2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

とんぼ玉:自宅で青花

 本日は夏休み最終日。最後まで宿題をためていた息子に付き合って、今日は1日数学三昧でした…。中2数学ならまだまだ!と分かったのだけは収穫だけれど…でも、毎日小言を言っていたのに、なぜ最終日までこんなにため込む!?という状態でございます…。この記事も、昨日書いておいて良かったわ。

 というわけで、そのまま送信しちゃいます。

 昨日の続きです。この記事にあるように、お教室で青いお花を作ったものの、1個目は失敗作となってしまいました。そこで、いろんなバリエーションに挑戦!色も方法も、今ある知識で出来るものを作ってみました。

tonbo_house_7_1.jpg

最初は、前回レース棒をの上に白い花を配置したら、背景に白い花が溶け込んでしまったんですね…。それで、赤い花を入れてみたんですが…

tonbo_house_7_2.jpg

色もボケるし、花はぐずぐずに溶けてしまうし…。やっぱり難しい。 

tonbo_house_7_3.jpg

これは、青のレース棒をどうにか使えないかと、いろいろ色合わせしてから作ってみたものです。ほぼこれはイメージ通りだったかな。子供は、これが一番の出来では?と言ってました。確かに、レース棒に埋まった玉は初めてだったし、縦長玉だけれどへそもあるので、上よりかな~りまとも。

で。いよいよ青花を埋めてみたのですが…。

tonbo_house_7_4.jpg

う~~~ん、青い花のパーツが…。青に見えるようにはなったけれど、埋め方が悲惨なんでしょうね。花の大きさに対して、玉がちいさかったのかも。それで、同じピンクを使って、今度は金+泡+白花で。

tonbo_house_7_5.jpg

花びらの縁がぼやけてはいるけれど、私はこの色合いが一番好き。もっと上手く作りたいな~と思いました。

2008年8月30日 (土)

とんぼ玉教室:第29回(青の花)

 今日は、家でとんぼ玉をいくつか作りましたが、それは前回のお教室後に作ったものが、あまりに…だったので、リベンジのつもり(笑) 今日は、そのお教室で作った報告から。

tonbo_yukiho29_1.jpg

お教室では、こんな青いお花のパーツを作りました。このパーツをまとめて、一本の棒にして家に持ち帰り、

tonbo_yukiho29_2.jpg

こんなキスチョコ型に仕上げました。でも、キスチョコにしただけでは、どんなお花になったのか分からないので、1個埋めてみたんですけれど…

tonbo_yukiho29_3.jpg

ね…。青いお花に見えないんですよ…。青が薄いのと、バックを青にしてしまったので、透けているだけに見えてしまって…。この白い花と比較すると、青かな?とは分かるんですが…。

tonbo_yukiho29_4.jpg

それで、これじゃ終われない!と、今日のリベンジ玉になるわけです。でももう今日は時間切れのようなので、それはまた次のネタということにしようかな、と思います(笑)。

2008年8月29日 (金)

八王子で大雨

 昨日の夜、がーーーーっ!!!という音が突然起こって、何だ?何だ?と思ったら雷だったようです。飛行機が落ちたのかと思うくらいの音でした。その後、遠くからも雷が聞こえ、あ、、あれは雷だったのね?と思うくらい。

 その後停電。朝起きたら、テレビがつかない。(地域的に映らないところなので、中継所があるのです。その中継機器が停電か雷か豪雨で壊れたのかも?) 中央線は高尾駅構内が土砂で埋まり、京王線も土砂に埋まって脱線。中央高速も通行止め、と八王子-高尾間の交通が完全に遮断されています。私は、八王子の中でも一番日野寄りなので、被害はないのですけれど、娘も息子も学校へ行くことを断念しました…。写真はこのニュースをみてね。

関東・東海で豪雨 浸水・土砂崩れ、境川では増水

京王線、大雨で脱線

 昔、多摩川が府中で増水して家が沢山流された時、その様子を父親は見物していたらしいけれど、今思うとこわいことしてたのね…。

 追記:息子のお友達は、執念で部活へ行こうとしたようですが、振り替え輸送のバスに乗れたものの、渋滞で1時間立ちっぱなし…というメールが届いていました。早めに着けたのならいいな、と思っています。

2008年8月28日 (木)

チーズソースで蒸し野菜☆釜飯風

cheese_nabe.jpg  今日はだんなが飲み会なので、ちょっとチャレンジングなお料理を作ってみました。でも簡単だし、娘はおいしいと言ってくれたので、とりあえず書き留めておいたのがこちら。写真をクリックすると、作り方へ飛びます。

 これは、この北海道で食べた鍋をイメージしています。でも、チーズソースは、断然ホテルの方がおいしい。今後、改良の余地ありです(笑)

 

2008年8月27日 (水)

太鼓その後2

taiko6.jpg  本日は、朝からちょっぴりばたばたしてしまいましたが、息子も試合で3回戦まで進むことができましたし、私も息子も難しくてクリアできなかった曲を、本日一つずつクリアできたので、最後がよければ全てよし、なんでしょうか(笑)。

 私は太鼓侍、息子はクラシックメドレーをクリア。進捗を、ちまちまとアップデートするのが、今の密かな楽しみでございます(笑)

2008年8月26日 (火)

温泉宿(岩盤風呂)

 北海道で泊まったホテルの中で、娘が一番気に入った、というお宿の紹介です。

 今回は、往復航空券+宿泊初日一泊、というツアー価格のプランを使いましたので、そのほかの日は自分で予約していました。層雲峡温泉の朝陽リゾートホテルは、この春に改装工事が終わって、なかなか良かったと思いましたので、口コミにも投稿してみました。今日はそれを膨らませて、書いてみます(笑)

 「子供連れにとって、いつ食べに行ってもよい、そしておなか一杯になったらすぐに部屋に帰ることのできるバイキング形式は、とても良かったと思います。その上お料理が、どれも新鮮な野菜と薄味な味付けで、好みに合うものが多く満足しました。私は野菜、娘はカニを主にいただきましたが、息子は甘エビと蕎麦とデザートだけを何度もおかわりして、大・大・満足だったようです(笑) 朝のバイキングも、野菜の種類が豊富で良かったと思います。

 また、このじゃらん特典で、岩盤風呂と帰りのおみやげをサービスしていただきましたので、それがまた、お得感たっぷりと思う一因だったかもしれません。岩盤風呂は初体験でしたし、北京オリンピックを見つつ卓球などもして、とても楽しませていただきました。

 団体も入る大きなホテルなので、超高級感溢れる隠れ家的宿、という雰囲気ではありませんが、気楽に、また何度でも訪れたいと思う、お気に入りの宿になったと思います。ありがとうございました。 」

撮った写真を少々。さきほどの、デザート+蕎麦+刺身の写真…。この後、甘エビの殻が、うず高く積まれていくことになります(笑)

tyo-yo1.jpg

私は、炊き込み・ちらし・漬物・野菜・果物、海老かに少々、野菜の天ぷら少々、かな。

tyo-yo2.jpg

これは、自分で作ってみたいと思った鍋。大きな鍋に、いろんな野菜と鶏が蒸したような状態で入っていて、とろりとしたチーズをかけて食べるものです。自分で作ると、冷えても固まらない、美味しいチーズソースって難しいんですよね…。これはとてもおいしかった。

tyo-yo3.jpg

 今回の目玉の一つ(笑)岩盤風呂。自分が体験した時は写真が撮れなかったので、朝になってわざわざ寄ったものの、やっぱり撮れませんでした。これは、自分が予約したじゃらんの写真で、そのHPへリンクしています。

tyo-yo_ganban.jpg

 子供も大きくなってきたので、こんな旅はもうおしまいかな?と思いつつ、またいつか行けたらいいな、と思いました。初めての場所でも、レンタカー&ナビが大活躍してくれて、全部それを操作してくれた息子に感謝です。

2008年8月25日 (月)

骨密度2008

 本日は健康診断…。バリウムを飲むまでは、絶食でふらふら。飲んだあとは、多量の水分摂取と下剤で体調が…。やっぱり”胃のX線はやだな~”って思うのですが、ここまで毎年受けているのに、今回パスして来年になって、「去年受けていたら早期発見で助かったのに」と言われたら、もっとやだな~と思ってね。覚悟して受けましたよ…。

 この表は、時間があるときに受けられる骨密度検査。先週、本館に仕事で行ったついでに医務室を覗いて、「今空いてますか?」と聞いて受けてきたものです。

項目
スティフネス 95
リファレンス 日本
若年比較 (20歳平均を100) 104%
Tスコア(20歳平均が0の標準偏差:正常は-1以上) 0.4
同年比較 (同年齢平均を100) 112%
Zスコア(同年齢平均が0の標準偏差) 1.0

 数年前初めて受けた時、十分硬い骨だと言われてホッとしていたら、去年50歳の骨量しかない、って言われたんですよ…。運動して、チーズを毎日食べて、どれだけ復帰したかな?と思ったらこの結果!20歳平均を超えたので、ちょっと自慢したくてアップしちゃいましたが、これって”骨密度検査”の種類の違いなんだろうか…とも思っています。だめだった時って、水につけるタイプだったんですよね。本当の骨量はどれくらいなんだろう…。

2008年8月24日 (日)

シェ・いなばⅣ

 最初、シェ・いなばⅢ、って書いたんですが、検索したら3は既に書いてあった(笑)。単に、「シェ いなば」をGoogle検索するだけで、自分のブログが出てしまうなんて、信じられませんね。今回は、自分の誕生日近くに予約してあったのに、当日になって家族の体調のためにキャンセルしたため本日行ってきたのですが、キャンセルしたのを覚えていてくださって、お誕生日プレートをつけてくださいました。

inaba3.jpg

  ただ焼いただけの新物のサツマイモや、濃いかぼちゃのポタージュなど、薄味で野菜の素材の味がいきていると思います。野菜もボリュームたっぷりで、とても美味しくいただくことができました。

2008年8月23日 (土)

プロの接客

 とは言っても、クリーニング屋さんの話。

 近くのクリーニング屋さん、と言っても、その店員さんは今まで何度も会ったことがあるわけではない人でした。それなのに、娘の制服と自分の浴衣を取りに行ったら、紙を差し出す前から、私の浴衣を取り出してきたんです…。

 先日の、小樽のルタオでも思いましたが、サービス業のプロ精神が見えると、とっても気持ちいいものですね。さすが、って思いました。

2008年8月22日 (金)

がん病棟のピーターラビット

PeterRabbit.jpg このうさぎさんは、『がん病棟のピーターラビット』という、中島梓さんのガンとの闘病記に登場する、ピーターラビットで、先日ゆかたライブに行った時に、見せていただいたものです。暗いところで、携帯で撮影したため、うまく撮れなかったのが残念!

 『アマゾネスのように』(乳がん時の闘病記)は、先生がちょうど育児とお芝居の真っ最中の頃の闘病記を、かなり時間が経ってから、自分が育児と仕事に追われている頃に出合って読みました。そのため、息子さんへの言葉など、本当に心を打たれるものがありました。

 しかし今回は、まさに「今日が手術日」と知りつつ、遠くから心配していた話。それも、現在進行形のお話。半年後に書かれたという「あとがき」を読んで、飛行機の中だというのに、涙が出てしまって困りました。その後の話だけでなく、今の状態を自然体で受け入れるところに、感銘を受けたのかもしれません。

 そしてまた、今の自分の仕事についても、客観的になれたような気がしています。ここで詳しくは書けないのですが、自分の作っている製品の出す結果が、これほどまでに人の運命を左右するものなのだ、と実感したというか…。限りなく誤診0で、負担のない検査にすることこそ、私の仕事なのだって思いました。

2008年8月21日 (木)

ラーメン喜びの声

DVC00023.JPG 北海道旅行中、お昼は毎日ラーメンを食べたい息子。でもおねーちゃんは、「何で4日のうち3日もラーメン食べなきゃなんないのよ。」と言う…。それで、こんなパックを買って帰ってきました。

 これは、息子が一番感動した、という味噌ラーメンです。今日は、チャーシューも野菜も、何もないから、今日だけは冷凍とろろ蕎麦にしなさいと言ってありましたが、どうしても食べたかったようで…。それで、まぁ一食くらい、麺だけでもいいよと言ってありました。そうしたら、携帯にこんなメールが(笑)

 「スゲー!!初代のラーメンに、めんまや海苔がいっぱい入っている」

 これだけで、幸せな気分になれるなら、とってもいいなぁ~って思いました(笑)

2008年8月20日 (水)

帰宅(生きたカニ)

 結局雨には一滴もあわず、14度の層雲峡から32度の八王子に帰ってまいりました…。明日から出勤なので、夜に着いたら大変!と13時発の飛行機に乗ったのですが、やっぱり主婦は帰ってからが忙しい。荷物をあける前に、まず掃除、でしたものね(^^;

 小樽の市場で発送を頼んだカニが、本日生きたまま届いたので、主人に手伝ってもらって解体。一瞬湯通しした刺身と、焼きガニで、北海道旅行ををしめくくりました。(美味しかったけど、やっぱり私はカニを消化できないみたいです…。そんなわけで、本日はこれにて(^^;)

2008年8月19日 (火)

旭山動物園・層雲峡

 本日は雨の予想でしたが、薄日の差す曇り空で、結局今に至るまで雨は降らなかったようです。おかげで、富良野の観光や旭山動物園にも行くことができました。ところで、これは昨日のドライブ中の写真。

hokkaido_3_1.jpg

 ね…悲惨な状態。高速道路はずっとトンボの大群で、まるで3Dの映画を見ているよう…。思わず助手席でナビを操作してくれている息子と、首を思わずすくめてしまうほど、トンボの中を突っ切っていました。その結果、、、の写真です。

 お昼は旭川に戻り、蜂屋さんでラーメンを食べました。

hokkaido_3_2.jpg

 そして、旭山動物園へ。午後ならすいているかも、というアドバイスをもらっていたのですが、やはり人気館は長蛇の列。とても並ぶ気にはならなかったので、外から見えるものだけ見学しました。それでも、これはド迫力でした。でも写真技術がなく、こんな映像しか撮影できず…。

hokkaido_3_3.jpg

 これならわかる?

hokkaido_3_4.jpg

 でもおしりだけじゃね…。やっと撮れたのがこれ。

hokkaido_3_5.jpg

 全体像は、娘の撮影で。

hokkaido_3_6.jpg

 サービス心旺盛なのか、ずっと行ったり来たり、水槽のガラスの目の前で水の上にジャンプっぽくしてみたりと、何度も撮影できるチャンスを作ってくれて(笑)。すごいです。

hokkaido_3_7.jpg

 これも娘の撮影。レッサーパンダですね。拡大画像もあります。

hokkaido_3_8.jpg

 かぴばら、は初めて見ました。のんきそうな雰囲気が素敵(笑)。旭山動物園は大きくないので、全部まわりきれるのがいいですね。これ、という動物さんたちのパフォーマンスは最高だし。だからこそ、人気のある動物園なんでしょう。

 そして、層雲峡までやってきました。これはホテルから撮った写真(拡大画像つき)。思わずアメリカのヨセミテを思い出しました。

hokkaido_3_9.jpg

 北海道最後のしめくくりは、岩盤風呂でした…。

2008年8月18日 (月)

美瑛・富良野

 本日は、市場で海産物の発送をし、ルタオでも冷凍&冷蔵品を発送しました。あ、ちなみに買ったのはこの半分くらいの、小さいかにです。これは撮影用(爆)

hokkaido_2_1.jpg

 ところが、夜になって主人から連絡があったのですけれど、小樽のルタオは、その日の朝強盗に入られて、1200万も盗まれたのだそうですね…。私が訪問した10時の時点では、店内に全くそんな様子はなく、店員さんがにこやかに、そして丁寧に対応してくださいました。自分が他のお客さんに呼ばれると、他の方を呼んで対応してくださったし、う~~ん、今考えても、さすがプロ、ってかんじですね!

 明日から雨との予報だったので、予定を繰り上げて今日中に富良野観光を終えるつもりで、朝から高速に乗りました。

hokkaido_2_2.jpg

 これは、息子がゴリラの鼻と名付けたトンネル。市場の魚屋さんで、”遠回りでも高速で旭川まで出てから、美瑛経由で富良野に入るほうがいい”とアドバイスをいただいたので、旭川へ向かう途中です。実はこの高速で、北海道へ行ったら是非お会いしたいと思っていた方とすれ違っているんですよね…。ニアミスで残念!

 娘は、ジンギスカンなど全く興味のなかったのに、魚屋さんで是非食べてくださいと言われて何となくその気になったみたい。それで、出発前に、旭川出身の同僚から、”旭川観光協会”という表紙のエクセルシートをもらっていたので、お昼はそこで紹介されていたジンギスカンのお店に行ってみることにしました。

hokkaido_2_3.jpg

 午後は、花畑に寄りつつ、ホテルに向かいました。これは『新栄の丘展望公園』。

hokkaido_2_4.jpg

『四季彩の丘』(拡大画像あり)

hokkaido_2_5.jpg

『富田ファーム』(拡大画像あり)

hokkaido_2_6.jpg

今日まで天気がもってくれて、よかったです。

 

 

2008年8月17日 (日)

小樽(ラーメン・寿司)

 「飛行機が登っていって止まったときって、ビッグサンダーマウンテンみたい…」これは、息子談。久しぶりの飛行機が楽しかったようです。千歳から小樽までは、直通の快速エアポートに乗ったのですが、一番びっくりしたのが、家が広大なこと、そして屋根が△でなく、平らで建物全体が四角いこと、でしょうか…。雪下ろしのため…?なのかな。

 まず行ったのは、初代というラーメン屋さん。

syodai_miso.jpg

 息子は、「今日の味噌ラーメン、今まで食べた中で一番美味しかった!」と、大満足。「バターが旨かった~~~♪」なんだそうです(笑)。私は醤油を頼みましたが、これも、醤油だけでない、出汁の美味しさが出ていると思いました。味噌・醤油って、私の中では、とんこつや坦々よりちょっと下なんですけれど、これはおいしい(笑)

 そのあと行った、鰊御殿。小樽の歴史をちょっと勉強しました。

otaru_nishin.jpg

 でも、こんなことも…。

otaru_nishin1.jpg

 また、ガラス体験もしました。砂を吹き付けて、模様を削りだす工法で、機械の操作も自分でやるのにはびっくりでした。娘が作った桜のイメージのグラス。

otaru_cup.jpg

 夜のお寿司。

otaru_sushi.jpg

 小樽の夜景は素晴らしかったです。

otaru_night.jpg

2008年8月16日 (土)

初北海道

 明日は、生涯で初めて北海道に行く予定です。この間の白川郷は、子供たちが合宿中で主人と2人旅だったので、今回は子供の夏休み…。帰ってきた翌日から、予備校や部活が再開するので、これが夏休みの最後の思い出かな。あとは宿題もありますしね。

 ではでは行ってきます。

2008年8月15日 (金)

桃パウンドケーキ

momo_pound_cake.jpg

 今日は私のご飯ではありません。家に帰ったら、チョコシフォンケーキと、この一口サイズの桃パウンドケーキがたくさんできていたので、写真に撮ってみたものです。これは売れる、と思った出来だったのですが(笑)、娘いわく、配合は全く覚えてないとのこと。残念! 参考にしたレシピを、この写真にリンクさせてありますが、そちらは700件もつくレポのある実績あるケーキです。

2008年8月14日 (木)

とんぼ玉教室:第28回(蛍&自宅)

 加賀温泉に行ったとき、あ~この玉作れる!と思ったものがあります。そこでは「蛍玉」として売っていた濃い玉にキラキラ青、というものでしたが、その変形バージョンを作ってみました。

tonbo_yukiho28_1.jpg

 その時ご一緒した方が、同じようなものを北海道でも見たと話していましたが、先生にお話を伺ったところ、このような玉があると生徒さんから聞いた先生が、オリジナルで考案した作り方なのだそうです。

 そのあとで、キスチョコを作って埋めた玉が悲惨だったので、家に帰ってちょっと復習。

tonbo_yukiho28_2.jpg

 拡大できないほどの、素人な出来ではありますが、夏っぽく、水とか海の涼しげなイメージで、昼と夜という雰囲気でそろえてみました。

2008年8月13日 (水)

グイン122巻『豹頭王の苦悩』

guin_122.jpg 前巻121巻『サイロンの光と影』は、豹頭王グインの妻、ケイロニア皇女シルヴィアが出産したところで終りになっていました。…これだけの記述であれば、次のこの巻はおめでたい一編のように思うのですが、”せめて、身分違いの御者との不倫の子であれば…”というような記述がとても印象に残っています。それだけで、グインの苦悩の内容がわかるというものでしょう。もう少し詳しく書きたいので、ネタヴァレ(笑)警報を書いておきます。

  :
  :
(以下ネタバレあり)
  :
  :

 でも、アムネリスは子供に「ドリアン」(悪魔の子)という名を付けて、産褥で自らの命を絶ちましたが、今回はロベルトの優しさに心を打たれました…。「おぞましい、総毛立つ話」「生まれながらに罪の烙印を押された子」と形容するハゾスに対して、シルヴィアの今の状態は、誰一人として心づかって差し上げなかった結果であると諭し、子供には、闇を克服して光の神として昇天する魔物の名を贈ります。相手の立場になって考えられる、というその基本的な姿勢を、私も身につけたいものだ…と思いました。

 

2008年8月12日 (火)

8月12日

 今日は、またひとつ歳をとる日…。でも、私は何歳になっても、誕生日はお祝いするものかな、と思っています。実年齢が増えることについては、そうか、そんなに生きたのね、くらいの感慨ですが、誕生日が来るということは一年無事に過ごせた証だと思いますから、その健康に感謝しないと、ということですね。

 このブログ上で誕生日だと宣言するのも4回目…。皆様に支えられつつ、ここまでくることができました。また一年、どうぞよろしくお願いいたします!

2008年8月11日 (月)

ミルクジャム?

 息子が「牛乳と砂糖を煮詰めると、キャラメルっぽい色になるんだって。電車の”キリンの世界のキッチン”広告で見たから作る!」と言うので、とりあえず鍋に牛乳を2カップくらいと、砂糖を適当に入れて、煮詰め始めました。私は、目的の品はいったいどんなものかも、何を作りたいのかも、一切分かっていなかったんですが…。

 途中吹きこぼれて大変だったけれど、だいぶ煮詰まってきたところ。

milk_jam1.jpg

 ちょっと色が変わってきた?え?飲み物じゃなくて、ジャムなの…?

milk_jam2.jpg

 どうにか焦げずに完了…。

milk_jam3.jpg

 終わってから、見たのはこの広告だったということがわかり、ミルクジャムで検索するとそれなりにヒットすることも知りました…。熱い時はホワイトソースのにおい?(笑)なめるとコンデンスミルク?って雰囲気でした。Webで見るよりかなり砂糖が少ないため、そんな雰囲気なんでしょうね。

 息子は、1時間の努力の結果と、大満足でした。私だったら、砂糖を焦がしてキャラメルを作って、コンデンスミルクに混ぜておしまいだったかな?(笑)

2008年8月10日 (日)

ゆかたライブ

 本日は、中島梓さん主催の、「ゆかた姫ゆかたライブvol2」でした。”浴衣でご来場のお客様には粗品進呈”ということでしたので、浴衣を着て、私も粗品を持参…。美しい音楽、納涼音楽(笑)、ノリノリの音楽を聴いただけでなく、写真を撮らせていただいたりして、とても楽しい時間を過ごすことができました。本が発売されていなければ、抗がん剤での治療中とはとても思えないご様子でしたので、ちょっと安心。

 私としては、浅草オペラが良かったなぁ…。でも最後のローズが一番感動したかもしれない…。一番最初の、駒田さんが歌ったときは知らないけれど、ずっといい歌だなぁと思って大好きでした。その後、歌う人も変わり、演奏する楽器も変わりと、いろいろなバージョンを聞いてきたので、今までのことが思い出されたのでしょうね…。演奏もとても素晴らしく、チェロの深い音色に気づくことができたし、力強くもソフトにもなるフルートの演奏にびっくりしました。そして、何と言っても、Seikoさんのアレンジがとってもいい!とっても好みでした…。詳しい二人のプロフィールはこちらです。

 Ris & Seiko

 お2人は、今日はとっても素敵な浴衣で、薔薇をあしらった柄でしたね。中島梓さんの浴衣も着こなしも、さすが…という雰囲気で素敵でした。そうそう。私の持参した粗品を、netsuke_tonbo.jpgさっそく根付けのようにつけていただけたのが、とってもうれしかった…。実は私も、前に頂いた髪飾りに、自作のとんぼ玉をつけて、ちょっと根付風にしてみたんです。初めての試みで、ちょっとはずかしいなぁ~って思いつつね(笑)

 今日はお向かいのお宅のバーベキューだったので、差し入れやセッティングの準備だけしてライブへ向かってしまったのですが、帰宅したらまだ続いていました。息子はちびたちを連れてきもだめし中でしたし、娘は私のいない間にケーキを焼いて、小さいこどもたちにご馳走していたようで…ちょっとホッとした気分でした。

2008年8月 9日 (土)

とんぼ玉教室:第27回(紫に白花)

 本日は、第”28”回のとんぼ玉お教室でした。前回、5弁の白花を作ったので、家でキスチョコにして埋め込んでから、記事にしようと思っていたのですが、結局今日になってしまって…。とりあえず前回の教室の記事から先にアップです。

 というわけで、この5つの花弁の白花は、この27回で作ったものですが、玉に埋め込んだのは本日です。でもね…悲惨だった…。

tonbo_yukiho27_1.jpg

 コレは、先生が開いてくださった花なので、その後で玉つくりの最中に多少変形しても、それなりの形を保っています。でも、他の花はとても見せられない!

 そしてこれは、その日パーツ引きだけではつまらないと、自分でキスチョコにしておいた6花弁の白花を埋め込んでみた玉です。

tonbo_yukiho27_2.jpg

 近くで見ると、花びらが流れているし、開き方も雑ですが、ネックレスに仕立てて遠目に見ればまだマシかも…。私には、まだレース棒をきれいに使う技術がないので、このグラデーション+泡、が今の好みです。

2008年8月 8日 (金)

オープンスクール&夏祭り

 本日は、娘が大学のオープンスクールに参加するとかで、電車を乗り継lぎ、往復4時間かけて送ってきました…。行きは通勤ラッシュの時間帯でしたけれど、自分が大学時代に通った”満員”とは比べ物にならないくらいの混み様でしたね…。やはり京王線と横浜線は違う(^^; 帰りは、京王線の始発駅から全区間を寝て帰るつもりだったのに(笑)、山の手線の外回りが長時間人身事故で運休していたので新宿へ出れず、結局また横浜線で帰ってきました。 11時前に出社した時は35度…。もうすでに一仕事終えたというかんじでしたね。

 そして夜は会社の夏祭り。店番を逃れたのは本当に久しぶりだったので、近所の同じ共働き夫婦の子供も連れて参加しました。中2の息子が食糧を仕入れている間、その小学生の男の子と連れ立って歩いていたので、すれ違う人に「私の息子です(^^)」と紹介したりして(笑)。高校・大学のころ下宿していた家の叔母は、私が小さい頃、よく私をつれて歩いてくれて、「娘です」って紹介しておもしろがっていたけれど、その感覚かなぁ~。

 そんなわけで、朝は娘、夕方以降は息子と一緒にいた1日だったのかな。暑くて疲れたけれど、夏、というかんじの1日でした。

2008年8月 6日 (水)

驚異のやわらかチキン…

tsuku_repo_263782_1.jpgつくレポが1200件を越えている、有名なレシピのようなので作ってみたんですが…本当にびっくりです。これほど美味しい胸肉料理に出会ったことはない、ってくらいでした。簡単ですので、是非お試しください…。

2008年8月 5日 (火)

献血できない理由

 街を歩いていると、よく「献血お願いしま~す!*が足りません!」という声を耳にしますよね。運転免許の交付に時間がかかっていたころは、真夏の炎天下にいるよりは、冷房の部屋で寝ていられると、府中の試験場内の献血車で献血をしていたものでした。

 会社に入ってからは、就業時間中に寝ていられる(笑)と、よく申し込みをしていたのですが、途中貧血がひどくなって、比重が足りないために10年近く献血できない状態が続いていました。

 でもね、最近、痩せたせいか、運動を始めたせいか、だいぶ貧血も改善されているように思うんです。健康診断でも、ぎりぎりクリアするようになってきたし。で、献血しようと思ったんですけれど、こんなところにひっかかって、そもそも比重検査すらできなくなっていました…。

英 国
①昭和55年(1980年)以降、平成8年(1996年)までに1日(1泊)以上滞在された方

 私、大学時代に、ヨーロッパ旅行でイギリスに3泊しているんです…。今までかなりの献血をしてきたと思うのですが、今さらダメと言われたって遅いかも?

 そんなわけで、街を歩いていると、好きで無視しているわけじゃないのよ…と心の中で思いつつ通り過ぎることになります。何とな~く、あの呼び込みの前を通り過ぎると、人助けしてない、って雰囲気で心苦しいんですよね…。

2008年8月 4日 (月)

太鼓その後…

 taiko5.jpg

 (2008.8.10:写真入れ替え:息子:超達人⇒太鼓神) 
 (2008.8.23:写真入れ替え:私:大名人⇒大超人)

 今日のブログは、自分と息子のゲームの覚書…。進捗を(笑)自分で確認するためのもので、太鼓の達人をご存知ないと全く意味のないデータかな?と思いましたので、追記にしました。

 でもね、これの効用というか、最近テレビを見ても、あ、この曲知っている、と思うことが多くなりましたね。最近のヒット曲を入れているのだから当然か…。甥っ子に、「炎神戦隊ゴーオンジャー、知っているだけじゃなくって、歌えるよ」って言ったら、びっくりされました(^^)v

続きを読む "太鼓その後…" »

2008年8月 3日 (日)

新穂高と紫外線

 今日は朝からロープウェイに乗って、標高2156mの西穂高口駅まで行ってきました。

rope_way.jpg

 自分でも何だか分からないので、こんな地図も撮っておきました。真正面は笠ヶ岳ですね。

yama.jpg

 この標高でも長袖がいらない気温でしたし、晴天で山々も見れましたから、とても幸運だったと思います。でもね、すごい紫外線だったようで…。

Uranium_glass.jpg

 昨日の記事を見ると分かりますが、宿の中では、「透明ではないな、ちょっと色がついている?」くらいのガラス玉だった、このストラップ。きれいな蛍光緑に発色していますよね。つまり、これは、ここにこれだけ紫外線があるということ(笑)。SPF50の日焼け止めを塗っていたのに、やっぱり肩が痛いです。今Wikipediaを読んで、貴重なものなんだなぁ~とあらためて認識しました。しばらくは、あ、紫外線だ!日傘を差さなくっちゃ、という雰囲気で、遊べそうです(笑)

2008年8月 2日 (土)

高山・飛騨古川

 (昨日は、サムネイル形式の投稿がどうしてもできず、大きな写真はリンク切れの状態になってしまいました。携帯で低速通信しているためと思いますので、帰宅後に直そうと思っています…)

 白川郷と高山は、1ヶ月前からとても近いところとなりました。全長11キロのトンネルを抜けると、一気にそこは世界遺産の村。何だか不思議な気持ちになりましたが、今朝はそこを戻り、高山の朝市へ行きました。

takayama1.jpg

 飛騨牛の串焼き、コーヒー牛乳、だんごなどを食べながら、お漬物をGET。その後、古い町並みを歩いてスイーツで休憩。 左は、昨日の花筏。右は今日、民家の内装をモダンに改築したような、わらび餅屋。

takayama3.jpg

 この、味噌屋で、醤油や味噌を買いました。うちの味噌が秋口に出来上がるまで、ちょうどいいかな、と思っています。

takayama2.jpg

 これは、飛騨古川で撮った一枚。水路脇に白壁の町並み、もある街ですが、ここは新しい家屋もあるのでちょっとぼかして撮ってあります。

hida_hurukawa1.jpg

 ここで唯一寄った「ガラス美術館駒」は、個人の収集を展示してある施設。”ウランガラス”が有名なのだそうです。日本で作っているところはないのだそうですね。これが、ウランの入ったガラス玉。紫外線を当てると、蛍光緑色に発色します。

hida_hurukawa2.jpg

 近くでとんぼ玉も売っていたけれど…高山でも実演販売をしていたけれど…そうか…とまじまじと眺めてしまったわたくし。口にこそ出さなかったけれど、これで*000円なのか…と思ってしまったんですね…。基本的に、球状のガラスに点付けの花模様がほとんどで、埋め込み型も、せいぜいが水中花。これでこの値段なら、自分の先生の玉は万単位だろう、って思いました…。やっぱり観光地値段なんでしょうね。

 そして今は奥飛騨温泉郷です。飛騨牛のにぎり、たたき、朴葉味噌ステーキと、とろけるような筋の全くない肉には、本当にびっくり!

hida_onsen.jpg

 海の幸の全くでない旅館の料理で、これだけ大満足のメニューが作れるなんて…と、目からうろこなメニューばかりでした。

 

 

2008年8月 1日 (金)

世界遺産:白川郷

 今日は、白川郷に泊まっています。合掌造りの集落が世界遺産に登録されている、ということは今まで全く知らなかったのですが、子供にそれを言ったら信じられない、って言われました…。この7月に高速道路が開通して、高山から1時間かからない距離になったので、東京からもアクセスしやくなったと思います。

 本日の宿はここ。

sirakawago4.JPG

 夕食時には、NHKスペシャルの録画を流していたのですが、そこで葺き替え作業をするための総指揮を取っている職人さんが、ここのご主人。とても優しい気さくな方でした。

 国指定重要文化財の和田家。

sirakawago2.JPG

 中はこんな感じ。

sirakawago3.JPG

 オニヤンマがおねーさんにご挨拶…?

sirakawago6.JPG

 全体風景。この和田家は、写真のほぼ中心に見えます。とてものどかで素敵な風景でしたが、録画を見てこれも村全体の努力の結果であることがよくわかりました。

sirakawago1.JPG

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ