2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

豆乳鍋と即席豆腐

  昨日は、娘の保護者会ランチでした。行ったのは、ここ。数ヶ月前にできたばかりのお店でした。

がんこ立川店

 ganko.jpg

 これは、湯葉の入った豆乳ゆば鍋で、まずポン酢で湯葉をいただいてから、ポン酢横に見えるシロップのような「にがり」を加えて、豆腐する、というものです。なかなか楽しかったので、写真に撮ってみました。

 会費は3千円弱でしたが、リンク先の写真(はな結)の倍量はあったように思います。幹事の方が、下見でお友達と事前に食べに来た時、その方にとって全く満足するものではなかったようで、これでは皆さんに申し訳ない…と、店長さんに直接要望を話したようなんですね。そのためなのか、今回は、量も見た目もサービスもおおいに満足できるお料理でした。ジャガイモの裏ごしを使った、冷製の出汁で寄せたような一品もサービスしていただきましたし…。

 豆腐づくしで、おなか一杯にならない女性向のコースかな?と思ったら、中座してテニスのレッスンに向かおうとしてびっくり。歩けないくらいに、満腹だったんです(笑)。到着して着替えて、30分たった後でも、歩くのさえままならない。途中コーチに「水分補給してください」と言われても、水すら飲めないくらいでしたが、ゴマ豆腐や湯葉など、消化の良いものだったので、もたれずに済んだのは幸いだったのでしょうね。おかげでその日のテニスは、動きがにぶくて散々でしたけど(笑)

 でもね、昨日体重計に乗って、「あら~1kgも増えてる?」と思ったら、今日はそこから800gも減っていたので、単なる水腹だったのでしょう。満腹感があるのに低カロリーなのはうれしいですね!

2008年6月28日 (土)

木蓮荘綺譚

mokuren-so.jpg 木蓮荘綺譚…と聞いて、きたんって何だろう?と思って調べてみました。『奇譚』だと、珍しい不思議な話と出ていましたが、綺の場合は美しいという意味合いが含まれるのでしょうか…。私はどうも、『奇談(きだん)』と混同していたようで、もっと”変わった話”という意味を想像していました。日本語は難しいです…って、難しいと思うのは、私だけ?(笑)

 それはともかくとして、このミステリーは、名探偵の伊集院大介が、昭和30年代の時をそのまま止めたような家に迷い込んだところから話が始まります。そこは、自分が物心ついた頃に見たことのあるような、そんな風景。私のうちにも、柿・いちじく・木蓮がありましたからね(笑) さすがにびわはありませんでしたけど(笑)

 殺人事件を解決するという意味ではミステリーに分類されるのでしょうが、トリックを見出すような、そんな古典的なミステリーの枠を超えて、人間を観察する伊集院さんにふさわしく、複雑な人間の心理を解き明かすお話のように思いました。自分が歳を重ねたのだろうと思いますが、若い頃に読んでいたら、へ~そう?くらいで終わってしまっていたかもしれない部分に共感したことも多かったように思います。

2008年6月26日 (木)

おから林檎ケーキ

tsuku_repo_475423.jpg  気づいたら、この”つくレポ”だけ紹介していませんでした…。本当に簡単な、しっとり林檎ケーキです。ノンオイル・ノンフラワー(油分と小麦粉なし)で、おからがたっぷり入っているので、繊維質一杯のヘルシーなデザートですね。これならダイエット中でも大丈夫! 私は、ご飯後に2つも食べてしまいました(笑)

2008年6月24日 (火)

スイカアイス&豆腐ベーグル2

 tsuku_repo_259241.jpg

 これは、スイカをミキサーでペーストにして、たまご&生クリームを混ぜたアイスです。もとレシピより、シャーベット風になってしまったけれど、スイカの嫌いな子供が、毎日自分で冷凍庫から出しておやつに食べていました。私は、この皮に近い部分で作った、洋酒漬けのトッピングがお気に入りです。

bagel_tohu2.jpg

 そして今日も、明日パンがないな~と思って、ベーグルを作ってみました。ちょっと塩がきつめだったり、はちみつがなくて照りが前より少ないけれど、もっちり感は健在でした…。

2008年6月23日 (月)

発酵なし!もっちりベーグル

bagel_tohu.jpg これは、材料をパン焼き器に入れて10分こね、その後成形して30秒ゆでた後すぐに焼いたベーグルです。それなのに、このもちもち感は何~!?というくらいおいしかった。家族にも好評だったんですが、何が入っていると思いますか?

 強力粉、砂糖、塩、イーストと、水ではなく何か…。

答えは『とうふ

 きっとびっくりですよ!作り方はこちらです。バターをつけただけの、そのままの味が良かったと思います。

 今なら私のつくレポも1ページ目に見ることができますけれど、既に200件以上レポがあるので、どんどん次のページに行ってしまいますね。でも、簡単・納得のヘルシーベーグルだと思いました。

2008年6月22日 (日)

とんぼ玉教室:第25回(白花)

 先日アップした花芯や花びらを使って、お花パーツをつくりました。前回の、途中経過はこちら。

とんぼ玉教室:第24回

 パーツを組み立てて、金太郎飴のように引き伸ばし、その後キスチョコ型に仕上げたのがこちら。

tonbo_yukiho25_1.jpg

 でも、白いから、これだけだと良く分かりませんよね。埋め込んだものがコレ。

tonbo_yukiho25_2.jpg

 玉を作ったのは2回目ということもあって、今回もほとんど先生に作っていただきました。不透明のチクワ、レース棒、金練棒、クリア、という4層構造で作ってもらったので、そこに花を乗せて咲かせ、間をクリアで埋める部分だけ私が作業したのです。たったそれなのに縦長玉になってしまたので、またもや先生が、脇にへそを作りつつきれいな球体に仕上げてくださいました。

 家に帰ってから、金太郎飴からキスチョコにする作業を、1時間ほどやったかしら。白だと、どんな色にも映えそうなので、いろいろな色を試して練習してみようと思います。

2008年6月21日 (土)

春野寿美礼公式サイト

 昨日記事をアップしたあと、このようなサイトを見つけました。カーソルを動かすと、キラキラしておもしろい!(笑) 

春野寿美礼オフィシャルサイト(2010/12 追記:オフィシャルサイトが変更になったので、リンクも変えました。)

 宝塚退団後半年になりますが、コンサートの案内が出ています。活動再開!ですね。そうしたら本日、こんなチラシが届きました。

my_heart.jpg

  公式サイト内では、このチラシが大きく見れますけれど、とってもお美しい姿にびっくりですよー。

2008年6月20日 (金)

とんぼ玉教室:第24回(花芯)

 先日のお教室は、その前に作ったお花パーツを持って行くのを忘れてしまったんですね。それで、前回は先生に頂いた、「花芯」に挑戦してみることにしました。

tonbo_yukiho24_1.jpg

 何がどうなるのかよく分からないまま作ってしまったため、花芯は中心にないし、気泡が入っているし…。でも一度作ると、なるほどーって思いますね。

tonbo_yukiho24_2.jpg

 そして、花びらも作ってみました。ところがこれも、こんなもんかな?で入れた筋が均等になっていなかったので、なんとなく片寄っていますね。

tonbo_yukiho24_3.jpg

 こうやって置いてみると、出来上がりが想像できるかしら?でもここで時間をかなりオーバーしてしまったので、次回はこの組み立てから始まります。

tonbo_yukiho24_4.jpg

 お教室に持参するのを忘れたので、ちょっと家でキスチョコにしてみました。左側は、失敗作ですけれど、右の方にはそれなりの形になったものもあります。

tonbo_yukiho24_5.jpg

 拡大するとこんな感じ。ちゃんと埋められるとうれしいけれど、きっと無理でしょうねぇ~。練習しなくっちゃです。

2008年6月18日 (水)

母直伝の鶏ご飯

tori_gohan.jpg これは先日、写真付きで作り方を記録した『鶏ご飯』。母から教わって作り続けている、小さい頃から大好きなメニューです。

 初心者な娘でも作れるように、ちょっと丁寧に作り方を書いてみました。でももしかしたら、息子の方が先に作れるようになるかも…?(笑)

2008年6月17日 (火)

メールで「恋率」占い

 今日はちょっと今までお仕事してたので、軽い更新です。mixiのニュースランキングで目に留まったものなんですが、「意中の人からのメールの内容から感情を分析し、“脈ありメール”か“イマイチメール”かを自動的に診断する無料の携帯サイト」らしいです。携帯サイトだけれど、PCでもできるのでチェックしてみてはいかがでしょう~?

恋率(こいりつ)

 このブログを読んでいる人はかなり年齢層が高いと思うので、あまり実用的じゃないかな~とは思いますが(笑)。ま、遊んでみてください。 ちなみに、メールじゃありませんが、うきうき文章がないかな…と、「☆げっと」の内容を入れてみたら、総合結果が「いい感じかも!?」。どんなメールが脈ありなんでしょうねぇ(笑)

2008年6月16日 (月)

DS太鼓ゲーム

taiko.jpg これは、土曜日夕方に買ったゲーム「太鼓の達人」です。今日は月曜夜なので二日前のことですね。この二日、息子と集中してやりましたよー(笑)

 金曜日は会社の有休取得促進日。そして、その3連休は日中晴れていいお天気。普段週末は、布団のシーツやマットなどの大物洗い、布団干し、家中の掃除などで丸1日つぶれてしまいますが、今回は3日に分散されてとてもラクでした。

 そんなこともあって、こんなにゆっくりした3連休はなかなかないだろう…と思って、このDSソフトを買ってみました。息子はもちろん、このソフトの存在やルールは知っていて、自分がお金を出さずに新しいゲームができるなんて!と大喜び。2人とも、オニ出現までクリアしました。

 ゲーム内容はとても簡単で、帯の中を右から流れてくる赤や青の丸が、左の枠内に入った時に、太鼓をポンとたたくだけ。赤なら中。青なら外側。モードを選べば小さいお子さんでも遊べます。でもね、最初、頭と手が連動するまでは、大変だったんです…。

 ところが、譜面の読み方を体得し(笑)、それに手が連動してくるようになると、どんどんおもしろいように進む…。譜面からリズムを読み取り、手先に伝える。それは、今まで私が20年もやってきたこと(ピアノ)と同じなのかもしれませんね。

 ”難易度「おに」をオープン”というメールにも、「ムリして、あそばなくれよいぞよ!」と書いてありましたので(笑)、これからは課題をクリアしながら少しずつリズム感を鍛えて、道場やぶりでもしていきましょうか。

2008年6月15日 (日)

つくレポ:フライパンレシピ3種

skillet_menu.jpg

 今日は、フライパンで作るレシピを3つご紹介です。

  • やわらかチキンの甘辛オニオンマヨ(鶏胸肉)
  • お豆腐とキャベツのお好み焼き風(ポン酢で)
  • ピーマンとナスの甘酢炒め(甘辛リンゴ酢)

詳しい日記と作り方は、写真をクリックしてね。

2008年6月13日 (金)

おかえり

kyoto_miyage.jpg

 広島・奈良・京都と3泊した息子が、修学旅行から帰ってきました。あまり多くは語らない息子の、感想の覚書。

  • (開口一番)寺が良かった。安くて部屋が広くて食事がいい。座禅はきんちょーした。目をつぶって固まっていなきゃならない。(格好を実演してくれた)
  • ざるそばがいい。うずらの卵をそばつゆに溶かした!
  • 二条城から2駅歩いた。ジュースがなくっちゃ生きていけない。
  • ”また”平等院へ行った。
  • (前にここで食べた団子より)金閣で買った茶団子が美味しい。
  • 清水寺の通りは、八橋で競争してた…。

「本日京都で羞恥心の野久保クンに会ったようだ」という話を、さきほど娘から聞きました。自分の弟と同じ学年に妹のいる友達がいて、その妹さんから届いた写メールを見せてもらったようです…。携帯があるからこその話ですね…。時代は変わったものだ、、、と思いました。

2008年6月12日 (木)

泡盛初体験

 今日は、昨日配属になった新人さんの歓迎会がありました。なか那花という沖縄料理のお店で、突き出しにゴーヤーのお漬物があったりして、沖縄の雰囲気を楽しめるお店です。一番美味しいと思ったのは、やはりゴーヤのチャンプルーかな。お豆腐にもしっかり味がついていて、いいかんじでした。 (2008/6/13: 写真追記)

champulu.jpg

 実は私、『泡盛とはお酒である』という知識はあっても、今まで飲んだことのなかったんです。でも、水割りの状態でまわってきたので、少々飲んでみることにしました。

 味は美味しい。でも、私にとっては濃い(笑)。数口飲んだだけで、目はうるうる状態になってしまいました…。やっぱり私にとっては、安い居酒屋の薄いチューハイくらいが、ちょうどいいのかも!?そんなわけで、更新は簡単にして寝ることにします。おやすみなさい(笑)

 

2008年6月11日 (水)

家庭科のテスト

 明日は、娘の家庭科のテスト。そのため、家で練習したいということだったので、こんなものを買ってきました。

aji_katei1.jpg 

 アジですね(笑) でも売り場には大きいアジが2匹しか出ていなかったので、魚屋のおにーさんに、「これだけですか?」と聞いてみました。でも、今日の入荷分はこれで最後とのことだったので、ま、とりあえずいいかと思ってGETしてきました。

 明日のテストは、『アジの3枚おろし』。こんなに大きいアジなのに大名おろしなので、骨にた~っくさんの身が残っています。それで、味噌汁も作ることにしました。

 私はいつも、このページとほぼ同じような方法でおろしているのですが、学校では尾の側から包丁を入れると習ったらしい…。いろいろなやり方があるんですね。

2008年6月10日 (火)

グイン121巻『サイロンの光と影』

guin_121.jpg 今日もまた、少々アップが遅れましたが、グインサーガ121巻が先週発売となりました。私が読んだのは6月6日かな?読んだ頃に書いた感想です。ネタバレしていますので、まだ読了なさっていらっしゃらない方は、ここでおしまいにしてくださいね!ちょっと文体を変えて書いてみようかな。

 「サイロンの光と影と聞けば、長年読んでいる読者にとって、その影が誰かは想像に難くない。その人物は、まさに予想通りだったものの、その想像を超えた展開に、息つく間もなく読み進んでしまった。本当に…こんなことがあろうとは…。光、については、読者の期待通りの結果だったと思うが、闇に関しては、度肝を抜かれた人も多いのではないだろうか。

 その「影」の人物の主張も、当人にとっては真実なのだろうが、傍から見ていればただの子供。大人になれない子供の思考なのに、行動が成人女性のものであり、諌めることのできる人がいない、指令できる立場の人間であることが悲劇を生んでいる。この尻拭いを、グインが引き受けることになるのだ、と思うと、やるせない気持ちになってしまった。 」

 やっぱり慣れないなぁ…(笑) 最後が地獄のヒキだったので、2ヶ月待つのが長そうです。

2008年6月 9日 (月)

おくやみ:野田・氷室

 先にアップしたい記事が続いてしまって、ニュース性はないのですが、ひとことお悔やみを申し上げたく、ここに書きとめておきたいと思います。

野田昌宏 (asahi.comへのリンク

 私が、市の図書館のSF・推理小説の棚を制覇したのは、小学校高学年から中学生にかけてのことですが、野田昌宏さんを知ったのは、その当時キャプテン・フューチャーというアニメがNHKで放映されていたから…。どうしても原作を読みたくて、でもお小遣いがないので、市の図書館に次々とリクエストを出して買ってもらっていました。

 そうそう、そんな入れ込みようだったのに、そのアニメが突如終了となるのがショックで、近くの席の男の子と「かけ」をすることになってしまいました。その男子生徒は、「来週終り、って字幕に出てたのだから確実!」と主張し、私は終わって欲しくなかったので、「そんな急に終わるはずない!」って…ね。そうしたら、「それなら、カケするか?負けたら脱ぐか?」って言われて、「いいよ!」と、売り言葉に買い言葉な台詞を言ってしまったわたくし…。結果はもちろん放映終了だったんですけれど、その男子生徒も、さすがに翌週、そのカケの話は言い出せなかったようです(笑) 終わっちゃったね、という話をしただけで、と~っても気まずい雰囲気が流れたのを、よく覚えています(笑)

 また、私にとっては宇宙とはとても身近なもので、ごく小さい頃から種子島での打ち上げの様子をドキドキしながら見ていたこともあり、キャプテン・フューチャーシリーズという、かっこいいヒーローがさまざまな惑星に行く宇宙の冒険は、とてもワクワクする世界でした。その世界を開いてくれたのがこの野田昌宏さんだと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうぞ安らかにお眠り下さい…。

氷室冴子 (asahi.comへのリンク

 ざ・ちぇんじ、なんて素敵にジャパネスク、の氷室冴子さんが、野田さんと同じ日に亡くなりました。高校生から大学生にかけての多感な時期に、この二つの小説はインパクトのあるもので、つい数年前にどうしても読み直したくなって買ってしまったくらいです。子供が図書館へ出かけるようになると、この原作である古典の「とりかへばや物語」を読んでいましたね…。

 女性が現代のような生き方をするためには、男と偽らなくては生きられなかった平安時代。読んでいた頃は、男女雇用機会均等法などがニュースになる時代だったこともあり、単なる娯楽小説では終わらないところが良かったのかもしれません。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 

2008年6月 8日 (日)

【月】 My楽:ME AND MY GIRL

me_and_my_girl.jpg 今日は、宝塚月組の「ME AND MY GIRL」を観てきました。このポスター写真をクリックすると、宝塚歌劇公式ホームページの特設コンテンツに飛びますので、詳しい内容はそちらをどうぞ。

 1回目の観劇の感想はこちらに書いてありますが、やっぱり海外ミュージカルは好き、って思いました。1937年から再演され続け、8年のロングランも記録している、脚本も音楽も充実した公演ですし、宝塚に求められる、”楽しく、見終わった時に幸せが残るような、そんな夢の世界”も持っています。

 その上、それに命を吹き込むジェンヌさんは、私が今、トップコンビとしては一押しの2人と、主役に続くマリア公爵夫人に、突出した歌声と演技力を持つ出雲綾さん…。そんな条件が揃って、楽しい観劇にならないはずがありません。それに、今回初めてじっくりと見た、ジャッキーの明日海りおさんもとてもきれいで、一生懸命オペラで追ってしまいましたよ(笑) 

 今日は人物中心に書きましょうか。

ビル:瀬奈じゅん
 初めて生で観た時、パレードのメロディーをはずしていたのが気になっていたのですけれど、今回すごくいいです!エリザベート以降、本当に成長しているのがわかって、努力されているのだろうな…と思っています。そして今回のビルは、あさこさんの持っている資質が充分に発揮できる、はまり役。明るい面も、いたずらっ子なところも、いい方向に出ていると思います。この公演は、あさこさんの代表作になるのでしょうね!

サリー:彩乃かなみ
 歌がうまいのはもちろんなんですが、本当にかわいいです。私としては、娘役トップの中では一押しなので、今回退団なのが本当に残念で…。娘役さんで、これで見納めか…と思ったのは初めてかもしれませんね。

マリア:出雲綾
 歌劇団の中を見回しても、総合的にたきさんの実力を上回るひとは、なかなか見つからないのではないでしょうか…。花嫁衣裳でのエトワールを見ながら感無量でした。今後も外部で頑張ってほしいです。

ジャッキー:明日海りお
 じっくり見たのは、今回で2回目でしたが、いいですね~。男役さんが娘役を演じた時の不自然さが全くなくて、本当にびっくりしました。次回の公演での、男役姿を楽しみにしたいと思います。

パーチェスター:未沙のえる
 さすがマヤさん…いい味出しています。ちょっと検索したら、こんな記事が見つかりました。今から20年前の、初演のME AND MY GIRLでのパーチェスター役が、すでに名演技とされているのですね…。すごいわ…。

ソフィア:城咲あい
 ぶどうを髪飾りにしている城咲あいちゃん、今回はオペラでじっくりと2階から眺めて、あ~ぶどう全体が本物なのではなく、食べられるぶどうを入れた小箱が髪飾りの中にあるのだ、ということがわかりました。な~るほど!(今調べていて気づきました…彼女は学校の後輩なんだ…実家も近くなんだ…知らなかった。)

 花でずっと見てきた園加ちゃんもがんばっていたし、龍真咲さんもショーの最初で出てきたし、今の月組は充実しているなぁ…私が、今後も成長を見ていきたいと思う人が集まっている…と思いました。でも今後、公演期間が短くなって、一年に10公演になってしまうと、全部は見切れないし、土日の競争率も高くなってチケットが取りにくくなるので、来年以降は星と月だけかな?なんて思ってしまいました。人気公演はロングランにしてくれないのかな…。ま、そんなことを思いはしましたが、展開が分かっていてもぽろぽろ涙が出てしまい、でも幸せな気分で帰途につけた、楽しい観劇になりました。

2008年6月 7日 (土)

エノキとネギの豚肉巻き

tsuku_repo_489216_1.jpg

 今日も、コメントを沢山いただいたので、更新は簡単に。ミツカンりんご酢を入れた、豚肉の甘辛煮ですね。味は最高~。私のお気に入りとなりそうです。

 でもね。低カロリーなエノキで、 ボリュームアップしているんですけれど、でもちょっと食べにくいかな?って思いました。恋人とのデートでは食べられないミルフィーユ、って雰囲気?(笑) この状態から、2~3個に切り分けると、とってもいいかんじでした。

 とても簡単で、カロリーも少ない、おすすめの一品です。

2008年6月 6日 (金)

菫館の3歳の誕生日

 友人のブログを読んで、うぉ~っ私のところは既に過ぎたのか!?と思ったら、本日がこのブログの誕生日でした。右のサイドバーにある「ココログ」マークに、いつからかが書いてありますが、今日で3年間続いたことなります。

  開始日:2005/6/6 (4年目突入~)

  記事数:1021

  コメント数:1839

  アクセス数: 24.8万

 最初は、パソコン通信を通して知り合ったネットの友人にも隠して、もちろん会社の人や家族にも隠して、全く今まで使っていなかったハンドルでネット上の人物になりきって、宝塚の壊れ感想を書こうと思ったんですけどね。書いているうちに、自分で言わないのに、あ?もしかしてあなたは?って、どんどん発見されていきました…。それで、mixiでも日記を友人に公開し、会社でも聞かれたら隠しはせず、というスタンスに変えて今に至ります。

 実はおとといのことなんですが、今一緒に働いている方のお母さんに、祖母が食事の世話をしてもらっているのかも?ということがわかって、就業時間中なのに、え~~~~!って叫んでしまいました。それもこのブログがきっかけ。ある検索語を入力すると、自分のブログが一番上にヒットするらしく、「**さん何でこんなローカルな店を知っているんですか?」というところから、その地域の話をしているうちに、お母様が祖母のいる病院で働いていらっしゃることが分かったのです。世間は狭いですね。

 また、ある記事を読んだことがきっかけで、自分のブログは「いいことだけを書き留めている」ブログなんだな~ということを実感しています。私はけっこういろんなことを覚えている方らしくって、気持ちが負に陥った時のことは鮮明に記憶しているんですね。その時のことを思い出すようなきっかけがあると、一瞬にして頭の中がその時の負のサイクルに入ってしまって、そこから抜けられなくなってしまう…。だからこそ、人生がそんなことばかりじゃなかった、いいことも沢山あったのだと思い出せるように、普段の小さな幸せを記録しておきたいのです。

 このブログだけを読んでいると、きっと私は超能天気な人物なんだろうと思われているかな~なんて思うんですけれど、人間ですからそれなりに負の思考だってあります。そんな自分を、後から見たくないだけかもしれませんが、まぁそれで鬱の予防になるなら、それもいいかな、なんて思ったり。

 あ、、、今バレーが五輪出場をきめましたね。おめでとー!(と思ったら違ったのね(^^;) それでは、お付き合いくださっている皆様。また一年、よろしくお願いいたします。

2008年6月 5日 (木)

歌劇団占い・娘役占い

 今日は、コメントだけでブログ記事より長い文を書いた気がするので、更新は簡単に! 友人から教えてもらった、占いサイトです。どっちかと言ったら、娘役占いの結果の方が、私の実情にあっているかな。周囲の意見を真摯に聞くこと、というところね。

宝塚歌劇団占い

kageki_dan.jpg 

宝塚娘役占い

musume_yaku.jpg

2008年6月 4日 (水)

バター欠品中…

 私の家の周りのスーパーから、バターが消えてもう3ヶ月くらいになるのでしょうか。手に入らなくなって、宅配の生協で何度か頼みましたが、5月になったとたん、生協のカタログからもバターが消えました。

 今家にあるバターは3個かな?ケーキさえ作らず、料理やパン使うなら、せいぜい一ヶ月に一個くらいしか使わないもの。でも、パター大さじ1を落とすかどうかで、料理が変わってくるのも本当のことです。 娘には、”バターを使うケーキは厳禁。作るなら、シフォンケーキにしてね”、と言ってありますが、さぁいつまで持つのやら…。

 ここに、その状況を的確にまとめてあったので、リンクを貼っておきますね。

「食卓から“乳離れ”…牛乳消費低迷もバター不足の怪 」

 これはちょっと期待のニュース。

「乳業4社、家庭用バターを増産」

 今朝のスクランブルエッグも、バターだけで作るともったいないな~と思って、オリーブ油を足して作ってみたりしています。パンに塗るのはマーガリンでよくても、料理はね…。臭みが入ってしまって、なんとな~く敬遠してしまいます。

 そもそも、私がバターを大量に使うのは、ホワイトソースを作るため。グラタンやクリームシチューが作れないので、ホワイトソース缶を買い込んでいる状態です。 まぁ、このブログでも取り上げている中島梓さんから、バターではなく、ごま油でホワイトソースを作るとおいしい、と聞いたので、野菜のグラタンはそちらが主流になってきているんですけどね…。

 最悪、生クリームでバターを作ればいいや、って思っていたら、牛乳自体がなくなりそうだとのこと…。芋餅にはバター醤油を塗りたいし、味噌バター風味の軟骨とか、レンコンとか、いろいろ好きなメニューがあるんですけれど、いつになったら店頭に出てくるのかな…? 

2008年6月 3日 (火)

メロンの漬物

 今朝は台風のためか、関東は大雨でした。初夏でサンダル、というわけにはいかず、革靴を履いて会社に行ったのですが、会社の入り口のところでつるん!と滑り、転ばなかったものの足首をくじいてしまいました。それでも会社にいる間は、かかとの高い靴を履いていたので、足首が固定されていたためか、あまり痛みを感じなかったんですけど、家に帰って素足になったとたん歩けないことが判明…。120度あたりなら全く痛みはないのに、90度以内に曲げられないのですね。片方の筋だけ痛めたんだろうなぁ…やれやれ。

 で、題名のメロンの漬物。清里のお土産で頂いたものです。

 melon_tsukemono.jpg

 まあね。メロンは瓜なんだから、きゅうりの漬物と同じなんだろう、と思いつつ、甘いのかなぁ…柔らかい漬物?…と少々不安でした。でも、実家が民宿を営んでいるという方に話を聞いたら、硬い小さなメロンを漬物にするのは普通のことなのだそうですね。皆様、ご存知でしたか?

 で、お味は、ということですが、食べてみたらこれは美味しい!しょうゆ漬け、という名前の通り、薄口醤油の味がしっかり染みています。でもね、これは『瓜の漬物』…メロンじゃないよね!(笑)

2008年6月 2日 (月)

カルピス風味のグミに挑戦

 昨日、作ろうと思って水飴を買い損ねて出来なかったお菓子を作ってみました。最近、毎日のようにつくレポをいただくのですが、一応掲載前に、新婚さんであまり料理の経験がない方なのか、読者が1000人もいるようなプロなのか、くらいはチェックしてからコメントを返しています。その時に、この人はこんなもの作っているんだ~と、たどった先で見つけたレシピです。

 「あ、グミが作れるんだって」

と言って見せたら、息子が超乗り気になったので、今日はほとんど作ってもらってしまいました。

tsuku_repo_525388_1.jpg

 写真をクリックすると作り方へ飛びますが、水分1カップに対してゼラチンを4袋も入れた『グミ』になります。これは、カルピスと水が同量、そして水飴とレモン汁。10分で作ってあとは冷やすのみの、簡単おやつですね。

 でも乳酸菌飲料なので、すぐに食べ過ぎちゃう(笑)この作り方の先に、いろいろなパターンが出ているので、いろいろアレンジしてみよう~って思いました。型抜きが楽しいので、小さなお子様のいる家庭ではいいかもしれませんね。

2008年6月 1日 (日)

芝刈りアルバイト

 今日は朝から調子悪く、でも今日しか晴れ間がない!と、シーツ洗いと布団干しを決行…。そんなこともあって、草むしりをしたくても、この炎天下の中はつらいな~と思っていたんです。それで、まず芝刈りから必要な庭をながめながら、息子にこんなことを話してみました。

 「ね?おこづかい倍増のアルバイト、してみない?」

 朝からヒマしてた息子は、飛びつきましたよ(笑) 自分がアメリカで芝刈りを頼まれた時は、確か$10だったはず…と思って、草むしり&電動芝刈りなら500円、電動で刈れない部分まで、全てきちんときれいにしたら1000円、ということにしました。どうかな~と思ったら、強烈な直射日光の中、丸々2時間かけて、さっぱりときれいにしてくれましたよ(^^) 指示するだけで、こんなにできるようになったんだ…と、ちょっと感動。

siba_kari.jpg

 これは、お庭に出してあげたのに、ただ木陰で寝るだけのペクです。

 明日から衣替えということもあり、夏服のスラックスを2本(つまり4箇所)すそを出したのですが、7~8cm出したのかな?これじゃ、普段の洋服も全部買いなおしになるのも当然ですね。食費も衣服代もばかになりませんが、こうやってお手伝いしてくれるようになったのは、頼もしい限りです。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ