2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

« 【星】外伝ベルサイユのばら-ベルナール編- | トップページ | 太鼓Wii版の予約 »

2008年12月 2日 (火)

【星】全国ツアー

 昨日、星組全国ツアー「外伝ベルサイユのばら-ベルナール編-」について書きましたので、今日はショーやジェンヌさんについての感想など。

ネオ・ダンディズムⅢ

 湖月わたるさんの退団公演「ネオ・ダンディズム」の1シーン”惜別オマージュ”は、安蘭けいさんの歌にのって湖月わたるさんが踊る、名シーンだったと思います(詳細はここに書いてありますので、参考になさってください)。でもこれは、退団公演ならではのシーンであるため、今回は含まれていないことが、ちょっぴり残念でした。

 次の、安蘭けいさんが主演となってからリニューアルされた、博多座公演「ネオ・ダンディズムⅡ」は遠方のため見ることができませんでしたが、でもなぜだか、ゴスペルシーンがすごくよいという記憶だけがあったんです。それで今回は、この「明日へのエナジー」を楽しみにしていました。

 その場面に至るまでも、キャリオカなど素晴らしいシーンの連続でしたが、期待を裏切らず、このゴスペルは本当に良かった…。メンバー全員の力強いコーラス。そして、皆のすばらしく晴れやかで、喜びに満ちた笑顔。このように、本当に楽しそうに踊り歌っているのを見ると、こちらまで勇気づけられるような気がしました。

安蘭けいさん

 主演の安蘭(とうこ)さんは、次の公演で退団となります。私が今回観劇したのは横浜公演でしたので、ショーのアドリブは、「崎陽軒!」でした。でもね、客席が爆笑しているのに、しらっと男役らしくキメているんですよ…。その姿を見ると、役者だな~~~って思います。ウケたね。したり!と思っていてもそれを顔に出さないところがね…(笑)

 私が宝塚を観劇し始めた頃、実は、あまり馴染めなかった時期もあったのです。そんな時、初めて”宝塚のすごさ”を実感したのが、とうこさんのアイーダでした。私は、アイーダを見なかったら、ま、宝塚ってこんなもんなのね、で去っていたかもしれなかったのです。その数ヶ月後の花組エリザベート放映前に…。そのような経緯もあり、とうこさんの退団は、私にとっても一つの区切りのように感じています。

 私がずっと応援していた春野さんは、トップスターと言っても平素はほんわかとした雰囲気で、皆で盛り立てていくタイプのトップさんだったと思うのですが、とうこさんはピシッとしたリーダーのように感じています。ウケとツッコミで場の雰囲気を和ませつつ、でもその確かな技術と信頼関係で成り立っている、指導者的存在。退団された後も歌い続けて欲しいな…と、思っています!

« 【星】外伝ベルサイユのばら-ベルナール編- | トップページ | 太鼓Wii版の予約 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【星】外伝ベルサイユのばら-ベルナール編- | トップページ | 太鼓Wii版の予約 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ