2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« お休み前のジャズライブ | トップページ | 安蘭けいさん最後のお茶会 »

2009年4月14日 (火)

近所の火事

 帰宅途中のことですが、もう少しで家に着く…という頃、後ろから緊急車両が近づいてきたので、先に通しました。かなり急いでいたのは消防車2台。それを通して走り出したとたん、なんとすぐ向こうに火の海が見えるではありませんか…。先に見える谷からちょっと上がったところの家が火事だったので、谷間に向かって下っていくと、まるで目の前に火が迫ってくるようでした。

 雨が降っているのに火事!?と思いつつ、家に着いて子供たちに伝えたら見てきたいとのこと。普段私がいない時に火を使って料理をしている子供たちなので、遠くからでもその恐怖感を味わったら、火の元について考え直す機会になるかな…と思って、近づかないように言って見に行かせました。

 夕飯の支度をしていたので、帰ってきた2人から、どこがどう…と報告を受けたのですが、途中、何だか再び外に出て行くような音がしたように思っていました。でも、そのうち帰ってくるだろうと思っていたのです。

 でも。ご飯の支度が出来たのに息子が家にいない。携帯も持って出てない。ということで、またもや捜索のハメに…。(一週間ほど前、犬が外に行ってしまったので…)でもどうしても見つからず、もしかしたら包囲をくぐって近づいて火に巻き込まれたのかもしれない…、雨のなか傘ももたずにこんなに長いこと帰ってこないのは理由があるから、ということだったらどうしよう…とだんだん心配になって、傘をさして小走りで走っていました。

 でも、もうこれ以上わからない!…と思って途方にくれつつ帰宅したところ、その後5分で、けろっとした顔をした息子が帰ってきました。何でそんなに怒っているの?という雰囲気だったので、「次に顔を見たら殴ってやろうと思ったよ!死んだかと思ったんだから!こんなに心配かけて…」と言ったものの、ホッとしたのか涙が止まらず。でもやれやれでした。今週は、仕事も暗礁に乗り上げているし、海の向こうから緊急メールが入って調査しなくてはならないし、今週末の本番を控えた勉強も滞っているしで、いろいろやることも多いのですが、一つ騒動が終了した気分です…(^^;さ。仕事の続きをやらなくては。

« お休み前のジャズライブ | トップページ | 安蘭けいさん最後のお茶会 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お休み前のジャズライブ | トップページ | 安蘭けいさん最後のお茶会 »