2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去の記事

« グイン123巻『風雲への序章』 | トップページ | クリスマス・イヴ »

2008年12月14日 (日)

グイン124巻『ミロクの巡礼』

guin_124.jpg  この人は誰か…。え?こんな無骨な感じには想像していなかったのだけれど…と思った私。でも、口絵を見て、その間違いに気づきました。

 ダネインを渡るところが大きな割合を占めていた巻でしたので、最初、これってどう見てもブランの雰囲気だけれど、ヨナってこんな顔してたのか…と思ってしまいました。でも口絵を見て納得!口絵の方も、大海に船+人、という組合せでしたが、帆船ではないことから、きっと泥船と黒マントのヨナでしょう。だからやっぱりこの表紙はブラン(笑)。良かった…イメージが合っていて!

 ヨナが出てくる、と言ったところで、この題名から内容は想像できるかと思います。グインやマリウスが旅をしていると、必ず怪奇が起こりますが、こちらは平和な旅だな…と思っていたら…。以下略。あとはお読みになって下さいね!

« グイン123巻『風雲への序章』 | トップページ | クリスマス・イヴ »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グイン123巻『風雲への序章』 | トップページ | クリスマス・イヴ »