2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

最後の練習レシピは?

 今朝だんなが、「明日引越しだから、今晩はどこかへ食べに行こうか?」と言ったんですけれど…。娘からは「何か作る。」という答えが返ってきました。

yumi_recipe_20100331.jpg それで、何にしようか散々迷った末、思い出したのが、フライパン一つでできるチキン南蛮でした。揚げずに、ピカタを南蛮風に仕上げるものです。これも、閲覧回数は累計1万回を超えているレシピですが、子供たちも大好きなんですよ。なかなかいい出来でした。

 さて。明日は初めての新幹線スイカ(EX-IC)を使います。ちゃんとチケットレスで入れるかなぁ~心配(笑)

2010年3月30日 (火)

プンタレッラとロールキャベツ

tsuku_repo_294113_2.jpg

 今日はクックパッドの日記にしましたので、写真をクリックしてね。

2010年3月29日 (月)

料理ファイル

yumi_recipe_20100329.jpg 強制的に娘に料理の手伝いをさせるようになって、早10日あまり。最初は気乗りのしなかった娘ですが、毎回なかなかいい出来で仕上がると、私もやればできるかも、という気になってきたようです。

 今日も朝から、大学授業料の自動引き落としの手続きや、カーテンの受け取りなどをしていましたが、「今日の晩御飯は何作ろうか?」と聞いたら、「ロールキャベツと、レンコンに肉貼り付けたやつ。」という答えが返ってきました。

 それで今晩は、このつくねレンコンを久しぶりに作りました。このレシピ、既に印刷していただいた数が約2万枚、マイフォルダ登録が5千件以上、レポが3百件以上と、沢山の皆さまに作っていただいているのですが、娘が思い出してくれたのが何だか嬉しかったな。

 そんなわけで、自分のレシピの中から娘が好きなものと、レポとして紹介した中から、うちの定番になっているものを厳選して30レシピほど選んで、プリントしてみました。何個かでも挑戦してくれたらいいな、と思っています。

2010年3月27日 (土)

ピリッと肉じゃが・にんにく胡麻風味

my_recipe_1082243.jpg 引越しまでもう数日となったので、リクエストのあった肉じゃがの作り方をまとめておきました。 この写真は、その手順を見ながら娘と一緒に作って、その後、娘がテニスの最終レッスンに行っている間に撮った写真です。作ってちょっと時間を置いたせいか、芋もいい感じに味がついてました。

 明日は、朝4時半出発で、日帰りで大阪へ行ってきます。息子が、犬のためにお留守番をかってでてくれたので、ペクはペットホテルにお泊りせずに済むことになりました(^^)v

2010年3月25日 (木)

担任の本音

 昨日の記事で、”学校経営者は、ビジネス的な観点から、難関国立大合格者を増やしたがっている”という意味のことを書きましたが、実際のところ、実務を担当している担任の先生は、もっと親身になってくれているようです。(会社で、上層部からノルマを課せられ、部下の采配に苦労している中間管理職層を想像してしまった…。)

 娘が今回、私立大をたて続けに落ちたあと、国立大の前期試験の発表まで2週間もありました。その間、後期試験の面接の練習のため、卒業式後も毎日のように学校へ行ってたんですね。そんな姿を見ていた先生は、合格を報告したときに、娘にこう言ったのだそうです。

 ここまで頑張ったのだから、初志貫徹で○大を挑戦してみないか、と言ったのは間違いだったかもしれない。自分が○大を受けろと言わなければ、苦手な国語の勉強に割いていた時間を理数系の勉強に使え、そうすれば、今回だめだったところにも合格していたかもしれない。これで国立大に落ちたら申し訳ない…と思っていた。だから、最後にいい報告を聞くことができて、本当にうれしいと。

 付き添った親から見たら、合格ぎりぎりのラインにいた娘の、単なる気合の問題のようにも思うのですが…(^^;、でも、そうやって親身に付き合ってくれた先生がいたからこそ、塾のサポートがなくても受験を乗り切ったのかなぁ…と思いました。ありがたいことですね。

2010年3月24日 (水)

娘の体験記

 卒業した高校から、受験の体験記を書いて、CDに入れて提出するよう求められた娘。そこで、先日祖母からもらったPCを早速使って、Wordで書くことになりました。 (CDのソフトを立ち上げて操作の説明をしていたら、「ドラッグアンドドロップって何?」って聞かれました…。ちゃんと使えるんだろうか…。 )

 この体験記とは、10人ほどの卒業生から今後の勉強についてのアドバイスを集めた小冊子です(新5・6年生に配布するらしい)。それで学校からは、「○大を目指して最後まで頑張ったから、◎大に受かったのだ。」というストーリーで書いて欲しいと言われていたようです。

 でも、娘は、「私は○大に行きたいとは思わなかったのに、そんなこと書けない。学校は○大志望者を増やしたいだけなんだよ。」とのこと…。そのように学校の言いなりに書くのは不本意だったらしく、折衷案として、”今回合格した大学より難しい大学”、とぼかして書いたようでした。

 ま、そんなことはありましたが、それなりのアドバイスを含んだ体験記をまとめ、今朝無事に学校に届けることができました。私としては、最後の言葉が、本音っぽくて笑えたかな。

 「中学入試のとき、入試2日目のビリで○○○(通っていた中・高)に合格した私が◎大学に合格できたのですから、皆さんもやればできると思います。皆さんのご健闘を祈っています。」

2010年3月23日 (火)

じゃが芋が煮崩れないカレー

 本日、『カレーにじゃがいもを入れると煮崩れる。』という話をちょっと小耳に挟んだのですけれど、今現在、うちの冷蔵庫に入っている一週間前のカレーは、じゃが芋が投入時そのままの形を保っているので…あれ?と思って。何度か煮返しているんですが全く大丈夫なので、もし同じような経験のある方がいらしたら、ひとつの参考になればと思い、Cookpadで初心者向けに書いてみました。

my_recipe_1078048.jpg

2010年3月21日 (日)

1人暮らし費用

 毎日エクセルに入れたToDo Listをこなしているのに、どんどん項目が増えていく昨今。昨日は、布団干しを兼ねて家の中を片付けつつ、食器や生活備品などの荷造り。今日は家具類の申込み、配送の手配、カーテンなどの購入…といった具合。一方で、期限のある賃貸契約や学校関連の振込み、書類の用意もあって、気を使いますね。

 それに加え、社会人の独立なら親がやらなくてもいいことも多くて、(例えば、学費納入のため、学校へ申請する本人名義の銀行口座の開設したり、履修の登録のためにパソコンを手配するなど)、普段の1年分以上のことを、この3週間で終えなければならない気分です。まぁこれも、入学できるからこそ、と思わないと。

 そんなわけで、受験日程だけが書いてあったエクセルは、費用一覧・ToDoリスト・引越し荷物リスト・現地での確認事項・部屋の見取り図など、どんどんタブが増えています。その中で、まだ実際に支払った費用ではありませんが、この1年にかかる費用の見積もりができたので、今後大学に行かせるお子さんを持つ方もいらっしゃるでしょうし、覚書で概算を書いておこうと思います。

* 受験料:20万(国立前後期、私立一般、センター利用)
* 入学金:60万(私立30万、国立30万)
* 授業料:53万
* 受験遠征:10万
* 1人暮らし費用:60万(引越し代・賃貸契約・家具・電化製品)
* 送金:144万(家賃6万・光熱費1万・食費学費生活費で5万)

 合計350万…(これは、「1件私立大学に入学金を払っておいて、地元以外の国立大学の結果を待った場合」)。これが、もし私立理系に進んでいたら、授業料が100万近く増えますけれど、1人暮らし費用と送金には200万かかるので、1年目は都内の私立に行く方が安かった、という結果でした。特に文系なら、国立と私立で授業料に差がない(1.2倍)ので、断然地元でしょうね。もちろん、自宅から国立大学に通えるなら、それが一番底値でしょう(笑)

 今日は、一番好物の海鮮あんかけ焼きそばを作らせましたが、ちゃんと作るのかなぁ…。

2010年3月19日 (金)

チーズ入りピーマンの肉詰め

 1人暮らしを始める娘が、「料理なんて、本を見ながらやればどうにかなる。」と言うので、「それは一通り基礎的なことをやった人の話でしょう。」と反論…。今まで、嫌がる手伝いを無理にさせると、こちらまで不快になるので頼まなかったのですが、今日は無理やり手伝わせました。

 やるならピーマンの肉詰めということで手順を書いてみたので、レシピは写真をクリックしてね。

my_recipe_1073796.jpg

2010年3月17日 (水)

9年ぶりの献血

 私が生涯初めて献血をしたのは、実家から歩いても行けるところにある、府中の試験場構内でした。免許交付まで皆ヒマだから、それをねらって玄関前にいつも献血車が居たんですね。今はどうか知りませんが…。

 私は夏生まれだったこともあり、冷房の効いた車内で寝ていられる!とその時初めて献血し、それ以来、会社に献血車が来ると、これもまた”就業時間中に、ボーっと寝ていられる”と、たまに献血していたんです(笑)。

 ところがいつの頃からか、必ず貧血検査でFailするようになってしまいました。毎回チャレンジしてもだめ…。ジュースだけもらって帰ってくるのが申し訳なくて、足が遠のいてしまいました。

 そして数年前、健康診断で貧血が解消されたと分かって、献血しに行ってみたのですが、今度は「イギリスに2日滞在したからダメ」となっていました…。私の年代って、卒業旅行がヨーロッパ、という人が多かったので、献血不可能になった方が多いだろうに…。もう既に何度も献血しているんだから、今さら禁止したって遅すぎるよ~と思ってました。そうしたら本日、「滞在制限が緩和されましたので、是非!」というポスターを見かけ、9年ぶりでパス。健康じゃないとダメなんですね。

 でもね、10年経つと皮膚年齢が衰えているようで…。1時間後にはがしたら血がまた出てきちゃったし、止ってもししばらくは腕がまっすぐ伸ばせませんでした。あらぁ、昔はこんなことなかったのになぁ、なんて、歳をしみじみ感じました…。

2010年3月13日 (土)

スーツ購入

 先日、シラバスや生協カタログがどっさり届いて、その中に某スーツ量販店の20%引き券がありました。それで、入学式スーツなんて今後使う機会もほとんどないだろうし、学生なんてブランドものじゃなくていいたろう…と、本日ちょっとのぞきに行ってみました。

 そうしたら、けっこういいものが置いてあるんですね~。結局、就職活動にも使える、ちょっとお洒落系のスーツ一式を購入。先日ゆるめのパーマをかけた娘が、パンプス履いて、メガネかけて、黒系のパンツスーツをはいたら、をを!これぞ就活中の大学生(笑)馬子にも衣装、ってこのことね。でも、出張でちょっとブラウスを借りたい、って思っても遠くにいるのが難点か…。

2010年3月 8日 (月)

桜が咲きました

 いろいろと、このブログ上でもお騒がせいたしましたが、無事、第一志望の国立大学(工学部)に合格しました(^^)v 娘を家から出すのは、安全面からの不安も、経済的にも、これからいろいろと大変ではありますけれど、でも一番行きたかったところに進学できることになって、本当に安心しました。良かった…。

 あ、そうだ。村(宝塚大劇場)には、もう行くこともないかと思っていたけれど。娘のところに一泊して、観劇して帰る…なんてこともできそうです(笑)

 心配してくださった皆様。ありがとうございました。

2010年3月 7日 (日)

ちらし&もろもろ

 今日は1日何にもする気力がなく、家事と山のようなアイロンかけだけして過ごしていました。でも、今ちょっといい気分になったので、ブログでも書こうかなぁと(笑)

 お姉ちゃんの勉強もひと段落し、ちょっとうるさくしてもいいかなってことで、息子と昨日から太鼓を再開したのですが、「キセキ(の難しい)」を2人同時にフルコンボしたんですよ。終わる時に、ノーミスだと「フルコンボ~♪」って言ってくれるのですが、それがハモっている(笑) 赤ちゃん太鼓が「フルコンボ~」ってかわいく言ってくれたら、何だか癒されました(^^;

 ま、それはともかく、今日はやっと全員揃ったので、遅ればせながらの海鮮ちらし寿司。

chirashi2010.jpg

 はまぐりは3日に食べたので、あさりの味噌汁とれんこんの副菜のみ。でも、適当に作ったわりに、いいかんじに味付けができたなかな…。あとは、菱餅風な、3色のくずもちがデザートでした。

 そうそう。話は違いますが、帝劇でまたエリザベートがあるんですね。今日たまたま、「一路さんは、今は育児の日々なんだろうか…。」とちょうど思っていたところだったので、今度は瀬奈さんと聞いてびっくりでした!

2010年3月 6日 (土)

卒業式と謝恩会

 今日は娘の卒業式でした。

 実は2~3週間前に、

 「おかあさん、着物で行こうかな?」

と試しに言ってみたら、娘に

 「やめて。」

と一蹴されたんです。それで黒いパンツスーツで出かけるつもりだったら、昨日のお手伝いの時、同じクラスのお母さんから、一緒に着物を着ましょう~!と強く誘われてたんですね。それで、やっぱり着物よねっ、と思って、「娘を説得できたら着ますね。」と答えてあったんですが…。

 やっぱりダメでした…。「最後の親孝行だと思ってよ~。」と言っても、「絶対ダメ、恥ずかしいから!あれ誰のお母さん?って絶対皆が言う。」とのこと。それで、入学式なら、周りは知らない人ばかりだから、その時はOKという了承を得て、今日は控えめな服装で行ってきました。

 そんなやりとりもあったし、お手伝いの事務的なこともあったので、さばさばとビジネススタイルで出かけたんですけれど、いざ式が始まったら、6年前の雪の日、”不合格ならもうこの講堂には入れないのだ…”と思いつつ、がんばって…と念じながら、この同じ講堂で試験終了を待っていたこを思い出してしまいました。その6年後、こうやって無事卒業を迎えられたことを思い、そしてもし国公立に合格したら親元を離れ、そのまま就職&結婚ということになれば、もう帰ってこないのかも…と思い、泣くなんて全然思ってなかったのに、涙が出てしまいました。

 そしたら!なんと私のすぐ横を、退場の子供たちが通って行くではありませんか…。げーっ、「****のお母さん、泣いてたね!」って、女の子たちには分かっちゃうじゃない…と思いながら、ちょっとバツの悪い思いをしながら拍手で送り出した卒業式でした。 (帰ってから、本日1日、娘は私を見つけられなかったと判明しましたが(^^;)

 余談ですが、昨日の準備といい、帰りの片付けといい、実は、絶対に筋肉痛になるだろう…と思われる重労働だったんですね。今、ふくらはぎが筋肉痛なので、やった~1日で出た(2日後じゃなかった!)と思いました(笑)。 明日は二の腕かな?明日出てほしいな。

2010年3月 3日 (水)

娘作のシュー

 今日はうちに帰ったら、こんなものが…。

chou20100303.jpg

 あとは面接のみとなった娘が、お菓子作りを解禁にしたようです。昨日は、ダンボールに封印してあった漫画も開封しましたしね。

 来週発表の前期日程でも、後期のセンター+面接でも、どちらにしても合格をもらえれば家を出る娘。都内の私立大学に行くことになったら、またこんなこともあるのでしょうが、どっちがいいのかなぁ…なんてフクザツな心境です。

2010年3月 2日 (火)

手荒れの救世主

 この間の年末、手荒れについて記事にしたのですが、その後とっても順調です。この20年で一番調子がいいのでは?思うくらい。

 その一つは、年末にひどくなった手アレが、正月休みでほぼ回復した、ということがあります。皮膚科の先生から、「直そうと思ったら、手を使わなければいいのよ。」って言われたんですけれど、まさにその通り!子供も大きくなり、仕事も年末でひと段落し、この正月休みはゆっくり休めたんです。お姉ちゃんの受験で、どこにも行きませんでしたし、家事も最小限にして…。そうしたらみるみるうちに回復。やっぱり違うんですね~。

 もう一つ大きいのが、先の記事を書いた時にいろいろコメントをいただき、最近はいろんな絆創膏が出ているらしい…と知りました。それで、薬局に行った時に探して、私が購入したのがこちら。

◇マーキュロバン

 これ、優れものです!これは全面殺菌の絆創膏で、ガーゼがなく、全部が赤い消毒糊(笑) 要は、傷とその周辺の保湿と殺菌をしてくれる絆創膏です。

 手荒れは波があって、私はつめと皮膚の間に裂け目がいくつもできるタイプ。手の全面にあかぎれができる人には対応できませんが、指先だけ傷が…という人にはおすすめです。

 お値段はちょっとお高いけれど、私は1個の絆創膏を開封したら、ハサミで4つに切るため、1回に1枚で済むんですよ。指が痛くてPCが触れない(仕事ができない)…というときに、ぺたぺたと指先をカバー。それだけで、1時間後には痛みがとれ、丸1日張っておけば回復している。それだけで、この冬は本当に過ごし易かったです。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ