2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 世界遺産 | トップページ | とんぼ玉:自宅で初レース棒 »

2009年8月21日 (金)

とんぼ玉:法隆寺2

 以前、法隆寺玉の紹介をしたことがありますが、先日再挑戦してみました。というより、花パーツを作るには炉が必要なので、このままお教室が再開しないと自分で炉を買わなければならず…。まだ5万円も出す決心がつかないので、”炉を必要としないもの”を作ってみました。

 先生が作ってくださった玉が、夏のイメージだったので、そうだ…と思い出して作ってみたのがこちら。

tonbo_home_5_1.jpg

 いろいろ仕立ててみました。

tonbo_home_5_2.jpg

 娘に、どれ使ってもいいよって言ったら一番奥のを持っていったので、手前の水色を携帯につけてます。夏が終わったら、また付け替えないとですね。

 でもね。やっぱり手持ちのレース棒だけだと限りがあるので、「こんな色のがほしいなぁ…」って思ってしまいました。そして。次のトピックへ続く…(笑) 

« 世界遺産 | トップページ | とんぼ玉:自宅で初レース棒 »

とんぼ玉」カテゴリの記事

コメント

水色の玉がとっても涼しげですね!
金箔のアクセントが効いていて、つい多色使いに走りがちな私は目からウロコでした。
シンプルだけどゴージャス。素敵です(^^)
そして上の左側の黄緑とピンクの組み合わせがとっても私好み!

花パーツですが、花びらと蘂をやや細めに引いて、じっくりと予熱台で予熱をかけてからその場で組み立てるというのはどうでしょうか?
その場で・・・は炉から出したら糊付けが甘くてバラバラになることが多々あって、不本意ながらたまにやるのですが、最初に仮に組み立てておおよその感じがわかっているとなんとかなります(笑)
花びらパーツが太めだと予熱台の予熱では割れる可能性も大ですが、これもたとえ割れてもその場でくっつけていくと、なんとか形になりますよ。
お教室でもこの花びらパーツバラバラ事件をやってしまい、いつものごとく補修をしていたら、先生に「上手いね~(^^;」と褒められました(爆)

>ユウ・Kさま

そうなのね。余熱台だけでも、作ることできるんだ…。
シベの手持ちが3つしかないので、それから作ってみようかな。
それなら、ばらばらのものを組み立てる練習になりそうscissors
情報、どうもありがとうnote

私ね、ユウ・Kさんの、白に緑のシベの花がとっても好みです。
どんなパーツで作るのか、いつか教えてくださいね!

あの花は自分でも気に入っているので、雪穂さんにも気に入っていただけて嬉しいですnote
作り方、自分のメモ書きを兼ねて記事にしてみたので、もしよかったら参考にしてみて下さいね。

>ユウ・Kさま

早速見させていただきました!すごい~~こうやるのね。
とっても参考になります。本当にありがとう。
あとは、自分がどれだけ近づけるか、ですね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産 | トップページ | とんぼ玉:自宅で初レース棒 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ