2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« とんぼ玉:法隆寺2 | トップページ | 春野寿美礼コンサート『男と女』 »

2009年8月22日 (土)

とんぼ玉:自宅で初レース棒

 昨日の続きです。

 そんなわけで、レース棒つくり機械を買ってから4ヶ月経って、やっとレース棒を作る決心がつきました…。というのも、金練り棒がなくなってきたので、必要に迫られていたこともあります。それで作ったのがこちら。

tonbo_lace.jpg

 自分の覚書として、作り方も書いておきますので、それは追記として記述しておきますね。これを使った玉は、また次回に。

 

 まずは金練り。”ポンテを作るステンレス棒を、何度も熱くしては水に入れ、こびりついている色ガラスを全て落とす。そして、チクワのようにクリア。同じ幅に切った金箔を回りにつけ、その周りをクリアで囲み、更に金箔…とバームクーヘンのように大きくしていく。そして全体をトロトロに溶かして、それをもう一つの棒でよく練り、金をばらばらにしたら、ひご棒として細引きを作る。” そんな手順で作りました。

 その隣の2本は、ポンテの中心に白1本。平たくつぶして、その両側に好きな色を乗せ、コテでつぶして菱餅風にする。全体をクリアで覆ってからレース棒にする。

 一番左は、”ポンテにクリアを3本縦に並べる。その両脇に、色ガラスを立てる。今回は紺と青緑。色ガラスのサイドには、細引きの白で筋をつけておき、レース棒に整形する”です。

« とんぼ玉:法隆寺2 | トップページ | 春野寿美礼コンサート『男と女』 »

とんぼ玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とんぼ玉:法隆寺2 | トップページ | 春野寿美礼コンサート『男と女』 »