2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去の記事

« エノキとネギの豚肉巻き | トップページ | おくやみ:野田・氷室 »

2008年6月 8日 (日)

【月】 My楽:ME AND MY GIRL

me_and_my_girl.jpg 今日は、宝塚月組の「ME AND MY GIRL」を観てきました。このポスター写真をクリックすると、宝塚歌劇公式ホームページの特設コンテンツに飛びますので、詳しい内容はそちらをどうぞ。

 1回目の観劇の感想はこちらに書いてありますが、やっぱり海外ミュージカルは好き、って思いました。1937年から再演され続け、8年のロングランも記録している、脚本も音楽も充実した公演ですし、宝塚に求められる、”楽しく、見終わった時に幸せが残るような、そんな夢の世界”も持っています。

 その上、それに命を吹き込むジェンヌさんは、私が今、トップコンビとしては一押しの2人と、主役に続くマリア公爵夫人に、突出した歌声と演技力を持つ出雲綾さん…。そんな条件が揃って、楽しい観劇にならないはずがありません。それに、今回初めてじっくりと見た、ジャッキーの明日海りおさんもとてもきれいで、一生懸命オペラで追ってしまいましたよ(笑) 

 今日は人物中心に書きましょうか。

ビル:瀬奈じゅん
 初めて生で観た時、パレードのメロディーをはずしていたのが気になっていたのですけれど、今回すごくいいです!エリザベート以降、本当に成長しているのがわかって、努力されているのだろうな…と思っています。そして今回のビルは、あさこさんの持っている資質が充分に発揮できる、はまり役。明るい面も、いたずらっ子なところも、いい方向に出ていると思います。この公演は、あさこさんの代表作になるのでしょうね!

サリー:彩乃かなみ
 歌がうまいのはもちろんなんですが、本当にかわいいです。私としては、娘役トップの中では一押しなので、今回退団なのが本当に残念で…。娘役さんで、これで見納めか…と思ったのは初めてかもしれませんね。

マリア:出雲綾
 歌劇団の中を見回しても、総合的にたきさんの実力を上回るひとは、なかなか見つからないのではないでしょうか…。花嫁衣裳でのエトワールを見ながら感無量でした。今後も外部で頑張ってほしいです。

ジャッキー:明日海りお
 じっくり見たのは、今回で2回目でしたが、いいですね~。男役さんが娘役を演じた時の不自然さが全くなくて、本当にびっくりしました。次回の公演での、男役姿を楽しみにしたいと思います。

パーチェスター:未沙のえる
 さすがマヤさん…いい味出しています。ちょっと検索したら、こんな記事が見つかりました。今から20年前の、初演のME AND MY GIRLでのパーチェスター役が、すでに名演技とされているのですね…。すごいわ…。

ソフィア:城咲あい
 ぶどうを髪飾りにしている城咲あいちゃん、今回はオペラでじっくりと2階から眺めて、あ~ぶどう全体が本物なのではなく、食べられるぶどうを入れた小箱が髪飾りの中にあるのだ、ということがわかりました。な~るほど!(今調べていて気づきました…彼女は学校の後輩なんだ…実家も近くなんだ…知らなかった。)

 花でずっと見てきた園加ちゃんもがんばっていたし、龍真咲さんもショーの最初で出てきたし、今の月組は充実しているなぁ…私が、今後も成長を見ていきたいと思う人が集まっている…と思いました。でも今後、公演期間が短くなって、一年に10公演になってしまうと、全部は見切れないし、土日の競争率も高くなってチケットが取りにくくなるので、来年以降は星と月だけかな?なんて思ってしまいました。人気公演はロングランにしてくれないのかな…。ま、そんなことを思いはしましたが、展開が分かっていてもぽろぽろ涙が出てしまい、でも幸せな気分で帰途につけた、楽しい観劇になりました。

« エノキとネギの豚肉巻き | トップページ | おくやみ:野田・氷室 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01 ご一緒させていただいて、本当にありがとうございました。

あさこちゃんとミホコちゃんは、本当にぴったりのお役でしたね。
今のトップさんの中で、ミーマイをやるといったら、やはりこのお二人しか思いつきません…。(タニウメも可愛いかとも思うけれど、お歌がとても多い作品なので…ごにょごにょ)

下級生のお役がほとんどないので、月組初見の私には、誰が誰やらわからない~~sad 海外ミュージカルの役付きは、メインとコーラスとはっきり分かれていることが多いのでしょうがないのですが…。

見所はたくさんありましたが、みりお君の美しさと、マヤさんの上手さとを再認識しました。

年間10公演化は、私にもとても厳しいのですが、なるべくたくさん見られればいいなと思っています。

またご一緒できますようにhappy01

>ゆきのさま

月組の下級生は、私も分からないですよ~(笑)花ほど見てないですから(^^;

確かに宝塚の脚本だと、下級生まで出来るだけ機会を与えるような、そんな配慮がありますよね。でも、1本のミュージカルとしての完成度はどうかな?と思うこともありますから、いろいろ組み合わせていくのがいいのかな…なんて思いました。

またいつかご一緒できるといいですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エノキとネギの豚肉巻き | トップページ | おくやみ:野田・氷室 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ