2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« twitpicの白戸おとーさん犬 | トップページ | つくレポ(新生姜・クリチ・アボカド) »

2010年10月10日 (日)

リサイクル着物

 今日は、こんなリサイクル着物が届けられてきました。

furisode.jpg 携帯で撮ったので、実際の色は写真と全然違い、地の色はエンジっぽい赤紫のような赤だし、すそは黄緑が主体の模様なんですけどね。これ、2万円そこそこなんですよ。

 近くのリサイクル着物のお店だと、これならいいなぁ…というものは、やはり中古でも5~6万するんです。ネットショップで、「元値は35万、状態は中古上級品。」と書いてあっても、2万円台だと、やはりどんなものが届けられるのか不安でした。

 ところが、実物を見たら、つるっとした赤ではなく地模様が入っているし、「新品です」と言われたら、私のような素人には分からないくらいの振り袖。きっと、一回着用してすぐに出したものなんでしょうねぇ…。いくら中古と言っても、これを練習用にするなんてもったいない…というくらいのお品でした。

 そんなこともあり、実際に着た時に模様がどれくらいの位置出るのか見たくて、早速着てみたものです。髪もざっとアップにしただけだし、伊達襟もなく、ふくら雀も適当なので、敢えてボケた写真にしてみましたが、こうやって撮るといろいろ修正すべき点が見えてくる…。帯位置が低いとか、すそが片方落ちぎみとか、ね。

 また今年も成人式の着付けボランティアに行くことになったので、もっと役に立つようなサポートができないといけません。留袖は、紋があるから練習用にしかならないけれど、これまたいい状態のものを近くのお店で3千円でGETしたし、1月までは集中して通うことになりそうです。

追記:店の書いた注意書きを覚書として記しておきます。きっと、着物に詳しくなったら意味がわかるんだろうと思って…。今は分からない(笑)

しなやかな手触りで光沢のある花柄を織り込んだ変わり紋意匠の生地を茜色に染め、上前のモスグリーン濃淡暈しに辻ヶ花の柄を藤ネズやモスグリーンに灰黄緑などに金彩友禅を加え丁寧に仕上げた品。八掛けは表色無地にオクミ裏に柄を描き胴裏も綺麗で、手縫い仕立ての品。」

« twitpicの白戸おとーさん犬 | トップページ | つくレポ(新生姜・クリチ・アボカド) »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« twitpicの白戸おとーさん犬 | トップページ | つくレポ(新生姜・クリチ・アボカド) »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ