2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« ファニーガール | トップページ | つくレポ5品一挙に… »

2010年1月23日 (土)

ウーマン・イン・ホワイト

 本日は、ウーマン・イン・ホワイトというミュージカルを観に、青山まで行ってきました。これは、オペラ座の怪人で有名な、アンドリュー・ロイド=ウェバーさん作曲の、世界的に話題を呼んだミュージカルなのだそうです。詳しくは、こちらの公式HPでどうぞ。

◇ウーマン・イン・ホワイト:ストーリー

 なぜ観にいくことになったかというと、私、和音美桜さんの歌が好きで、ぴあに彼女の名前を登録してあったんです。その関係で、このミュージカルの案内メールを受け取り、その内容を読んだら…。

 「え~!春野寿美礼さん初主演作(マルグリッド)で一躍有名になった、あの田代万里生くんが出るんだ~!え~岡さん、超なつかしい~CDで何度歌声聞いたかしら…100回くらい聞いたかも。レミゼ以来だわ!パクさんも、エリザベートのルドルフ以来!」

と、まぁこんな感じ(笑)。その場の勢いで抽選に入れたら、前から10列目くらいが当たったんです。

 そんな経緯もあって、観にいくことになったのですが…。今日この観劇をして感じたことは、私はミュージカルに、音楽を求めているのだということ、でした。それも、物語性のある音楽。考えてみたら、思い出につながる音楽は、どれも私にとって特別な思いがあるんです。

 宝塚はどちらかというとダンスに重きを置いていて、バレエ教室で背が高いと宝塚を勧められる、という話も聞いたことありますけれど、私にはその素養もなければ知識もないので、どうしても踊りに関しては、「すごいなぁ~!」くらいの感想しかできないのです。でも、音楽なら多少かじったことがあるので、その素晴らしさの程度が理解できる。

 今回は、あの有名なオペラ座の怪人の作曲者。そして主役級の7人が、全員素晴らしい歌手…。指揮者は塩田先生。これで満足しない観劇はないでしょう。とても見ごたえ、聞きごたえのある観劇でした。

 そうそう!パクさんの演じる、ちょっとイカさない貴族。このぴたっと7:3に分けた雰囲気…どこかで見たような…誰かに似ている…と、観劇中ずっと思っていてね(笑)帰ってから、レッドカーペットの映像を見たとたん思い出しました。オードリーという名を…(笑)。あの皇太子ルドルフが春日さんを連想させるなんて…!パクさんの演技力の幅を見た気がいたしました。

« ファニーガール | トップページ | つくレポ5品一挙に… »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きょうひろ・みが抽選も作曲したよ♪
でも、じぇふりーは主演したよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファニーガール | トップページ | つくレポ5品一挙に… »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ