方なんです。初めての私には、どのような模様になるのか全く想像がつかないので、これがこうなるんだ!?と、とてもびっくり…。一瞬にして形作られるその瞬間は、とても感動です。次回、お正月明けのレッスンの時には、この棒をまく練習をすることになるのでしょうね。

 これを何に使うのか…。会社に行って、自分で持っている先生の玉を良く見たら、この白いレース棒入りの玉だったんです!

tonbo_koh2.jpg

 ね!  あ…親にあげた、この玉もだ…。

tonbo_koh1.jpg

 こんな風に使えるようになる日は、いつになることやら…。先は長いですけれど、少しでも前進していきたいものです。

2007年12月16日 (日)

TAMAGOYA

本日は実家でクリスマス会でした。今回妹が買ってきたケーキがこれ↓。

tamagoya_1.jpg 

何だろう、と思ったら、TAMAGOYA新宿高島屋店のショートケーキでした。中はこんなかんじ。とっても軽くておいしいです!

tamagoya_2.jpg

私はロールケーキでしたが、卵の素材が生きているという味でしたね。そして、最後なぜかこの写真…。

umai_bo.jpg

1人で歩いていた息子が、見知らぬ人からもらったうまい棒です。「60歳と80歳のおばさんからもらった。抽選会のハズレがこの景品だったらしくって、食べないからどうぞ、って言われた。」のだそうで…。まぁそんな理由なら、大丈夫かな…と思って、ありがたくおやつにすることにしました(^^;。

2007年12月15日 (土)

最後のお茶会と誕生日

2007_12_tree.jpg 本日は、春野寿美礼さんの、宝塚の生徒として最後のお誕生日。きっと、組の皆からも、ファンクラブの方からも、お祝いイベントがあったことでしょうね!もうこの、アデューマルセイユのポスター前、クリスマスツリーの辺りもきっと静寂の中にあることでしょう。


 先日、これもまた”最後の”お茶会に行ってまいりました。この東京宝塚劇場隣、帝国ホテルの『孔雀の間』にて開催されましたが、とてもテーブル形式では座れない人数ということもあり、横長に配置されたシアター形式で、大スクリーンが2つ設置されていました。

【あと2週間で退団ですね】
 舞台としてはいつもと変わらずです。今は心から楽しく演じています。

【ジェラールは14年も孤独でしたが…】
 私だったら、しゃべっちゃう!あたしじゃない、あたしじゃない、ってすぐ言いそう~!

【酔っ払いシモンはどうですか?】
 舞台では、噴出しそうになったことはありません。罪悪感を感じるというか、苦しんでいるんだな…と思います。(あの酔っ払い方は)最初はあんな風じゃなかったですよね!かっこよく酔っ払っていた(笑)。きっと何かを捨てたんでしょうね~(笑)。

【マリアンヌとはその後…?】
 数年後に再会して、一緒になっているんじゃないかなぁ…。(会場ざわめき)え?皆さん納得されていないんですか!?自分がマリアンヌになって舞台を見ているんだとばかり…。違うんだ~(笑)ボーっと観ているの?(笑)

【キンバラさんとは?】
 ショーで、「キンバラ……キンバンバン♪」と歌うシーンがあるんですけれど、難しいんですよ。それで、歌の先生が、「金原さんと覚えなさい」と言って…。ある時金原さ~ん、って言ったら、は~い!って返事があったんです!

【宝塚の千秋楽後、遠足があったそうですね】
 はい、城崎温泉へ行きました。行きのバスは眠かったのに、私の席の後ろはひーとまりんだったので………。

【今までのお茶会の思い出を】
 いろんなこと、やらされましたよねー!(お茶会の開始前に、以前のお茶会のダイジェストが流れていましたが、皆さん笑っていましたね)すごく、スタッフの人たちが考えていて、私も楽しませつつ、皆さんにも楽しんでもらうというコンセプトを感じました。

【今の心境を教えてください】
 いろんな心理があって…。『宝塚歌劇団の春野寿美礼です』と名乗ることができる、守られている、という安心感が今までありましたが、これからは1人の人間として自分で立っていかなくてはならないという、不安と希望があります。でも過渡期の時期はもう過ぎて、もう今は勇気を持って踏み出す気持ち…です。恐れずに、千秋楽まで、感謝の気持ちを持って、ありったけの思いを込めて、ひるまずに前進していきたいと思います。最後まで見ていて下さい!


 最後のお茶会ではありましたが、しみじみと別れを惜しむという感じもなく、すがすがしい気持ちで旅立つおささんを皆で最後まで盛りたてよう、という雰囲気だったように思いました。実質あと1週間になってしまいましたが、最後にもう1回観劇できることになったので、その姿をしっかり観てこようと思います。

追記:そうそう、最後に、もう終わって皆が席を立ち始めようとしたとき、もう1回不意に戻ってきて、投げキッスをしてさようならになりました。この演出にはびっくりでしたね!途中の質問コーナーでも、手を伸ばせば届きそうな位置で、長いこと質問に答えていらしたので、わ~細い~~~~とコロコロモードに入っていました(笑)

追記2:最後にお茶会ですし、お土産の写真を記念として載せておきます。

osa_last_tea_party.jpg

2007年12月14日 (金)

つくレポ:大根と手羽のオイスターソース煮込み

tsuku_repo_234508_1.jpg

 普段、クックパッドにアップしたレシピは、自分で印刷してクリアケースに入れて使っているのですが、人のレシピもいろいろプリントしています。いちいちPCをのぞき込むわけにはいかないですからね…。

 このレシピは、かなり初期の頃、それもまだ数枚目くらいでプリントしたもので、何度もそれから作っているものです。たまたま手羽先のお値段が高くて、この写真は手羽元ですが…。

 にんじんも、その濃い目の味で子供も食べてくれましたし、鶏肉のこってり感と、その味の染みた大根がおいしいです!

2007年12月13日 (木)

喜寿お祝い会と新潮文庫

 先週末の土曜夜、高校時代の同窓会が開かれました。附属の女子校でしたから、1クラス50名全部女性で、ほとんどの人が同じ大学に進学しています。そのせいもあってでしょうね。毎回アップデートした名簿が配られますけれど、連絡の取れない方はほとんどいない状況です。

 そんな中、担任だった生物の先生が今年喜寿を迎えられました。私は1年から3年までA組だったので、3年間その主任の先生が担任だったんですけれど、実は高校入試の時のその先生の姿が、今でもまざまざと思い浮かぶんです…(笑)。理由は…ここでは控えさせていただきますね(笑)。

shintyo_100.jpg その先生が、今回おみやげと渡した紙がこちら。昭和54年の、『新潮文庫の100冊』です。次回のクラス会までに読んでおくようにとのこと。今見ても、あまり覚えのないものばかりなので、月8冊は無理ですね(爆)。無理なら無理で、数冊くらい読んでおこうかな、と思っています。

 毎年、クラス会があると集合写真を自分のHPに掲載していたのですけれど、今回パスワード付きブログに移行中です。用意が出来たら、学校関係者にはメールしますね!

2007年12月12日 (水)

グイン118巻『クリスタルの再会』

guin_118.jpg

 今回は月間グインでしたので、117巻が11月12日の記事になっていますが、ひと月も経たずに脱出後の話を読むことができました。ひたすら感動の巻で(笑)、日曜日の電車ではウルウルモードになってしまったり、ふと気づくと降りるべき駅は通過して慌てて降りることになったりで、きっと周りの人から不審がられたに違いありません。

 でもね。この巻を読んで思ったのは、それだけではなかったんです。25年くらい前に、最終巻となる第百巻の題名は『豹頭王の花嫁』である、と聞いて以来、ずっと信じていたことが…きっと皆も思っている公然の認識なんでしょうけれど…、それに向かってこれからの話は進んでいくのだ…と初めて確信できたというか…。やっぱりそうなんだ…と思った、そんな巻に思えました。

2007年12月11日 (火)

つくねレンコンを食べよう会

 renkon_200712.jpg

 今日はたまたまお休みを申請していた日だったのですけれど、今晩しか皆の予定が合わない…ということで、後輩たちが何人か遊びにきてくれました。

 きっかけは、後輩が私のレシピを作ってくれて、こんな話をしたからですね。
「○○さんのつくねレンコン作ってみました!………でも、なんか固かったんです…。」

 数週間が過ぎて…
「もう1回挑戦したんです!でもやっぱり、食べてもらった人にも、固いって言われました…。」

 だんなは、本来のレンコンの持っている固さなんじゃないのか?と言うのですが、そうなのかな?と思って、今度持ってきてあげるよ、って話になったんです。でも、どうせ食べるならうちで夕飯をどう?ということになって、同じような世代の人が他にも来てくれることになりました。

 左の写真は、気づいてすぐに撮ったのですけれど、あ…っと気づいたらもう左の写真状態。すでにマグロキムチの皿は入っていないですね(笑)。

 肝心のレシピはどうだったのか、ということですが、
「レンコンがこんな風に曲線を描かない状態だった…。」
と話していたので、やはり火の通し方が少なかったのでしょう。レシピの方も、初めての人がわかりやすいようにもう少し工夫して書かなければいけないな…と思いました。

 でもね、今日一番うれしかったのは、余っても食べきれないから持って帰ってくれるとうれしいな、と言ったら、喜んで小分けして持ち帰ってくれたことです。なんだかとてもホッとしました。

では覚書程度に今回のメニューを。

オードブル
  ブルーチーズディップ (母直伝レシピ)
  (玉ねぎ、クリームチーズ、ウスターソースなど)
  ガーリックチーズ
  クラッカー
  金の卵&レタス (cookpad: 叔母直伝レシピ)

サラダ
  中華豆腐サラダ (神楽坂倶楽部へリンク)
  (今回は、ピータン、小ネギ、ゴマ油、醤油、砂糖、レタス)
  ブロッコリーのにんにく炒め(cookpad: つくレポ分レシピ)

おかず
  マグロキムチ (My Blog: 神楽坂倶楽部へリンク)
  しそつくねの甘辛レンコン (cookpad: Myレシピ)

ごはん
  中華おこわ (cookpad: 母直伝レシピ)

2007年12月 9日 (日)

大掃除&お茶会

 朝起きてから今の今まで、休むことなくよくお掃除したな…と自分をほめてあげて(笑)、犬の散歩に行ってからですが、あと2週間で退団される春野さんの最後のお茶会に行ってきます。昨日は、高校の担任の先生が喜寿を迎えられて、そのお祝い会が新宿で開催されたのですが、その話もまた日を改めて…。

2007年12月 7日 (金)

神楽坂倶楽部

ここで書こうかどうしようか迷いましたが、どうしても一言だけ…。

神楽坂倶楽部:中間報告

「またお目にかかれる日があることを願って」とおっしゃられているのは辛いです。必ず、必ず戻ってきていただきたく…。一日も早いご本復を、心よりお祈り申し上げます。

2007年12月 6日 (木)

豚ヒレとリンゴのトマトクリーム煮

hire_apple.jpg 今日はいわしすり身で、白味噌ベースの鍋。それで、賞味期限の切れた豚ヒレを、自分の食べたいようにアレンジしてみました。失敗しても、他の人が食べるものはあるから…ということでね(笑)。

 ヒレは、ヒレカツくらいしか思いつかなくって、でもついこの間味噌カツだったしなぁ…と思って、今日は煮物系にしたかったんです。でもヒレってあまり煮込みにはむかないですよね。それで、さっと火を通してソースで和えるタイプにしてみました。

 白ワインの代わりに、白ワインビネガーを使ったら、思いのほかさっぱりできたように思います。また次回ヒレが100円以下の時に再度作って、レシピを確認しないと…。

 ヒレ肉のいい使い道があったら、是非教えてくださいね。

2007年12月 5日 (水)

今フジテレビでジェンヌが…

 昨日は、インド料理屋での送別会&忘年会を企画したので、その話でも書こうと思ったんですが…。写真も撮り忘れたし、今娘が見ているフジテレビ系列のテレビにタカラジェンヌが出るようなので、記事にしてしまいます。 この場所は飛天の間。前にお茶会で行ったところですね!

 FNS歌謡祭

 宝塚歌劇サイト

 続きは見てからにしましょう(笑)

追記:21:30

 黒木瞳・雪と宙の娘役トップで『すみれの花咲く頃』、雪と宙の主演男役と他10名くらいで黒燕尾ダンス、秋川雅史+彩乃かなみ(月娘役トップ)で『千の風になって』という構成でした。やっぱりこうやって出るとつくづく、雪トップの白羽ゆりさんの歌唱力はダントツだな…と思います。

 実は私がこの、『千の風になって』を初めて聞いたのは、この彩乃さんの歌だったんです…。その歌に感動した約一年後に紅白で見てびっくりでした。こんなに有名な歌だったとは…ってね!その二人が共演している姿を見て、今日はなかなか感慨深いものがありました。

2007年12月 4日 (火)

Updated:カキのキムチ鍋風ココット

Oyster_kimchi2.jpg 冬になったので、 久しぶりに牡蛎を買ってきました。前に作った簡易キムチ鍋の、ニラ入りバージョンを作ったので、自分のレシピを更新。取り分け皿に直接材料を入れて蒸すだけなので、私にとっては、食べた後の洗いものが少ないのが魅力です。

2007年12月 3日 (月)

つくレポ:KFC風コールスロー

tsuku_repo_363186_1.jpg 今日は簡単につくレポです。

 塩もみキャベツをマヨネーズやレモンでコールスローにするのは、ごく普通のサラダなんではないかと思うのですが、ケンタッキーのようだ、という100人以上のレポを見て、試しに作ってみました。

 そうしたら、確かに雰囲気あるんですね…。私が入れないのは”甘み”なので、このはちみつが効いているのではないかしら?と思っています。家にある材料で出来るので、ぜひお試しください(笑)

2007年12月 2日 (日)

カメの散歩

 今日の午前中は小春日和でしたね。私が家中の掃除をしている間、息子はカメの水槽掃除しました。雨だと単に水の取替えだけになりますが、晴れていれば散歩タイム!でも、二匹の性格が全く違うんです。水槽に入れようとつかめば、必死でばたばたし、隣のうちにも、転げ落ちて道にまで行ってしまうカッピー。それとは反対に、持ち上げられてもおとなしいモモ…。そんな二匹の写真です。

momo1.jpg モモ「あっちに行ってみよう~っと」
momo2.jpg モモ:「う~~~~ん、どうやっても入れない!」
momo3.jpg (あきらめた)モモ:「向こうへ行ってみよ」
kappi1.jpg カッピー「さて、ここは通れるかな?」
kappi2.jpg カッピー「こっちに行こうかなぁ…。ちょっと様子見。」
kappi3.jpg カッピー「あ、あそこにおかーさんが」
にっこり微笑むカッピの図(笑)


2007年12月 1日 (土)

今年の紅葉狩りは

emk_2007.jpg 今年は、秋にどこにも出かけなかったので、紅葉を見る機会がないなぁ…と思っていたら、子供たちの三者面談に本日出かけた時に、きれいな紅葉を見ることができました。これは、学校の入り口にかかっている橋の、網の隙間から撮った景色です。携帯の小さいレンズだから撮れたのかもしれませんね。同じ市内の学校なんですけど…家の周りとは全く違った風景です。

 自宅では、ただいま落ち葉の大量生産中…。毎日の掃き掃除が大変です。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ