2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 名前占い2種 | トップページ | 弥生美術館~書くこととは生きること~ »

2010年7月15日 (木)

元生徒との裁判

 昨日の夜から、このような記事が沢山掲載されていますね。

宝塚音楽学校、退学処分を撤回=元生徒と調停成立-神戸地裁

 前からこの問題が裁判となっていることは知っていましたが、とうとう調停が成立したのですね。 私は裁判を傍聴したわけでもなく、完全にネット上に流れた話しか知りませんから、ここで意見を言うことは控えさせていただきますが、少なくとも、公平な立場である裁判所からの、2度にわたる処分に従わなかった音楽学校の対応については、疑問を感じざるを得ません。(まとめWikiに処分の流れは記載されています)

« 名前占い2種 | トップページ | 弥生美術館~書くこととは生きること~ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

これ、真実はどうなんでしょうね。
宝塚の舞台に立つという夢を絶たれた生徒が一人いたということだけは事実ですが・・・。

裁判の記録を見ていたら、寮の先輩を思い出しました。自分の物と他人の物の区別がつかないのか、度々トラブルを起こして退寮されました。
もしかして、同じタイプの人だったのかな・・・と。

>れべっかさま

そう。私たちは、流れてくる情報だけしか判断する基準がないので、真実はわからない。だから、そのあいまいな情報を元に、双方に対して感情的な言葉を言ってはいけないと思うんですよ。

でも、地方裁判所が「証拠なし、退学は不当」と2度も判断したのに音楽学校が従わず、高等裁判所も音楽学校の訴えを却下した。その後の裁判では、学校側が原告の訴えを大筋で認めた格好で和解した。それは事実ですよね…。だから、音楽学校の今までの対応についてのみ、疑問を投げかけたわけです。

私は、普段こうやってブログで歌劇の感想を書いていることもあってね。裏の面に目をつぶって夢ばかり見ているのではなく、ちゃんと知るべきところは読んでいます、というつもりで記事にしてみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名前占い2種 | トップページ | 弥生美術館~書くこととは生きること~ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ