2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

インフル対策で、半年間2歳児を外に出さない?

 ちょっと他の検索をしているうちに見つけた記事。

「インフルエンザ対策として子供を外に出さないことについて」

 昨日の記事で書くのをやめたことなんですが、当時、5年生だった息子のクラスでいじめに近いことがあったときに、こんな過剰防衛の母に育てられた子供は、本当にかわいそう…と思ったことがありました。子供たちが謝りに行っても、「とりあえず謝っておこうという下心があるんだろう。そんな子供に会わせるつもりはない。」と部屋から出さずに、謝ることすらできない。これからは仲良くしようと、朝皆で迎えに行くと、「学校だと先生の目があるから、登校途中に、皆で待ち伏せしていじめるつもりなんだろう。」と学校に行かせない。子供にとっては、母親が世界そのものですから、母が恐れるものは、子供も過剰に反応するんですよね。母親が学校は悪だと思っていたら、子供はそうじゃないと思いつつも精神的に束縛されてしまい、登校したいのに体がいうことをきかない、という状態でした。

 この記事を見たとき、帰ってきただんなさんの洋服を洗濯機に即座に放り込み、病気にかかるリスクを減らすために一切外出させない母に育てられた子供って、これからどうなるんだろう…って思いました。きっと、今後もこの「病気」だけじゃないと思うんですよね…。どちらかというと、私は子供を自由に(ほったらかしで)育てた方だから、きちんと育てている方からみたら、え?と思うこともあったでしょうが、子供を囲い込むのが母の仕事じゃないと思うことも多かった。

 ただ、良かったと思ったのが、それに反応しているコメントで、ほとんどの方が、私と同じような感想を持ったみたいだったので、私だけじゃなかったのね…とちょっと安心しました。私の会社の人で、今回のインフルエンザは普通の風邪より軽いからと、家族がリレンザやタミフルをもらってきては、家にためこんでいるという方もいるんですよ。本当にヤバイインフルエンザが蔓延したときのために、備蓄しているんだそうです(笑) それくらいの病気なのに、そんな母親もいるんですね…。死亡のリスクだけを見たら、普通の家庭内事故や交通事故より、よほど少ないのでしょうに…。もう少し大きい目で見ては?と思ったけれど、子供と家にこもっていたら、そうなってしまうものなのかな。

2009年10月29日 (木)

PTAで鬱になりかけた私が

 PTAというだけで、本当に精神的に参ってしまうくらいだった子供たちの小学生時代。その当時の様子は、昔長文を書いたので、リンク先を見てくれればわかりますが、本当にもう沢山!という経験しかありませんでした。

 でもね、それからもう7年たった今、保護者ランチのお誘いが来ると、どうにか都合をつけて出かけていく私がいます。息子・娘のそれぞれのクラス主催のもの、同じ部活、女子母、など、秋には3回も企画がありますが、今回は全て出席の予定になっています。自分でも、どうしてかなぁ…と思ったのですが、やはり行って楽しいから出て行くのでしょうね。

 その気持ちの変化は、どこから生まれたのだろう…と、ずっと思っていたのですけれど、先日ふと、自分が公立中学から高校進学した時、同じような感情の変化があったことを思い出したのです。中学生の時は、”目立たないため”、そして”皆と同じであることを主張する”ために行動し、気を使いながら生活していたこと。でも、高校入学後は背伸びをしない生活をすることができ、そのままの姿を受け入れてくれる校風に救われたこと。それと同じような変化なのではないか…と思ったんです…。

 PTAに参加していたとき、自分が常識と思っていたことが、他人にとってはそうではない、という経験を、イヤというほどしました。だからこそ、兼業主婦であるがゆえに感じるささいなことも、気を使いつつ言葉を選び、距離を置いて付き合っていたように思います。それが、今のランチだとそういう気遣いを感じないですむのが、やっぱりラクなんだろうな…ってね…。仕事が続いているのも、やはりそんな環境だからなのかな。給料にそれほど差があるわけではないですから、生活する上での常識も似てきますものね。まぁ、ぬるま湯の中にいると言われたら、それまでなんですが…。

 ただ、私は両方を経験しているからこそ、世の中にはいろいろな考え方を持っている人がいることを、実体験として学ぶことができたと思っています。でも娘や息子は、今の環境が常識と思っている。かわいい子には旅をさせろ、という生き方をさせ方が良かったんだろうか…、でも、親を心配させるような問題行動を起こさないまま、無事高校を卒業していくことに感謝すべきなんだろうか…と、そんな気持ちになるこの頃です。

 

2009年10月28日 (水)

癒しの子ガメ

diary_091028.jpg

 現在うちには、本物のカメが2匹います。中3の息子がまだ2歳くらいだったかなぁ…。初めて家に来た子カメ2匹は、何をお世話しても全く餌を食べないまま、そのまま儚く天に行ってしまいました。でもどうしても諦められず、もう1回ペットショップのおねーさんに、何がダメだったのかをあれこれと聞いて、もう1回だけ…と思って買ったカメ。それが今、もう10年以上生きてバタバタと毎日うるさくしています。

 そんなこともあって。普段ほったらかしにされているカメではありますが、こうやってバーチャル牧場で何を飼育してもよい、と言われたら、カメだらけになってしまいました(笑)。右上の子カメは、β版のお試し期間のお礼でもらったもの。もぐもぐしている顔が、なんともかわいいです。

2009年10月27日 (火)

成人式ボランティア

 6月から始めた着付け教室ですが、9月の文化祭・3度流れた体育祭・新型インフルエンザ騒動で、8月9月は月1回しか行けませんでした。それでもまぁ細々と続けていて、今はやっと、お太鼓を1人でもどうにか作る手順を覚えた、という程度です。それでも自分で着れるっていいですね。

 まだまだそんな状態ではありますが、猫の手も借りたいという成人式の日に、ボランティアでお手伝いに行くことになりました。私ともう1人の生徒さん以外は、ほとんどが着付けの資格を持っている方たちばかりなので、当日は各美容室へ遠征して着付けるのだそうです(先生は原宿有名店へ)。私は単に、着付け場所へ誘導やその前準備だけですが、早朝から式が始まるまでの、短い時間での流れ作業なんだそうですね。なるほど。

 今までも、「着付けの前に、足袋を先にはいておいてください」と言ったら両方とも右の足袋だったとか、腰紐を忘れた人には古いシーツを割いて着付けたとか、いろいろなハプニングがあったそうです。時間が迫っているから、大騒動なんだろうなぁ(笑)。ちょっと楽しみ。

2009年10月25日 (日)

【星】再会&ソウルオブシバ

 本日は、この記事で書いた星組全国ツアー府中公演へ行ってきました。その記事に書いてもありますが、この駅は競馬場への乗り換え駅。ちゃんと「ご当地アドリブ」も、「競馬場でカケでもしてこい」っていう感じでした(笑)

再会

 実は私は初見。あらすじは全く知らないまま、Now On Stageで「お気に入りは図書館の場面らしい」とか、その程度の知識しかないまま、観劇したのですが…。これ、とってもいいですね!全国ツアー向き(笑)。ちょっと楽しくコメディータッチで、でもいろんな仕掛けが後から見えて。2回観たいな!って思いました。

 トップのれおんさん、とっても素敵。昔の、若くて抜擢はされている路線スターだけれど、なかなか実力が追いついていかなかった時代からみたら、ほんとうに短期間ですばらしい成長ぶりだと思います。ファンクラブに入ろうか、と思うくらい、今は私のごひいきですね。ダンスのキレは昔から素敵だけれど、それに歌が加わったら最強~♪

 娘役トップのねねちゃん。この子のはじけっぷりがツボでした!これだけ両極端なところを、この1時間の中で使い分けているのがすばらしい。お芝居のうまさとかわいさで◎。

 そうそう。かなめさんを含めたこの3人、この間TVに出てましたよね~。ジャンプしたりするゲームに。その時の、ちょっと素顔の垣間見える雰囲気を思い出しつつ、楽しく観劇することができました。

ソウル・オブ・シバ!!

 再会が本当に楽しく、れおん&ねねコンビがとてもいい感じだったので、こちらも期待していたのですが…。もちろん、宝塚初見の方が見るには、とても素敵なショーだと思いますので、出演者の皆さんをどうこう言うわけではないんですけれど、でもね、私はやっぱり、とうこさんファンだったんだなぁ…と、今さらながら思ってしまったんです。轟さんの出ていらした実際の観劇より、どうも後からみた韓国公演の印象が強かったのかもしれませんが、このショーは、”踊りを得意とするトップさんを歌のうまいまわりのメンバーが盛り上げる”、という意識が、どうしても抜け切れなくって、最後まで引きずってしまった感がありました。

 そんな、ちょっとさみしい気持ちがある中も、とっても元気な若いメンバーの繰り広げるショーは、とても楽しかったですよ。

 日本での観劇も1回、たぶん韓国公演の放送も1回しか見ていないため、細かいところまで覚えてなかったのが残念でしたので、帰ってからちょっと探してみました。必見の、パレードの組長さんのところは、とうこさんだったんですね~!(星2005年パレード(安蘭エトワール))。他にもいろいろあったので、覚書としてリンクしておきます。

ソウル・オブ・シバ(タップ)

天空(韓国)

シバの祈り

 そうそう。最後に。

 結局早めに車で行ったので、地下駐車場に入れることができました。前の昭島の時もそう思いましたが、昔宝塚を観ていたんだろうな…と思われる、腰の悪いご年配の方も沢山いて、そんな方が車で行ける全国ツアーは、やっぱりいいのかな、なんて思いました。そうそう。車を入れたあと、歩いて叔母の家まで紅玉リンゴのケーキを届けたりしていたので、おお~ここで娘を産んだのはもう18年も前ね~なんて思って、とても懐かしかったです。

 でも…。帰りに見かけた光景ですが、甲州街道(国道20号)を渡る観客の波が、赤信号になっても途切れる気配なく、しゃべりながらゆっくり歩いているのにキレた車が、ぷぁ~~~~~~~~~~!と警笛を鳴らしながらその中に突っ込んでいく場面もあったんですよ。楽しくその感想を語り合いたいのは、自分だってそうなりがちだからよくよく分かるけれど、お互い気をつけましょうね~(特に地方公演は)。

2009年10月24日 (土)

野菜レシピ差し入れ

tsuku_repo_413929.jpg 昨日は、女性社員とその子供だけの、送別会兼カレーパーティーでした。ちょっと差し入れしたので、その覚書を日記にしました。

◇送別会兼カレーパーティー(Cookpad Diaryへのリンク)

2009年10月19日 (月)

つくれぽ:紅玉&お野菜たち

tsuku_repo_200910_3.jpg

今日は、クックパッドにつくれぽを出しました。

◇お好み焼き風キャベツの卵とじ:
  レポ843名の太鼓判レシピ。餅&チーズ入り。

◇ナスの香味あえ:レポ346名のピックアップレシピ。

◇南瓜のそぼろあんかけ:読者4135人の作者さんのレシピ

◇リンゴのクリームケーキ:なんとレポ1471人!

2009年10月16日 (金)

府中でタカラヅカ

 私が物心ついた時、京王線の急行停車駅から徒歩4分のところに住んでいました。そこは、ごくごく普通の住宅街だったんですけれど、競馬場への乗換駅ということで、急行が止まっていたんです。

 そんな恵まれた環境だったので、家を出てから30分後には新宿に着くことができ、車がなくても不便なく生活していました。今だと、家からバスに乗って、30分後に着くのが八王子ですからね(笑)

 でも…。つまりは、競馬場へ行く方が多くいる駅だったということ。開催の前後は、耳に赤鉛筆をはさんだオジサンが駅にあふれ、車は大渋滞で、どこにも出れないような状態でした。

 そのような、子供心にちょっと暗いイメージの駅だったのは、もう30年も前の話…。京王線が高架になったために渋滞も解消され、その乗換駅はお洒落なホールへのアクセス駅となりました。でも、私がその街を出てから建てられたホールだったので、私は1回も行った事がなかったんです。

 そのホールで、宝塚歌劇の全国ツアーが開催されると知ったのは、ついこの間のことなんですが、車を置くアテもあるし、今一番いいな~と思っている星組なので、初めて行ってみることにしました。もうあと一週間後だわ。楽しみです。

2009年10月15日 (木)

アプリ招待メール

 仕事も大きな山場を越え、今日はちょっとホッと一息です。でも、途端に具合が悪くなって、午前中は家で起き上がれない状態でした。でも今はだいぶ回復♪ひどくならずによかった。

 で、本題。

 mixiの機能として、アプリ招待メールというのがあります。「こんな面白いゲームがありますから、一緒にやりませんか?」というものですね。そのメール自体は、好意で送られているものではあるのですが、でもここ数日、マイミク登録している方が数名、「招待メール、送ってもいいけれど無視させてください。ごめんなさい。」という日記を書いていらっしゃいました。

 私もね。送ってもらったけれど、どうしようかな…って思ったこともありました。でも、ご好意なんだから1回は見て触ってみよう、その上で自分に合わないと思ったら削除すればいい、と思うことにしたら、ちょっと気が楽になったんです。だから、ご招待を受けたアプリが面白いと思ってそのまま登録しているのもあるし、始めたけれど削除したものもあります。

 一番気乗りしないのが、マイミクさんに迷惑をかけることになるかもしれない、というアプリ。あと、その招待メールを送らなくては、メインとなる機能が使えないというもの。不幸の手紙でも、”*さんに*の質問”というメールでも、『必ず自分で止める』のが私の主義なので、自分からメールを発信しなければいけないという仕様は、私にとっては、とても苦痛なことなんです。そんな理由から、毎回ログインするたびに送れ~って言われている気分になって、やめたものもありました。

 そんな事情ですので…。送っていただいて、楽しく遊べる場合はよいのですが、削除させてもらうことになるかもしれないので、そのあたりご了承くださいね。よろしくお願いします。>マイミクの皆様。

2009年10月11日 (日)

グインが発売されているのに

 グイン・サーガが発売されている…と分かっているのに、本屋に行く気力がおきません。あとがきのないグインを読んでも…と思う気持ちもあるし、その先を知って、続きが気になれば気になるだけ、その続きを読めないことを思い知るだけなんじゃないかと思って…。皆さん、もう読了されたのかな。

2009年10月10日 (土)

体育祭

体育祭
雨、台風、新型で三度も延期になりましたが、今日は娘の最後の体育祭です。途中、雨も降ったけれど、いい天気になりました。

2009年10月 9日 (金)

アスパラと金木犀

 朝、携帯から投稿したつもりだったのに、何で反映されないんだろう…と思ったら、携帯をソフトバンクに変えてから、そのアドレスをココログに登録していなかったためでした…。

 ということで、ちょっと、タイムラグがありますけれど朝の様子です。

kinmokusei2009.jpg

 アスパラは倒れていたけれど、開きかけだった金木犀は、台風の突風に耐えて満開!今も窓を開けていると、香りが部屋の中に入ってきます。春に剪定しなかった(さぼった(^^;)ため、こんなに沢山花をつけてくれました。うれしいなぁ。でも…。ご飯も終わったし、これから会社に戻ります…。

2009年10月 8日 (木)

現在台風再接近かな?

 八王子の状況です。夜中は大雨だったものの全く風はなく、8時くらいになってようやく小降りになったので、犬の散歩(トイレ)に出かけました。でも今度は風が吹き始めていて、川の横の遊歩道は危ない…と思ったけれど、でもそれほどの苦労はなく、トイレだけ済ませて帰ってきました。

 今は、晴れているけれど、相当な強風が吹き荒れています。山手線・中央線・横浜線・青梅線も止まっているので、この強風の中出勤してもなぁ…と思い、在宅勤務しながら様子見中。でもさっきの散歩の時間が、一番再接近だったのかな?(http://tenki.jp/ より)

 追記:これをアップした時間は、八王子市内で5000世帯停電だったらしい…。皆さんの地域はどうですか?被害なく通り過ぎますように…。

typhoon2009_1008.jpg

2009年10月 7日 (水)

つくレポ:こってり旨いレシピ4品

tsuku_repo_200910_2.jpg

本日は、Cookpadの日記の紹介です。

◇ブルーベリーマフィン(アツアツ最高~。レポ350件!)
◇ピリ辛揚げ焼き秋刀魚(レポ600件越え!)
◇ネギマヨピザ(レポ1000件越え!)
◇野菜ソムリエの作るバーニャカウダ(私のお薦め♪)

2009年10月 6日 (火)

月げっと~♪

 ここのところ、お仕事の山場で休日も仕事しているので、ちょっと更新が滞っていますが。昨日はいいことがあったので、なんかいい気分です。

 先週は、在宅勤務していたこともあって、12時からの電話予約にチャレンジ!でも結局、ご飯を食べながら1時間かけ続けたのに、電話はつながりませんでした。そのように、今までいろいろな先行販売に応募したり、電話してもだめだったので、友の会の抽選など当たるわけない、って思っていたんですよね。

 そうしたら昨日、抽選結果のメールが届き、なんと日曜S席が2枚当たりました!(;_;)。うれしかったなぁ。友の会がネット予約に変わってから、当選したのは初めてだったものですから…。瀬奈じゅんさんの最後の公演、じっくり見てきたいと思います。

2009年10月 3日 (土)

CS:アプローズタカラヅカ

 初めて春野寿美礼さんの舞台を見たときのレビューが、今放送されています。花組の観劇は初めてだったので、当時はそれぞれの人間関係などもわからず、おさ&あさの並びに感動していくらいだったなぁ…(笑)

 今見ると、それぞれの人たちの、この数年の軌跡が思い出されて、感慨ひとしおです。このあと数年は、他の組の公演は1回づつでも、花組は必ず複数回観てましたし、全国ツアーや青年館まで制覇してましたからね(笑) 下級生までかなり分かるので、余計にそう感じるようです。

春野寿美礼:花組トップを勤め上げ退団
瀬奈じゅん:月組トップとして活躍し、今年一杯で退団
彩吹真央:現在雪組2番手男役
蘭寿とむ:現在宙組2番手男役

ふづき美世:娘役トップ・退団
遠野あすか:星組娘役トップ就任後、退団
華城・舞城:歌姫と踊りの名手でしたが、退団
桜乃彩音:星組から来た真飛さんと共に、花組主演

 皆散り散りに…というより、それぞれの組で活躍している…と言ったほうがいいのでしょうね。このように見るようになったということは、私も”新人ファン”じゃなくて、”それなりの期間のファン”になってきたのかなぁ…って思いました(^^;

2009年10月 1日 (木)

牧場~♪

 うれしい…(笑)やっと牧場に入れるようになりました!(詳しくは前の記事で) 

croft1_1.jpg今はこんな感じでヒナを買っています。かわいい(^^)。(お楽しみにしたい方は、クリックしないでね。実は私、牧場がバグっている時にログインしたら、NULLさんの牧場になってしまって、既にこの画面を知ってました…。)

 最後にレベルアップが加速したのは、もうちょっとで牧場!って思って、以下のことを実践してみたから。地道に畑を世話すると必ずレベルアップするので、皆さんが早く来るのを待ってます。日中お世話をしてくださる方募集中♪

* 収穫量は100%で終わらせる。(虫を積極的に入れてもらう)
* 肥料は安いし、必ず与える。ステージが変わるたびに追肥。
* できるだけレベルの高い花を育てる(時間当たりの収穫量が高い)
* 最後の手段:アイテムを買って背景を入れ替え、経験値を「買う」

 すぐに収穫するのがベストだけれど、そこはちょこっと時間差を持って次々と成熟するようにして、いつもお世話してくれるマイミクさんたちが一つずつ収穫できる時間を作ったりね。楽しませてもらいました。入れたから…あとは適当に遊ぼうっと…(^^;

 (実はこれ、中国製。ほとんど同じ仕様の日本製農園もあるんだけれど。操作の快適性についても、仕様的にも、日本のソフトに同感できないところが出てきてね…。それは、ホンのつぶやきだけれど、アイテムのレベルとか種類が、中国では柿の評価が高いのか…とか、カラタネオタガマってなんだ?とか新鮮さもあって、楽しめますよ。)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »