2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 牡蛎と白味噌のグラタン | トップページ | 白金亭 »

2009年2月10日 (火)

グイン125巻『ヤーンの選択』

guin_125.jpg 今回は、いろいろな縁を感じた巻でした。

す。

 草原に生きる戦士であり黒太子のスカール。そして殺生を厭うミロク教徒であり、ナリスの側近であった天才ヨナ。これだけを見ると正反対の取り合わせであるのに、その間に入る者たちを考えると、この物語の奥深さを感じずにはいられませんでした。イシュトヴァ-ンに恩義を感じる者と、宿敵であるイシュトヴァーンを倒す執念だけで生き延びた者。ナリスの側近として古代機械に精通する者と、それに深く関わりのあるノスフェラスの秘密に直に触れた者。そして、リギア、ナリス、グインと、主要人物それぞれに関わってきた2人ですからね…。

 そして、今までの歴史を感じたのは、何と言っても、サイロンの流行病でしょう。いよいよ物語が、サイロンの厄災の続きに入るのか…と思いました。25年前に読んだ本の続きが、今紐解かれるのですからね…。感無量でした。

« 牡蛎と白味噌のグラタン | トップページ | 白金亭 »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牡蛎と白味噌のグラタン | トップページ | 白金亭 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ