2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 牡蠣のマリネ | トップページ | 着付けボランティア準備 »

2010年1月 9日 (土)

絹を石鹸で洗濯

 娘から、「おかあさん、毛糸や絹を石鹸で洗濯すると、ごわごわになるのはどうしてか説明できる?」って聞かれました。東大用の問題集の中にあったんだそうですよ。洗剤を使うと、界面活性剤の働きで水が浸透して、繊維が絡まってしまうからかな?な~んて、単なるイメージで答えたのですが、そんなんじゃ~なかった…。

 答えはこちら。

  ↓

 毛糸はたんぱく質なので、酸や塩基を加えると分子構造が変化する、ってことらしいです…。変性、って言葉は聞いたことあるけれど、石鹸を溶かした水溶液がたんぱく質の水素結合を切断してどうのこうの…って言われたってねぇ…(笑)。とりあえず、ダメってことは知っているので、それで生活はできますね(^^)v

 でも知らなかったこともありました。石鹸ではだめだけれど、合成洗剤では洗える訳。水溶液が中性なことと、硬水中でCa塩などの沈殿物を生じないから、なんだそうです。へ~~~。皆さんは説明できましたか?

« 牡蠣のマリネ | トップページ | 着付けボランティア準備 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牡蠣のマリネ | トップページ | 着付けボランティア準備 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ